ad1

2013/08/15

オーストリアの旅(ウィーン・リンツ) Part 5-ベートーヴェンが半生を過ごしたウィーンで、ベートーヴェン縁の場所を訪ねる!

Part 1はこちら
Part 2はこちら
Part 3はこちら
Part 4はこちら


ウィーンはルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン縁の地


午後からは、現ドイツのボン(Bonn)生まれで、難聴を抱えながらも素晴らしい曲を数多く残した大作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig Van Beethoven)の、ウィーンでの縁の地を訪ねることにします。


1770年にボンで生まれたベートーヴェンは、17才のとき初めてウィーンを訪れました。
モーツァルトに師事するためでしたが、ウィーンに着いてまもなく母が危篤となり、ボンへ戻りました。
再びウィーンへ来たのは22才のときで、モーツァルトが世を去っていたため、ヨーゼフ・ハイドンの弟子となりました。
そして今回は、そのままウィーンに留まり、1827年に世を去るまで35年間、この土地で生活したのです。
 
ウィーン市観光公式ウェブサイト日本語版「ウィーンのベートーヴェン」より


路面電車でヌースドルフ停留所へ向かう


まずは、「田園(Pastoral)」という副題でもお馴染みの交響曲第6番の内、第2楽章のモチーフとなったと伝えられているベートーヴェンの散歩道(Beethovengang)を訪ねることに。


市庁舎前広場・ブルク劇場停留所(Rathausplatz/Burgtheater)からウィーン市電D系統に乗り、終点のヌースドルフ(Nußdorf)停留所で下車しました。


市庁舎前広場・ブルク劇場停留所からウィーン市電D系統に乗車!


ヌースドルフ停留所に到着!


ヌースドルフ停留所周辺は、都会の喧騒から離れたのどかな雰囲気!



ウィーン市電ヌースドルフ(Nußdorf)停留所の位置


ベートーヴェンの散歩道を歩く



ヌースドルフ停留所近くから始まるベートーヴェン通りを、僕のiPodに入れていた交響曲第6番を聴きながら散策することに。


ヌースドルフ停留所近くにあるベートーヴェン通りの始点。
写真左側に見える標識に、ドイツ語で「Beethovengang」と書かれています。


実際に歩いてみると、小川の流れる小規模な雑木林と一戸建て住宅が延々と続いていました。
副題で付けられている「田園」とは異なる感じで、当時これほどまでの住宅がなかったとしても、「田園」と呼べるような景色ではありませんでした。


一方で、交響曲第6番第2楽章のメロディーラインは緩やかに流れているのが特徴なので、小川が静かにゆったりと流れている音とメロディーラインが重なり、とても心休まる時間を過ごすことができました!



ベートーヴェンの散歩道。
写真左側には小川が流れ、右側には一戸建て住宅が並びます。


ベートーヴェンの散歩道は雑木林に覆われていますが、かすかな太陽の光が差し込んだ時の風景が素晴らしい!


ベートーヴェン胸像現る!



ベートーヴェンの散歩道を歩き始めて20分、ベートーヴェンの胸像が見えてきました。
刻まれていたドイツ語を見ると、「1863年6月15日除幕(ENTHÜLLT AM 15. JUNI 1863)」とあり、ベートーヴェン死去36年後に製作されたようです。


ウィーン市公式ウェブサイトが運営する「ウィーン歴史ウィキ(ドイツ語)」を見ると、この胸像はウィーンで初めてのベートーヴェン記念碑だそうで、 アントン・ドミニク・フォン・フェルンコルン(Anton Dominik von Fernkorn)という人が製作したのだそうです。


※参考リンク
ベートーヴェン記念碑|ウィーン歴史ウィキ(ドイツ語)


1863年に除幕されたというベートーヴェン胸像。
顔が凛々しい!


プロブス通り沿いにある、ベートーヴェン住居ハイリゲンシュタット



次に訪ねたのは、プロブス通り(Probusgasse)沿いにある、ベートーヴェン住居ハイリゲンシュタット(Beethoven Wohnung Heilingenstadt)
ここは、ベートーヴェンが1802年に所謂「ハイリンゲンシュタットの遺書(Heiligenstädter-Testament)」を書き、難聴の苦しみを綴った住居として知られています。
交響曲第2番の作曲もこの家で行ったそうです。


※参考リンク
ウィーンのベートーヴェン|ウィーン市観光公式ウェブサイト日本語版
ベートーヴェン住居ハイリゲンシュタット公式ページ(英語)




ベートーヴェン住居ハイリゲンシュタット(Beethoven Wohnung Heilingenstadt)の位置


ベートーヴェン住居ハイリゲンシュタット。
赤白旗と「BEETOVEN-HAUS」の文字が目印。


ベートーヴェン住居ハイリゲンシュタットの入口。


ベートーヴェン住居ハイリゲンシュタットに展示されている、「ハイリンゲンシュタットの遺書」のコピー


ベートーヴェン住居ハイリゲンシュタットには、亡くなる直前に友人や甥のカール(Karl von Beethoven)宛てにベートーヴェンが書いた手紙のコピーやデスマスクも展示されています。


ベートーヴェン住居ハイリゲンシュタットに展示されている、ベートーヴェン亡くなる前に友人宛てに書いたという手紙のコピー。
死の間際とあってか、文字の形が結構崩れているのがわかります。


ベートーヴェン住居ハイリゲンシュタットに展示されている、ベートーヴェン亡くなる前に甥カール宛てに書いたという手紙のコピー


ベートーヴェン住居ハイリゲンシュタットに展示されている、ベートーヴェンのデスマスク。
見ているだけでも何だか恐ろしさや神々しさが伝わってきます。


ベートーヴェン住居ハイリゲンシュタット


◎開館日

火曜日~金曜日


◎開園時間

10:00~13:00、14:00~18:00


◎休館日

月曜日、1月1日、5月1日、12月25日


◎入場料

5ユーロ

19歳以下は無料
第一日曜日は無料開放


ベートーヴェン住居ハイリンゲンシュタットから、路面電車でウィーン中心部へ



最後に、ウィーン中心部のリング通り(Ringstraße)沿いにあるベートーヴェン・パスクアラティハウス(Beethoven Pasqualatihaus)。に向かうため、デーブリンガー温泉(デーブリンガー温泉(Döblinger Bad)停留所からウィーン市電に乗車、路線を乗り継ぎました。



デーブリンガー温泉(Döblinger Bad)停留所の位置


デーブリンガー温泉(Döblinger Bad)停留所からウィーン市電37系統に乗車!


ベートーヴェン・パスクアラティハウス


ウィーン市電を乗り継いで40分、ウィーン大学(Universität Wien)の真向いにあるベートーヴェン・パスクアラティハウスに着きました!


ベートーヴェンはパスクアラティハウスの4階に8年間居住し、交響曲第4番・第5番「運命」・第7番・第8番・ピアノ曲「エリーゼのために」等数多くの楽曲をここで作曲したそうです。


※参考リンク
ウィーンのベートーヴェン|ウィーン市観光公式ウェブサイト日本語版
ベートーヴェン・パスクアラティハウス公式ページ(英語)


当時の所有者の名前で呼ばれる建物はウィーンの中心部にあり、ここでベートーヴェンは1804年から1815年の間、繰り返し居住し、オペラ「フィデリオ」や「エリーゼのために」などのピアノ曲を作曲しています。
ウィーン市観光公式ウェブサイト日本語版「ウィーンのベートーヴェン」より


ベートーヴェン・パスクアラティハウス。
実際の展示室はこの建物の4階まで階段で上る必要があります。



ベートーヴェン・パスクアラティハウス(Beethoven Pasqualatihaus)




ベートーヴェン・パスクアラティハウスに展示されている、実際にベートーヴェンが使用していたというピアノ。
鍵盤の数は少ないですが、ペダルが5個も付いています!


ベートーヴェン・パスクアラティハウスに展示されている、ベートーヴェンの肖像画


ベートーヴェン・パスクアラティハウスにも、ベートーヴェンのデスマスクが展示されています。


このベートーヴェンの肖像画はひと際かっこいいバージョンですね!(苦笑)


ベートーヴェン・パスクアラティハウスから眺める、ウィーン大学校舎とウィーン市電


ベートーヴェン・パスクアラティハウス

◎開館日

火曜日~金曜日


◎開園時間

10:00~13:00、14:00~18:00

12月24日~31日は10:00~13:00


◎休館日

月曜日、1月1日、5月1日、12月25日


◎入場料

5ユーロ

19歳以下は無料
第一日曜日は無料開放


Part 6へ続く。


ウィーン旅行やベートーヴェンについては、こちらの書籍&CDもご参考に!