ad1

2009/02/03

アメリカ合衆国・ニューヨークの旅 Part 7-自由の女神、移民博物館訪問

Part 1はこちら
Part 2はこちら
Part 3はこちら
Part 4はこちら
Part 5はこちら
Part 6はこちら

いよいよ自由の女神のあるリバティー島へ!
地下鉄Bowling Green駅又はWhitehall St.駅近くにある港から船で向かいます。

一旦マンハッタン島をあとに

まずエリス島(Ellis Island)が見えました!

リバティー島(Liberty Island)が見えてきました!

憧れの自由の女神がくっきりと!


リバティー島に着き、自由の女神はさらに大きく!

次にエリス島にも行きました。
ここは1892年~1954年まで移民局があった場所で、およそ1200万人の移民がここで検疫検査を受けた後米国の上陸を許可されたそうです。
移民局として使われた建物が現在は移民博物館になっているのですが、移民学を研究しているゼミに所属している身としては是非とも訪れたかった場所です。
参考→リバティー・エリス・アイランド財団ホームページ‐エリス島の歴史


移民博物館

日本人を祖先に持つ米国人の州別人口。1位カリフォルニア州、2位ハワイ州、3位ニューヨーク州。

朝鮮人を祖先に持つ米国人の州別人口。1位カリフォルニア州、2位ニューヨーク州、3位ニュージャージー州。

中国人を祖先に持つ米国人の州別人口。1位カリフォルニア州、2位ニューヨーク州、3位テキサス州。

台湾人を祖先に持つ米国人の州別人口。ランキングは中国と変わらず。

米国の西方拡大の大まかな歴史

1940年当時のエリス島を再現した模型

移民局での移民審査プロセス

大正時代の日本のパスポートが展示されていました!

Part 8へ続く。