ad1

2020/07/01

マレー半島鉄道縦断の旅 Part 14 - マレー鉄道シャトル列車でジョホールバルからシンガポールへ&シンガポール入国後初の食事は海南チキンカレーライス!

2020年1月31日、マレーシアとお別れしてシンガポールへ旅立ちの日!

マレーシアの鉄道会社マレー鉄道(Keretapi Tanah Melayu, KTM)が運行するシャトル列車でジョホールバル(Johor Bahru)からシンガポールの国境検問所であるウッドランズ列車国境検問所(Woodlands Train Checkpoint)に着いて3年ぶりのシンガポール入り!

更にバスと地下鉄を乗り継いで宿泊ホテルのあるシンガポール中心部に向かい、昼食はシンガポールのフードコートで海南チキンカレーライスを頂きました!

DSCF4605



※前回Part 13は下記リンクからどうぞ!

マレー半島鉄道縦断の旅 Part 13 - ジョホールバルのJBセントラル駅でマレーシアリンギットからシンガポールドルに両替&食堂でナシゴレンを食す!

2020年1月30日夜8時過ぎ、マレーシアとシンガポールの国境の街ジョホールバルに到着! 翌日のシンガポール入りに備えて、マレー鉄道(Keretapi Tanah Melayu, KTM)のターミナル駅であるJBセントラル駅(Stasiun JB Sentral)にあった両替所で、マレーシアリンギットからシンガポールドルに両替。 ...






シンガポール行きマレー鉄道シャトル列車切符 事前購入は不可能?


ジョホールバルとシンガポールを結ぶシャトル列車は、ジョホールバルではJBセントラル駅(Stasiun JB Sentral)で乗車、シンガポールでは出入国管理所を兼ねるウッドランズ列車国境検問所で下車することになります。

シャトル列車の運行はマレー鉄道が担っていますが、事前購入しようとすると何故かマレー鉄道公式ウェブサイトでは出来ませんでしたが、Part 8でご紹介したEasybookでは購入することが出来ました。

※マレー半島鉄道縦断の旅 Part 8は下記リンクからどうぞ

マレー半島鉄道縦断の旅 Part 8 - 高速バスとローカルバスを乗り継いでマレーシアのクアラルンプールから世界遺産登録都市マラッカの市街地へ!

2020年1月29日、クアラルンプールを飛び出し、マラッカ海峡に面するユネスコ世界文化遺産登録都市マラッカ(Melaka)への日帰り旅行スタート! クアラルンプールにあるバスターミナルTBS(Terminal Bersepadu Selatan)から高速バスに乗ってマラッカへ。 マラッカのバスターミナルからローカルバスでマラッカ市街地へ向かいました。



このシャトル列車は一日当たりの運行本数が多いわけではなく、午前中にシンガポールに入りたかったこともあり、Easybookにて片道切符5リンギット+発行手数料0.35リンギットの合計5.35リンギット(約140円)で購入しました。

しかし、本記事公開時点でマレー鉄道公式ウェブサイトを見ると、「Easybookはマレー鉄道切符発行エージェントではありません」というアナウンスが出ていて、Easybookウェブサイトで買おうとしても確かに買えず、それなのに公式ウェブサイトからは依然として購入ページに辿り着けない状況が続いています。

COVID-19感染拡大防止のための各国渡航制限が解除されたらどのような状況になっているのかはわかりませんが、少なくとも今解除されたと仮定した場合では、出発駅であるJBセントラル駅にあるマレー鉄道有人窓口で直接購入するしか方法がないことになります。

本記事の以下内容は僕がEasybookで切符購入出来た時点での内容であることをご承知頂き、最新情報はマレー鉄道公式ウェブサイト等をご確認下さい。


DSCF4590
JBセントラル駅内のマレー鉄道有人窓口。
シンガポール行きシャトル列車の切符を購入することが出来ます。




DSCF4591
JBセントラル駅内マレー鉄道有人窓口に張り出されていた、JBセントラル発行きシャトル列車残券状況。
早朝(マレーシア国籍者のシンガポールへの通勤?)と日曜日午後(ジョホールバル観光シンガポール国籍者のシンガポールへの帰国?)の列車は何日先でも売り切れていますが、それ以外の曜日・時間帯はJBセントラル駅有人窓口でも購入出来そうです。





ジョホールバルのJBセントラルからシャトル列車でシンガポールのウッドランズ列車国境検問所へ


宿泊ホテルをチェックアウトし、シャトル列車出発予定時刻の40分前である午前9時20分頃にJBセントラル駅に到着。

シャトル列車に乗り込んで3年ぶりのシンガポール入りです!


DSCF4589
ジョホールバルのマレー鉄道JBセントラル駅。
マレーシアとのお別れが近づきます。。。




DSCF4597
ジョホールバルのJBセントラル駅でシンガポール・ウッドランズ行き列車の改札開始を待ちます。




DSCF4600
出発予定時刻30分前にJBセントラル駅でシンガポール・ウッドランズ行き列車の改札開始!
切符のバーコードを自動改札機に読み込ませて入場。




DSCF4603
JBセントラル駅でのシンガポール・ウッドランズ行きシャトル列車乗車のための手荷物検査と出国手続きを終えると、一旦写真の待合室で待たされます。




DSCF4604
出発予定時刻7分前にシンガポール・ウッドランズ行き列車乗車のためにホームへ。
それにしても乗客がかなり多い!




DSCF4605
マレー鉄道JBセントラル発シンガポール・ウッドランズ行きシャトル列車に乗車!
国境越えにもかかわらずディーゼル機関車というのが何とも言えない味を醸し出している?




DSCF4608
マレー鉄道JBセントラル発シンガポール・ウッドランズ行きシャトル列車内の座席配列は2+2列。
自由席なので、窓側座席に座るには早いもの勝ち!




DSCF4612
午前10時、シンガポール・ウッドランズ行きマレー鉄道シャトル列車がJBセントラル駅を出発!
バイバイ、マレーシア、また会う日まで!




DSCF4613
ジョホール海峡に入ってからジョホールバル側を見てみると、多くの高層ビルが!
ジョホールバルをあまり歩かなかったから気付かなかったジョホールバルの急発展ぶり。




DSCF4618
JBセントラル駅を出てから5分も経たずにシンガポールに入りました!
有刺鉄線の向こう側にマンションが立ち並んでいます。





ここから先も写真を撮りたかったのですが。





シンガポールのウッドランズ列車国境検問所構内はホームも含めて全面写真撮影禁止だった。




JBセントラル駅も出入国管理を兼ねていてもそんなに厳しい監視体制ではありませんでしたが、シンガポールのウッドランズ列車国境検問所は、鉄道駅というよりかは空港の出入国手続き所のような監視体制な上に、シンガポールへの入国手続き自体が厳しめで、僕は列車とホームを写した写真を注意・警告を受けて削除されました。
振り返ってみると、ウッドランズって英語でも「Station(駅)」ではなく「Checkpoint(国境検問所)」となっているのですから、鉄道が走るとは言えども「駅」ではなく「国境検問所」という認識でないといけなかったなと思っています。


シンガポールのウッドランズ列車国境検問所では、構内を出るまで粛々と入国手続きを行なって大人しくしていましょう。


DSCF4625
写真奥に見えるのがシンガポール・ウッドランズ列車国境検問所の駅舎。
写真左側に目をやると鉄製の柵の向こう側に線路とホームが見えますが、写真撮影禁止の標識が何本も立っています。
見つかると警告を受ける可能性がありますのでレンズを向けるのは止めましょう。





ウッドランズ列車国境検問所からバス&地下鉄でシンガポール中心部へ


何はともあれシンガポール入りした僕は、宿泊ホテルのあるシンガポール中心部に行く手段をウェブ検索。

蒸し暑い中なるべく歩かない方法をということと、幸いにも前回のシンガポール旅行で使用した交通系ICカードのNETS FlashPayがまだ使えるということもあり、ウッドランズからバスと地下鉄を乗り継いでシンガポール中心部に向かうことにしました。

※シンガポールでの公共交通機関乗車に便利なNETS Flashpayについては以下2つの記事で紹介しています。

シンガポール2泊3日の旅 Part 2-チャンギ空港で無料Wi-Fi利用、ICカードを購入してMRT東西線に乗車!

前回Part 1はこちら 成田国際空港からシンガポール航空 (Singapore Airlines) SQ637便に搭乗し、無事にシンガポール・チャンギ空港 (Singapore Changi Airport) の第3ターミナルに着きました!...



シンガポール2泊3日の旅 番外編-NETS FlashPayチャージ方法を紹介!

31歳で初めてシンガポールを旅行したタケオです。 シンガポール中に張り巡らされているMRT路線網。 料金も安いので便利に使いこなしたいもの! シンガポールに数日間旅行する際は、MRTに乗車する度にきっぷを買うより、EZ-LinkやNETS FlashPayといった ICカードを使う方が1回の乗車当たり料金が安くなるのですが、海外でちゃんとチャージできるか、不安に思いますよね? そこで今回は、僕が2017年10月に初めてシンガポールを旅行した時に撮った写真を通じて、僕がシンガポール滞在中に使用したNETS FlashPayへのチャージ方法を紹介したいと思います。





シンガポール・ウッドランズ国境検問所周辺地図。
一番近いシンガポールMRTの駅でも徒歩で20分かかるとGoogleマップ。
蒸し暑い気候の中で20分も歩くのはキツいので避ける方が良いと思います。





SBSトランジット(SBS Transit)バスで、先ずはシンガポールMRTダウンタウン線(Downtown Line)北側始発駅ブキパンジャン駅(Bukit Panjang Station)を目指します。




DSCF4626
ウッドランズ国境検問所バス停からSBSトランジットバス170系統に乗車。




DSCF4628
ウッドランズ国境検問所バス停から20分程で、SBSトランジットバス170系統がブキパンジャン駅出口Aバス停(Bt Panjang Stn Exit A/LRT)に到着。




DSCF4633
ブキパンジャン駅からシンガポールMRTダウンタウン線エキスポ駅(Expo Station)行き電車に乗ってシンガポール中心部にある宿泊ホテル最寄り駅まで行くことが出来ました。
シンガポールMRTダウンタウン線はこのブキパンジャン駅が始発駅なので、方向を間違うことなく且つ座って乗れるのが良かったです。





海南チキンカレーライスを食す!


無事にシンガポールに入国して宿泊ホテルへのチェックインも完了。

荷物整理を終えたら時刻が正午ちょっと過ぎだったので、昼食タイム!

宿泊ホテルの近くにあったフードリパブリック(Food Republic)というフードコートに入って昼食を探すことにしました。


DSCF4650
シンガポールMRTダウンタウン線(Downtown Line)ベンクーレン駅(Bencoolen Station)近くのフードリパブリック




DSCF4652
シンガポールMRTダウンタウン線ベンクーレン駅近くのフードリパブリックの中にあったYah Hu Kitchen(亚福小厨)というお店でメニューを見てみます。





シンガポールMRTダウンタウン線ベンクーレン駅とフードリパブリックの中にあったYah Hu Kitchen(亚福小厨)の周辺地図




DSCF4651
Yah Hu Kitchen(亚福小厨)というお店のメニューの中で海南カレーチキンライス(HAINANESE CURRY CHICKEN RICE)7シンガポールドル(約560円)が気になったので注文。






3分程の調理の末、海南チキンカレーライスが出来上がり。

辛さを気にしながら口に運んでみると。





まろやかな辛さで食べやすくて美味しい!!!

DSCF4653





写真では見えづらいですが、カレーとご飯の間に薄焼き卵もあって一層ボリューミー。

それが7シンガポールドルで食べられるなんて、お腹にもお財布にも優しく大満足でした!





Part 15へ続く。




マレーシア旅行で参考にした書籍はコチラ!







シンガポール旅行にはこちらの書籍がオススメ!


2020/06/30

マレー半島鉄道縦断の旅 Part 13 - ジョホールバルのJBセントラル駅でマレーシアリンギットからシンガポールドルに両替&食堂でナシゴレンを食す!

2020年1月30日夜8時過ぎ、マレーシアとシンガポールの国境の街ジョホールバルに到着!

翌日のシンガポール入りに備えて、マレー鉄道(Keretapi Tanah Melayu, KTM)のターミナル駅であるJBセントラル駅(Stasiun JB Sentral)にあった両替所で、マレーシアリンギットからシンガポールドルに両替。

JBセントラル駅近くの食堂で、マレーシアを代表する料理の一つナシゴレン(Nasi Goreng)を頂きました!

DSCF4474



※前回Part 12は下記リンクからどうぞ!

マレー半島鉄道縦断の旅 Part 12 - マレー鉄道ETSとインターシティで、クアラルンプールからゲマスを経由してジョホールバルに移動!

2020年1月30日、4泊したクアラルンプールとお別れ。。。 再びマレーシアの鉄道会社マレー鉄道(Keretapi Tanah Melayu, KTM)を利用し、特急列車であるETS(Electric Train Service)とインターシティ(Intercity)を乗り継いで、首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)から、シンガポールとの国境の街ジョホールバル(Johor ...






JBセントラル駅の両替所でマレーシアリンギットからシンガポールドルに両替


翌日にシンガポールに入る計画としていたことから、出来ればマレーシア滞在中に手持ちのマレーシアリンギットをシンガポールドルに替えたいと思っていました。

それまで両替所が見つからなかったらどうしようかと少々焦っていたのですが。




JBセントラル駅内でInternational Money Express(IME)っていう両替所あっさり見つかった(汗)!

DSCF4474







流石国境の街ジョホールバル、案外簡単に両替所が見つかるということはかなりの需要があるということなんですね。

手持ちのマレーシアリンギットの内162.54リンギットを54シンガポールドルに両替完了。

これで安心してシンガポールに入れます!


DSCF4476
JBセントラル駅内でもう1店舗Max Moneyという両替所発見!
マレーシアリンギットとシンガポールドルのレートは先ほどのIMEと同じでした。
レートの良し悪しは別にして、ジョホールバルは通貨の両替にあまり困らないようですね。





ジョホールバルの食堂でナシゴレンを食す!


事前に予約していたジョホールバルの宿泊ホテルを無事見つけてチェックイン。

荷物を置いた後、近くにあった食堂で遅めの夕食を取りました。


DSCF4496
ジョホールバルでの宿泊ホテルの近くにあったこちらの食堂に入ってみました。




DSCF4498
ジョホールバルで夕食を取るために入った食堂のメニュー。
ご飯ものが食べたかったので、ナシゴレン・カンプン6リンギット(約160円)を注文。




DSCF4500
飲み物のメニューにミロ2リンギット(約55円)がありました。
まさかマレーシアのジョホールバルで人生初ミロになるとは思っていませんでしたが、やはり甘ったるい(笑)!




DSCF4503
ナシゴレンがやって来ました。
クアラルンプールのセントラルマーケットで食べたものよりかはより家庭的な感じでしたが、それでも素朴な味が好きな僕は満足でした!




Part 14へ続く。




マレーシア旅行で参考にした書籍はコチラ!



2020/06/26

マレー半島鉄道縦断の旅 Part 12 - マレー鉄道ETSとインターシティで、クアラルンプールからゲマスを経由してジョホールバルに移動!

2020年1月30日、4泊したクアラルンプールとお別れ。。。

再びマレーシアの鉄道会社マレー鉄道(Keretapi Tanah Melayu, KTM)を利用し、特急列車であるETS(Electric Train Service)とインターシティ(Intercity)を乗り継いで、首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)から、シンガポールとの国境の街ジョホールバル(Johor Bahru)に向かいました。

DSCF4377



※前回Part 11は下記リンクからどうぞ!

マレー半島鉄道縦断の旅 Part 11 - マレーシアのマラッカから高速バス&KLIAトランジットでクアラルンプール中心部に戻る!

マラッカ(Melaka)での観光を終えて、クアラルンプール(Kuala Lumpur)に戻る時間。。。 マラッカの市街地からバスターミナルへはローカルバスで戻ろうとしたのですが。。。 マラッカのバスターミナルから高速バスでクアラルンプールのバスターミナルTBS(Terminal Bersepadu Selatan)に戻り、KLIAトランジット(KLIA ...






マレー鉄道切符 公式ウェブサイトから事前購入


クアラルンプールからジョホールバルまでは、複線電化されている途中のゲマス駅(Stasiun Gemas)まではETSに、ゲマス駅から先はまだ鋭意複線電化工事中のため、ジョホールバルのターミナル駅であるJBセントラル駅(Stasiun JB Sentral)まではディーゼル車両の特急列車であるインターシティと、2つの列車を乗り継ぐ必要があります。

2つの列車の切符は事前にマレー鉄道公式ウェブサイトでアカウントを作成した上で購入。

KLセントラル〜ゲマスまでのETSの運賃は31リンギット(約810円)、ゲマス〜JBセントラルまでのインターシティの運賃は21リンギット(約550円)でした。
2つの列車共、乗車後に、下記マレー鉄道公式アプリからQRコード付き乗車券をダウンロードしたものを検札に来る乗務員に見せました。

マレーシア渡航前にダウンロードしておいたのですが、非常に便利なアプリでした。

KTMB MobTicket
KTMB MobTicket
開発元:Keretapi Tanah Melayu Berhad
無料
posted withアプリーチ





KLセントラルからマレー鉄道ETSでゲマスへ


宿泊ホテルをチェックアウトし、午前10時半頃、マレー鉄道のターミナル駅であるKLセントラル駅に到着。

ジョホールバルまでの道のり第一段階として、特急列車ETSに乗ってゲマス駅に向かいました。


DSCF4328
晴れている日は光が中に入ってより開放感を感じられるKLセントラル駅。




DSCF4331
KLセントラル駅のマレー鉄道改札へ。
これから乗車する特急列車ETSの写真が載っている幕が目印。




DSCF4334
KLセントラル駅のマレー鉄道改札近くにはケンタッキーフライドチキンの店があって、乗車前の腹ごしらえが出来ます。




DSCF4334
KLセントラル駅発車予定時刻は11:54でしたが、11:54に改札開始。
ETSの到着が少し遅れているようです。




DSCF4338
KLセントラル駅に少し遅れて到着したゲマス行きETS。
足早にETSに乗り込みます。




DSCF4342
マレー鉄道特急列車ETSがマラッカ(Melaka)日帰り旅行で利用したバスターミナルTBS(Terminal Bersepadu Selatan)の傍を通過。




DSCF4349
マレー鉄道特急列車ETSがスレンバン駅(Stasiun Seremban)を過ぎてから住宅がかなり少なくなり、ヤシの木林が目立つようになってきました。




DSCF4352
マレー鉄道特急列車ETSがプラウセバン駅(Stasiun Pulau Sebang)に停車。
この駅はETSと同じマレー鉄道が運行する通勤電車KTMコミューター(KTM Komuter)の終点で、ここからジョホールバルまではひたすら田舎の景色を車窓から眺めていくことに。




DSCF4359
クアラルンプールを発ってから約2時間15分、マレー鉄道特急列車ETSがゲマス駅に到着。



無事にゲマス駅に到着しましたが、Part 4にてパダンベサールからクアラルンプールまで行くのにETSに乗った時と同じで。





やっぱり車内の冷房が効き過ぎてめちゃくちゃ寒い。。。




冷房が効き過ぎると言われてもマレー鉄道ETSに乗りたい方は、パーカーと並んでレッグウォーマー等も着用の上での乗車を強くおススメします。





ゲマス駅周辺でレストラン探すも。。。


ゲマス駅に着いた時刻が午後2時15分ということで、流石にお腹が減ってきた。

特急列車の終点ということは、何かしら周辺にレストランがあるのではないかと思い、ゲマス駅の外に出てみることにしました。


DSCF4365
マレー鉄道ゲマス駅の駅舎。
特急列車ETSの終点とあってか、かなり現代的な造り。




ゲマス駅の駅舎がとても真新しかったので、さぞかしレストランも何軒かあるんじゃないかと期待していたのですが。





見つけられたのはケンタッキーフライドチキンのみ。。。


DSCF4367





そもそもゲマスが大きな街ではないから、あまり期待してはいけませんでした。。。

ないよりはマシなので、ありがたくケンタッキーフライドチキンで遅めの昼食を取りました。



DSCF4364
マレー鉄道ゲマス駅の駅舎の「KIOSK GEMAS STATION」が営業していればもっと良かったかも知れないのに。。。




DSCF4368
マレー鉄道ゲマス駅近くのケンタッキーフライドチキンで食べたジンジャーバーガー(Zinger Burger)のセット12.90リンギット(約335円)。
ファストフードということで節約にはなったのかな。。。





マレー鉄道ゲマス駅からケンタッキーフライドチキンまでは徒歩で3分ほど。





マレー鉄道ゲマス駅からインターシティでJBセントラル駅へ!


ケンタッキーフライドチキンで昼食後急いでゲマス駅に戻り、インターシティに乗車。

ジョホールバルのターミナル駅であるJBセントラル駅(Stasiun JB Sentral)に向かいました。


DSCF4369
ケンタッキーフライドチキンでの昼食を終えて、マレー鉄道ゲマス駅まで戻って来ました。




DSCF4362
マレー鉄道ゲマス駅待合室。
切符を購入する場合は写真左奥にある有人窓口で。




DSCF4370
僕が乗るのは、写真真ん中辺りの「43 SHUTTLE」と記載されている列車。
ゲマス駅15:20発JBセントラル20:02着、約4時間40分の列車旅。




DSCF4372
出発予定時刻20分前にマレー鉄道ゲマス駅で改札が始まりました。




DSCF4377
ゲマス発JBセントラル行きマレー鉄道インターシティ。
ETSと打って変わって、長年走ってきたことがひしひしと感じられます。




DSCF4374
マレー鉄道インターシティ乗車前に、ゲマス駅構内に留置されていた国鉄14系客車をパチリ!
側面に「KTM Intercity」とあったので、数年前までマレー鉄道インターシティとして活躍していたのではないかと思われます。




DSCF4380
マレー鉄道インターシティ乗車時に、切符に記載されている号車を確認。
僕が乗ったのはR1号車。




DSCF4382
マレー鉄道ゲマス発JBセントラル行きインターシティ客車の車内。
日本のJRで走っている特急列車と似ている2+2列の座席配列。
座席上部に荷物置きスペースがあります。




DSCF4383
マレー鉄道インターシティが定刻通りにゲマス駅を出発!




DSCF4391
マレー鉄道ゲマス駅に近い区間では、複線電化工事が進んでいる印象を受けました。




DSCF4404
マレー鉄道JBセントラル行きインターシティがパロ駅(Stasiun Paloh)に停車。
駅名標が新しくなっていますが、駅舎が仮設になっていました。
複線電化への準備でしょうか。




DSCF4412
マレー鉄道パロ駅を過ぎると、まだ線路敷設に至っていない状況。
しかし複線電化に際してヤシの木林が削られているのだろうということを考えるとなんとも複雑。。。




DSCF4417
マレー鉄道JBセントラル行きインターシティがクルアン駅(Stasiun Kluang)に停車。
スマートフォンの時刻を確認すると午後5時50分ということで、やっと半分を越したところ。
まだまだ先は長い。




DSCF4420
マレー鉄道クルアン駅付近の複線電化工事進捗状況はこんな感じ。
コンクリート柱が建っているのを見る限り、高架化するつもりでしょうか。




DSCF4428
マレー鉄道クルアン駅を過ぎると、複線電化工事は道半ばという感じ。
いつ完成させるつもりなのでしょうか。。。




DSCF4433
マレー鉄道JBセントラル行きインターシティがラヤンラヤン駅(Stasiun Layang Layang)に停車。
駅名標が味出してます!




DSCF4458
マレー鉄道クライ駅(Stasiun Kulai)で豪華列車イースタン&オリエンタルエクスプレス(Eastern & Oriental Express)とすれ違い!
あちらの列車旅はまだ始まったばかり。





そして、定刻から遅れること約20分、ついに。




JBセントラル駅到着!


DSCF4464





約5時間に及ぶ列車旅がようやく終わりました。

ずっと座り続けていたことから解放されたと同時に嬉しかったことが。





効き過ぎる冷房から解放されたこと!!!





インターシティもETSと同様に冷房が強過ぎて、自分でもよく風邪を引かなかったなと思っています。

他の乗客を見回しても殆どパーカー等の上着を着ていた程の寒さだったので、乗務員は冷房調整が出来ないのかと思ってしまうのですが。。。

冷房が効き過ぎると言われてもマレー鉄道ETSやインターシティに乗りたい方は、パーカーと並んでレッグウォーマー等も着用の上での乗車を強くおススメします。




Part 13へ続く。





マレーシア旅行で参考にした書籍はコチラ!