ad1

2013/12/30

年末年始タイの旅(バンコク・アユタヤ) Part 2-BTS・チャオプラヤーエクスプレスボートでワット・ポーを目指す!

Part 1はこちら


タイ2日目に入りました。
前日は移動のみだったので、2日目から本格的に観光!
まずはバンコクを流れる大河チャオプラヤー川(Chao Phraya River)沿いの観光地を巡ることにします。

BTSに乗ってサパーンタクシン駅近くのサトーン桟橋へ



チャオプラヤー川沿いの観光地を巡るには、チャオプラヤー川をチャオプラヤーエクスプレスボート(Chao Phraya Express Boat)という船が便利ということで、まずはチャオプラヤーエクスプレスボートの船着き場に向かいます。


今回宿泊しているマジェスティック・グランデ・スクンビットホテル(Majestic Grande Sukhumvit Hotel)に近い高架鉄道BTS(Bangkok Mass Transit System、バンコク大衆輸送システム)のプルンチット駅(Phloen Chit)からスクンビット線(Sukhumvit Line)に乗車、サイアム駅(Siam)でシーロム線(Silom Line)に乗り換え、サパーンタクシン駅(Saphan Taksin)で下車。
サパーンタクシン駅直ぐ近くのサトーン(Sathorn)桟橋に向かいました。


BTSプルンチット駅から見るバンコクの道路


BTSプルンチット駅のホーム




タイでは「富士茶」というペットボトルのお茶が売られているらしいです。
日本の企業ではなさそうですが、ここで日本語が使われているとは!


BTSプルンチット駅からスクンビット線電車に乗車!


BTSサイアム駅で、シーロム線乗り換えのため下車。


BTSシーロム線電車の車内


BTS電車車内にある路線図は、タイ文字だけでなく、アルファベットも併記されているので、観光客も安心して利用できます!


日本企業の広告が多い!
「Made in JAPAN」ってわざわざ書くいうことは、それだけブランド力があるということでしょうか。
実際の機械が日本で製造・組み立てられているかは定かではありませんが。。。


BTSサパーンタクシン駅に到着!


BTSサパーンタクシン駅に出されている露店


チャオプラヤーエクスプレスボートのサートン桟橋


チャオプラヤーエクスプレスボートに乗船してワット・ポー近くのティアン桟橋へ




チャオプラヤーエクスプレスボートは、停車桟橋の数により4つの種別があるのですが、僕らはオレンジ色の旗付きの船に乗船!
先ずはバンコクにある仏教寺院の一つワット・ポー(Wat Pho)を観光するため、ワット・ポー近くのティアン(Tien)桟橋で下船しました。
価格は15バーツ(約50円)でした。


チャオプラヤーエクスプレスボートに乗るための行列。
欧米からと見られる外国人観光客も多く、ここがタイであることを忘れてしまいます。


チャオプラヤーエクスプレスボートに乗船!


チャオプラヤー川沿いにある桟橋を結ぶ小さな船のようです。


チャオプラヤー川沿いには、ホテルやコンドミニアムが立ち並ぶエリアがあります。


建物に描かれているのは、国王でしょうか。


チャオプラヤーエクスプレスボート内の広告。
タイの携帯通信会社が、韓国の女性アイドルグループ少女時代をイメージキャラクターに使っているようです。


ティアン桟橋に着きました。
著名仏教寺院近くの桟橋とは思えない、ローカルの雰囲気が漂います。


ティアン桟橋からワット・ポーへ


ティアン桟橋周辺はちょっとした市場になっていて、大都会の中に隠れているのどかな雰囲気を味わえました。


ティアン桟橋近くの市場


海産物を干したものを売っているようです。
1袋300バーツ(約900円)とか400バーツ(約1,200円)って、高めな気がします。


三輪車タクシーのトゥクトゥク発見!


Part 3へ続く。


バンコク旅行の際は、こちらの書籍もご参考に!