ad1

2013/08/14

オーストリアの旅(ウィーン・リンツ) Part 1-成田からオーストリア航空でウィーン国際空港に到着、ウィーン国際空港から通勤列車でウィーン中心部へ向かう

夏はやっぱり欧州に行きたいなと思っていた1月のある日。


いつものようにインターネット上で航空券を探していると、何と成田国際空港からのウィーン(Wien)行きオーストリア航空(Austrian Airlines)直行便が安めになっているのを発見!
小さい頃からピアノを習っていて、クラシック音楽ファンである僕としてはいつか行きたいと思っていたオーストラリア。
これは是非とも行きたいと思い、購入ボタンをクリック!


そしてこの8月の長期休暇に、晴れてオーストリアへ出発です!


成田国際空港からオーストリア航空直行便でウィーン国際空港へ!



僕の搭乗するオーストリア航空OS52便が成田国際空港11:15出発ということで、出発前日にコンフォートホテル成田で前泊した僕は、ホテル無料サービスのシャトルバスで成田国際空港の第1ターミナルに到着!


成田国際空港の第1ターミナル。
夏季長期休暇の時期ということで、朝から多くの人が空港を訪れていました。


オーストリア航空OS52便でウィーン国際空港へ!



チェックイン・手荷物検査・出国審査を無事済ませ、いよいよウィーンへ出発です!


オーストリア航空OS52便の使用機材はボーイングB777-200ER機でした。


OS52便出発カウンター


オーストリア航空OS52便は定刻通り離陸。


オーストリア航空の特徴の一つとしては、機内食のパンをお代わりできること。
僕はあまり胃に負担になってはいけないとお代わりしませんでしたが、パン好きにとっては嬉しいサービスですね!


また、機内で驚いたのが、エンターテインメント機材がタブレット端末のようなタッチ式だったこと。
今まではリモコン操作のものしか体験していなかったため、「ついに飛行機のエンターテインメント機材にもタッチ式の波が押し寄せているんだなあ」と感慨深くなりました(苦笑)。


オーストリア航空OS52便離陸後の機内食。
ANAとのコードシェア便のためか、ざるそば用めんつゆの袋には「ANA」の文字が!
パンはお代わり自由。


オーストリア航空OS52便の飛行経路。
日本発欧州行き便で一般的なシベリア経由。
尚、エンターテインメント機材はタッチ式!


オーストリア航空OS52便着陸前の機内食はパスタでした。
ここでもパンはお代わり自由!


ウィーン国際空港に到着!



オーストリア航空OS52便はほぼ定刻通りにウィーン国際空港(Vienna International Airport)に到着!
尚、ウィーン国際空港は、厳密にはウィーンではなく、隣接のシュヴェヒャート(Schwechat)という町に位置しているそうです。


ウィーン国際空港の到着フロア


ウィーン国際空港から通勤電車に乗り、ウィーン中心部のプラーターシュテルン駅へ向かう


ウィーン国際空港に到着後、まずは宿泊先のオーストラリアクラシックホテルウィーン(日本語)にチェックインすることに。


オーストリアクラシックホテルウィーンの最寄り駅は、東部地域交通組合(Verkehrsverbund Ost-Region, VOR)(ドイツ語)が運行するSバーン(Schnellbahn、通勤列車)のS7線プラーターシュテルン駅(Praterstern)ですが、ウィーン国際空港内にあるウィーン空港駅(Flughafen Wien)を通るSバーンの路線はS7線ということで、乗り換えなしで行くことができます!


東部地域交通組合の料金はゾーン制となっていて、ウィーン空港駅からプラーターシュテルン駅は2ゾーン分の料金が必要ということで、1ゾーン分×2の4.40ユーロ(約570円)を券売機で支払い、プラットホームにある黄色の刻印機(Entwerter)で刻印してから、S7線の列車に乗車しました。
ウィーンのSバーンに乗る際は、刻印機で刻印をしないと抜き打ち検査で罰金を取られますので、必ず刻印機で刻印してからの乗車が必要です。


ウィーン国際空港のSバーン駅にある券売機で2ゾーン分の切符を購入。
ウィーン国際空港駅の自動券売機は、日本語には対応していませんが、英語は可能です。

ウィーン国際空港駅のプラットホームにある黄色の刻印機で切符を刻印すると、刻印日・時刻が刻印されます。
これがないと、抜き打ち検査の際に罰金を取られるので注意。


東部地域交通組合(VOR)が運行するSバーンの路線図。
ウィーン国際空港を通る路線はS7線。


ウィーン空港駅からS7線の列車に乗車。

ウィーン空港駅を出発して約25分後、目的地のプラーターシュテルン駅に到着!
乗り換えなしな上に、空港を出発して30分も経たない内にウィーン中心部に行けるとは、どこかの国と違って非常に便利ですね!(汗)


S7線の列車でプラーターシュテルン駅に到着!

プラーターシュテルン駅



プラーターシュテルン駅は、VORが運行するSバーンの他、ウィーン市交通局(Wiener Linien)(英語)が運行する地下鉄・路面電車・バスも停車する中規模な駅で、人や車の交通量も多い印象を受けました。


プラーターシュテルン駅に入っている中華料理店。
しかし、中華料理店で「SUSHI 愛」と書かれても信用できませんが。。。


プラーターシュテルン駅に停車する路面電車とバス


プラーターシュテルン駅は車の通行量も多いです。


プラーターシュテルン駅からオーストリアクラシックホテルウィーンへ



プラーターシュテルン駅からオーストリアクラシックホテルウィーンへは、徒歩で4分程で最寄駅から至近なので、アクセスは非常に良かったです。


オーストリアクラシックホテルウィーンの外観


プラープラーターシュテルン駅(Praterstern)からオーストリアクラシックホテルウィーン(Austria Classic Hotel Wien)までの徒歩推奨ルート


Part 2へ続く。


ウィーンへの旅行へは、こちらの書籍もご参考に!




追記(2016年11月1日現在)

成田国際空港から運航されていたオーストリア航空ウィーン線は、2016年9月4日を最後に廃止されました。
従って、日本からウィーンへは、欧州諸国や中東等他国を経由してから入る必要がありますので、ご注意下さい。