ad1

2013/01/03

ハンガリーの旅(ブダペスト・エステルゴム) Part1‐中部国際空港(セントレア)からフランクフルト経由でブダペストのリスト・フェレンツ空港へ

昨年2012年の春に久々にヨーロッパ(ドイツ)を観光し、他のヨーロッパの国にも行ってみたい、と思うようになった僕。
夏の間にExpediaで航空券・ホテルを探したところ、丁度納得できる値段にてハンガリーに行けるものがあり、ポチッ!
2013年の年明け早々、ハンガリーに旅行することになりました。

中部国際空港からルフトハンザドイツ航空LH737便でフランクフルトへ


今回も昨年ベルリンに行った時と同じく、ルフトハンザドイツ航空を利用し、フランクフルト国際空港(Frankfurt Airport)経由でブダペストに向かいます。
中部国際空港(セントレア)からLH737便に搭乗です。


中部国際空港からLH737便に搭乗!


LH737便の使用機材はエアバスA340機でした。


LH737便離陸後の機内食。
豚肉のトマトソースがけに、ひっそりと巻き寿司w


LH737便のロシア・ハバロフスク上空通過!
ホント寒そう(苦笑)。


LH737便着陸前の機内食はペンネパスタのカルボナーラ!


フランクフルト国際空港着陸寸前に、W杯ドイツ大会で使われたコメルツバンク・アレーナ(Commerzbank-Arena)が見えました!


無事フランクフルト国際空港に着いたものの。。。



LH737便は無事にフランクフルト国際空港に着きました!
がっ、問題発生!!!


到着ゲートに向かう途中で機体に故障が発生したらしく、全く動かなくなってしまったのです。。。
結局1時間経っても動かず、少しだけトーイングトラクターによってプッシュバック。
そこからタラップで降りた後バスでターミナルへ。。。
そのため、搭乗予定だった16:20発ルフトハンザドイツ航空LH1340便ブダペスト行き飛行機には間に合いませんでした。


到着ゲートに向かう途中で動かなくなり、タラップで降りた後バスでターミナルへ。。


ターミナルビルでルフトハンザ職員にどうすれば良いのか尋ねたところ、会社専用乗り継ぎカウンターに行けと言われました。
そこで事情を話し、21:25発LH1342便ブダペスト行き飛行機に無料で振り返ることができました。


もっとはやくタラップで降ろしてもらえたらLH1340便に間に合ったのではないか、と対応には不満は残りましたが、当日中にブダペストに着ける点では安心しました。
しかし、だだっ広いのに楽しめる施設が少ないフランクフルト国際空港、4時間待ちはかなりキツかったです(苦笑)。


当初のLH1340便には搭乗できず、LH1342便を利用することに。


何とかブダペストのリスト・フェレンツ国際空港に到着!



LH1342便は遅れることなく離陸・着陸し、日を越さない内にブダペストのリスト・フェレンツ国際空港(Budapest Liszt Ferenc Nemzetközi Repülőtér)に着くことができました!
尚「リスト・フェレンツ」は、19世紀に活躍したハンガリー生まれの作曲家・ピアニストの名前に由来します。


※参考リンク
リスト・フェレンツ国際空港公式ウェブサイト(英語)


リスト・フェレンツ国際空港に到着!


リスト・フェレンツ国際空港

リスト・フェレンツ空港から宿泊先のホテルへは、バスと地下鉄を乗り継いで行く方法もありましたが、時間帯が既に深夜ということで、乗り合いバスを利用しました。


空港から乗り合いバスでホテルに向かいました。 


Part 2へ続く。


ハンガリー旅行は下記の書籍もご参考に!