ad1

2012/04/30

ドイツの旅(ベルリン・ライプツィヒ) Part 4-旧東ベルリンを散策

Part 1はこちら
Part 2はこちら
Part 3はこちら


午後も引き続き旧東ベルリン。
世界史を習ってきた僕にとって興味のあった東ドイツ博物館(DDR Museum)へ行ってみました!


旧東ドイツで多く走っていた自動車トラバント(Trabant)



西→東→西と走行しているSバーンや地下鉄は、ベルリン分断当時、旧東ベルリンにあった駅は閉鎖されていました(地図中の中抜き丸印・四角印)。
こういった駅は幽霊駅(Geisterbahnhöfe)と呼ばれていたそう。


旧東ドイツをはじめ共産圏で多く走っていたチェコ・タトラ社製の路面電車車両


公用車はボルボw



旧東ドイツの歴史を知った後は、引き続き旧東ベルリン散策!


ベルリン大聖堂(Berliner Dom)。
第二次世界大戦で大きな被害を受けた後修復されました。


大聖堂内部


晴れていたので、美しい大聖堂内部を見ることができました!

ユネスコ世界遺産にも登録されている旧博物館(Altes Museum)をルストガルテン(Lustgarten)から見る。
平日にもかかわらず、多くの人が来ていました。


駐独北朝鮮大使館がありました!


旧検問所のチェックポイント・チャーリー(Checkpoint Charlie)を旧東側から。


チェックポイント・チャーリー(Checkpoint Charlie)を旧西側から。

目立った写真は撮っていませんが、チェックポイント・チャーリーの西側には、ベルリンの壁建造の翌年の1962年から続く、ベルリンの壁博物館(Mauermuseum)があります。
非常に興味深い事実がたくさん展示されているので、訪れる価値アリです!




Part 5へ続く。