ad1

2012/05/01

ドイツの旅(ベルリン・ライプツィヒ) Part 5-旧西ベルリンを歩く

Part 1はこちら
Part 2はこちら
Part 3はこちら
Part 4はこちら

ベルリン4日目はちょうどメーデー!
旧西ベルリンを中心に歩きます。



地下鉄U55線のブランデンブルク門駅


パリ広場(Pariser Platz)から見たブランデンブルク門(Brandenburger Tor)
朝早くだったので、人が少ない。


5月18日広場(Platz des 18. März)から見たブランデンブルク門




連邦議会(Bundestag)


ブランデンブルク門の西側、政府庁舎の集まる地区の南側に、貴族の狩猟場からはじまり、現在は大きな公園となっているティアーガルテン(Tiergarten)があるのですが、あまりの広さにビックリ!
一国の首都にこんなにも大きな公園が広がっているとは、さすがドイツ!
新宿御苑なんて目じゃありません(苦笑)


ティアーガルテン内にある。旧ドイツ帝国の宰相オットー・フォン・ビスマルク(Otto von Bismarck)の像。



当時プロイセン王国の数々の戦争の勝利を記念して建てられた、戦勝記念塔(Siegessäule)



ティアーガルテンを東西に突き抜ける6月17日通り(Straße des 17. Juni)にも、しっかり自転車道が整備されています。


首都にある公園とは思えない、新緑の美しさ!



陽の射し込む木々もまた素晴らし!



ティアーガルテンから戦勝記念塔を見る。


次に、プロイセン王国の宮殿として使われ、ユネスコ世界遺産にも登録されている、シャルロッテンブルク宮殿(Schloss Charlottenburg)へ!


シャルロッテンブルク宮殿

宮殿内の庭も綺麗に整えられています。




旧西ベルリンの中心駅として栄えた動物園駅(Bahnhof Zoologischer Garten)


動物園駅内にあったファーストフード店で初カレーソーセージ!
でも揚げたてのフライドポテトの方が印象に残ったかなw


ベルリン・フィルハーモニー(Berliner Philharmonie)。
いつかここでベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏を聴きたい!



Part 6へ続く。