ad1

2013/01/04

ハンガリーの旅(ブダペスト・エステルゴム) Part3‐ユネスコ世界遺産登録地である王宮の丘にある、ブダ城やマーチャーシュ聖堂等を訪ねる

Part 1はこちら
Part 2はこちら


ブダペスト市路面電車6系統でブダ地区のセール・カールマーン広場



マルギット橋(Margit híd)の途中には、ブダペスト市路面電車4系統・6系統の停車するマルギット島・マルギット橋(Margitsziget / Margit híd)停留所があり、僕は6系統に乗車してブダ地区に向かうことにしました。


ブダペスト市路面電車6系統にはドイツ・シーメンス(Siemens)社製コンビーノ(Combino)が使われており、路面電車にしては長大編成ながらも快適な乗り心地を体感できました!



マルギット橋上の軌道を走るブダペスト市路面電車6系統。
使用車両はドイツ・シーメンス社製コンビーノ。

6連接という、日本では考えられない長大編成!


ブダペストで走るコンビーノの車内。
かなり広々としています。

ブダペスト市路面電車6系統は、ブダ地区側終点のセール・カールマーン広場(Szell Kalman ter)停留所に到着!
セール・カールマーン広場は他の系統の路面電車や地下鉄M2線も停車し、交通の要所となっているようです。
「セール・カールマーン」も、昔のハンガリー政治家の名前のようです。


ブダペスト市路面電車4系統・6系統のブダ地区側終点セール・カールマーン広場(Szell Kalman ter)停留所


セール・カールマーン広場停留所は、多くの路面電車が行き来する要所。


路面電車・ケーブルカーに乗ってブダ王宮の丘へ



続いてはブダ王宮の丘(Budai Várnegyed)に上がることに。
路面電車19系統・41系統が停車するClark Ádám tér停留所付近から出発するケーブルカー(Budavari Siklo)に乗れば辿り着けます。
ケーブルカーの営業時間は7:30~22:00、運賃は片道1,200フォリント(約480円)・往復1,800フォリント(約720円)です。


※参考リンク
ブダケーブルカー|ブダ城公式ウェブサイト(英語)



ブダケーブルカー乗り場の位置


ブダ王宮の丘に向かうケーブルカー


ブダ城からドナウ川を望む絶景を堪能



ケーブルカーを降りて先ず向かったのは、ハンガリー王国やオーストリア=ハンガリー帝国時等に王宮として使われ、ユネスコ世界文化遺産にも登録されているブダ城(Budavári Palota)があります。
ブダ城は現在ブダペスト歴史博物館になっており、主に中世~現代にかけてのハンガリー及びブダペストの歴史を知ることのできる施設のようです(僕は時間の関係上入りませんでした。)


※参考リンク
ブダペスト歴史博物館|ブダ城公式ウェブサイト(英語)



ブダ城の位置(Budavári Palota)


ブダ城


ブダペスト歴史博物館

◎営業時間
3月1日~10月31日:10:00~18:00
11月1日~2月末  :10:00~16:00

◎休館日
月曜日

◎入場料
3月1日~10月31日:2,000フォリント(約800円)
11月1日~2月末  :1,800フォリント(約720円)
3月15日・8月20日・10月23日:無料


王宮の丘からは、ドナウ川とペスト地区を望むことができます。
僕が訪れた際は冬晴れだったため、ドナウ川(Duna)をはじめ、セーチェーニ鎖橋(Széchenyi Lánchíd)や聖イシュトヴァーン大聖堂(Szent István Bazilika)、更には国会議事堂(Országház)までくっきりと!
寒さを吹き飛ばしてくれる程の絶景を楽しむことができました!


ブダ王宮の丘からセーチェーニ鎖橋、更には国会議事堂まで見えました!


ブダ王宮の丘からセーチェーニ鎖橋と聖イシュトヴァーン大聖堂が見えました!


Görgei Artúrという、オーストリア=ハンガリー帝国時代に活躍した兵士の銅像らしいです。


マーチャーシュ聖堂とその周辺



ブダ城より5分程北方向に歩いて、マーチャーシュ聖堂(Mátyás-templom)を訪ねました。
マーチャーシュ聖堂はハンガリー王国初代国王のイシュトヴァーン1世(I. István)の命によって1015年に建造された聖堂だそうです。
オスマン帝国時代の1526年には一時的にモスクになったそうですが、オスマン帝国に勝ったハプスブルク家が1686年に聖堂に戻し、現在にまで至るそうです。


尚、マーチャーシュ聖堂の「マーチャーシュ」は、ハンガリー王国最盛期の国王だったマーチャーシュ1世(I. Mátyás)から来ています。


※参考リンク
マーチャーシュ聖堂|ブダ城公式ウェブサイト(英語)



マーチャーシュ聖堂の位置


マーチャーシュ聖堂。
青空に白の建物が映えます!


マーチャーシュ聖堂の隣には、マーチャーシュ1世の銅像が鎮座!


マーチャーシュ1世がマーチャーシュ聖堂を見る、の絵。


マーチャーシュ聖堂の内部


マーチャーシュ聖堂のステンドグラスが非常に美しい!


マーチャーシュ聖堂の中は非常に荘厳な雰囲気でした!


マーチャーシュ聖堂

◎入場可能時間
月曜日~金曜日:9:00~17:00
土曜日      :9:00~13:00
日曜日      :13:00~17:00

◎入場料
1,500フォリント(約600円)


Part 4へ続く。



ハンガリー旅行は下記の書籍もご参考に!