ad1

2009/02/05

アメリカ合衆国・ニューヨークの旅 Part 9-日本へ帰国

Part 1はこちら
Part 2はこちら
Part 3はこちら
Part 4はこちら
Part 5はこちら
Part 6はこちら
Part 7はこちら
Part 8はこちら

初めての海外一人旅もいよいよ終わりに。

ニューアーク・リバティー国際空港の構内

再びコンチネンタル機!

無事成田空港に到着。お疲れ様でした!

僕が今回の旅行に際して購入した旅行本は、お馴染みの地球の歩き方シリーズ。




※おまけ動画
2009年1月31日
NHL2008-2009シーズン
フロリダ・パンサーズ(Florida Panthers)@ニューヨーク・アイランダース(New York Islanders)


2009/02/03

アメリカ合衆国・ニューヨークの旅 Part 8-ロングアイランド島、吉野家で夕食

Part 1はこちら
Part 2はこちら
Part 3はこちら
Part 4はこちら
Part 5はこちら
Part 6はこちら
Part 7はこちら

ニューヨーク最後の夜ということで、駆け足ではありますが、自分が見ておきたいところを回りました!
まずは地下鉄でロングアイランド島側のMets-Willets Point駅まで行ってみました。

地下鉄車両基地の向こう側に見えるは、全米オープンテニスのセンターコートである、アーサー・アッシュ・スタジアム(Arthur Ashe Stadium)。

MLBニューヨーク・メッツ(New York Mets)の本拠地だったシェイ・スタジアム(Shea Stadium)は既に取り壊され。。

新本拠地のシティ・フィールド(Citi Field)が新シーズンの始まりを今か今かと待っています。

また、マンハッタン島に戻って。

国際連合の本部ビル

数々の主要列車が発着するペンシルバニア駅。

米北東海岸主要都市を結ぶ高速列車アセラ・エクスプレス(Acela Express)

マディソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)の入口

ロックフェラーセンターのスケートリンク!

ニューヨーク最後の夕食は、興味本位もあって吉野家へ!

吉野家入口。日本でお馴染みの看板も見えます!

味噌汁はインスタント感ありありですが、丼ぶりの味は日本と同じでした!

Part 9へ続く。

アメリカ合衆国・ニューヨークの旅 Part 7-自由の女神、移民博物館訪問

Part 1はこちら
Part 2はこちら
Part 3はこちら
Part 4はこちら
Part 5はこちら
Part 6はこちら

いよいよ自由の女神のあるリバティー島へ!
地下鉄Bowling Green駅又はWhitehall St.駅近くにある港から船で向かいます。

一旦マンハッタン島をあとに

まずエリス島(Ellis Island)が見えました!

リバティー島(Liberty Island)が見えてきました!

憧れの自由の女神がくっきりと!


リバティー島に着き、自由の女神はさらに大きく!

次にエリス島にも行きました。
ここは1892年~1954年まで移民局があった場所で、およそ1200万人の移民がここで検疫検査を受けた後米国の上陸を許可されたそうです。
移民局として使われた建物が現在は移民博物館になっているのですが、移民学を研究しているゼミに所属している身としては是非とも訪れたかった場所です。
参考→リバティー・エリス・アイランド財団ホームページ‐エリス島の歴史


移民博物館

日本人を祖先に持つ米国人の州別人口。1位カリフォルニア州、2位ハワイ州、3位ニューヨーク州。

朝鮮人を祖先に持つ米国人の州別人口。1位カリフォルニア州、2位ニューヨーク州、3位ニュージャージー州。

中国人を祖先に持つ米国人の州別人口。1位カリフォルニア州、2位ニューヨーク州、3位テキサス州。

台湾人を祖先に持つ米国人の州別人口。ランキングは中国と変わらず。

米国の西方拡大の大まかな歴史

1940年当時のエリス島を再現した模型

移民局での移民審査プロセス

大正時代の日本のパスポートが展示されていました!

Part 8へ続く。

アメリカ合衆国・ニューヨークの旅 Part 6-ウォールストリート、グラウンドゼロを歩く

Part 1はこちら
Part 2はこちら
Part 3はこちら
Part 4はこちら
Part 5はこちら

ニューヨーク4日目の朝。
まずはウォールストリートを歩きます。

三位一体教会(Trinity Church)

世界の金融が動くウォールストリート!

連邦公堂会(Federal Hall)。合衆国初代議事堂や税関として使われた。

次にグラウンドゼロへ。
既に次代世界貿易センターの建設が始まっているようでしたが、これが完成する時には再びあのようなことが繰り返されない世の中であって欲しい、と願うばかりです。


次代世界貿易センターは目下建設中。

次代世界貿易センターの完成予想図。

Part 7へ続く

2009/02/02

アメリカ合衆国・ニューヨークの旅 Part 5-交通博物館、エンパイアステートビル、スーパーボウルテレビ観戦

Part 1はこちら
Part 2はこちら
Part 3はこちら
Part 4はこちら


地下鉄でロングアイランド島に戻り、ニューヨーク交通博物館(New York Transit Museum)へ。

アイルランド系、イタリア系、アフリカ系等、様々な移民が地下鉄建設に加わっていたそう。

建設労働者の日当は1.5$~2.0$。けがに対する補償はなかったそう。

ブルックリン橋に鉄道が通っていた頃の写真。

1904年に最初の地下鉄路線開通!

夕方はエンパイアステートビル(the Empire State Building)へ!
高層ビルがひしめき合う光景がかっこよくもあり、恐ろしくも感じました。
それにしても寒かったw

日没直前に南方向を見る。

日没!

車がおもちゃみたいw

大陸本土方向。マディソン・スクエア・ガーデンが見えます。


北東方向。メットライフビルやクライスラービルが見えます。

ロングアイランド島方向。国連ビルが見えます。

北方向。ニューヨークタイムズ本社ビルやロックフェラーセンターが見えます。

この夜は第43回スーパーボウルの開催日!
スポーツバーに行こうかとも考えましたが、初一人海外でビビりな僕は、大人しくホテルでテレビ観戦することにw
僕は初制覇を狙うアリゾナ・カーディナルス(Arizona Cardinals)を応援しましたが、結果は27-23でピッツバーグ・スティーラーズ(Pittsburgh Steelers)が6回目のスーパーボウル制覇!
惜しかったな~。。


オープニング

試合終了!

笑顔のスティーラーズQBベン・ロスリスバーガー

コメンテーターにジョン・マッデン(左)!

Part 6へ続く

アメリカ合衆国・ニューヨークの旅 Part 4-アメリカスポーツ博物館を訪ねる

Part 1はこちら
Part 2はこちら
Part 3はこちら

ニューヨーク3日目の朝。
まずはブルックリン橋を歩きます。


地下鉄でロングアイランド島側のYork St.まで行きます。
窓越しにブルックリン橋が見えます。

ブルックリン橋を歩きます。

ブルックリン橋から北東方向を見ます。

見上げると何本ものワイヤーが!スケールが違います!

マンハッタン島側に到着!

続いて、地下鉄Bowling Green駅近くにある、アメリカスポーツ好きには
たまらない、アメリカスポーツ博物館(※2009年2月20日に閉館)を訪問!

陸上短距離選手カール・ルイスの少年時代

大学フットボールの年間最優秀選手に贈られるハイズマン・トロフィー

1980年レークプラシッド五輪アイスホッケー米国代表の記念品

2004年アテネ五輪女子ソフトボール米国代表の記念品

1992年バルセロナ五輪男子バスケットボール米国代表、いわゆる「ドリームチーム」の記念品

MLBワールドシリーズ覇者に贈られるトロフィー

イチロー、アレックス・ロドリゲス、ケン・グリフィーJr.各選手のバット

NBAシカゴ・ブルズ黄金時代の記念品

南ミシシッピ大学時代のQBブレット・ファーブのユニフォーム


ニューヨーク・ヤンキースのTシャツですが、すごく残念感が漂う。。

Part 5へ続く