ad1

2019/07/29

ANAビジネスクラスで行く台湾3泊4日の旅 Part 3-高雄の哈瑪星台湾鉄道館と駁二芸術特区を行く!

2019年7月14日、台湾2日目午前中は引き続き高雄観光!

鉄道ファンであれば必ず訪れたい哈瑪星台湾鉄道館、そして倉庫がアート表現の場等に再利用されている駁二(ばくに)芸術特区を歩いて見ました。


DSCF3619





高雄LRT乗車


宿泊ホテルで朝食をとり、高雄2日目の観光スタート!

先ずは哈瑪星台湾鉄道館を訪ねることにしたのですが、この鉄道博物館は高雄LRT(高雄輕軌)の哈瑪星停留所から行くのが近いということで、2015年から運行しているという高雄の路面電車に乗りました。



DSCF3585
哈瑪星台湾鉄道館へは高雄LRTで。




DSCF3575
高雄LRT乗車には、停留所に設置してある写真の機械の「SENSOR ZONE」と書かれている部分に悠遊カード(悠遊卡、EasyCard)等の電子カードをタッチすればOK!
運賃の10台湾ドル(約35円)が自動で引かれます。




DSCF3591
高雄LRT乗車後でも、写真の機械の「SENSOR ZONE」と書かれている 部分に悠遊カード(悠遊卡、EasyCard)等の電子カードをタッチすれば、運賃の10台湾ドル(約35円)が引かれます。




DSCF3587
高雄LRT車内。
スペインCAF社製造の完全低床車で、乗り降りが本当に楽!




DSCF3592
哈瑪星台湾鉄道館近くの終点哈瑪星停留所に到着!





DSCF3594
昔台湾で活躍していたと思われる車両たちが、高雄LRT哈瑪星停留所の近くで余生を送っています。




哈瑪星台湾鉄道館訪問!


高雄LRT哈瑪星停留所から歩いて7分、旧倉庫を利用して造られたという哈瑪星台湾鉄道館を訪ねました。

哈瑪星台湾鉄道館は2016年6月30日開館と、まだ歴史の浅い鉄道博物館ですが、訪ねた日が日曜日ということや、ミニトレインが運行されていることもあり、多くの家族連れが訪ねていました。



高雄LRT哈瑪星停留所から哈瑪星台湾鉄道館までの道のり。
終点一つ前の駁二蓬莱停留所からも近そうです。




DSCF3617
哈瑪星台湾鉄道館




DSCF3611
哈瑪星台湾鉄道館を訪ねた時、丁度ミニトレインが走っていました。
2種類あって、こちらは蒸気機関車バージョン。




DSCF3612
哈瑪星台湾鉄道館のミニトレイン、こちらは東海道・山陽新幹線N700系バージョン。




DSCF3619
入場料を支払って哈瑪星台湾鉄道館の中へ。




DSCF3621
哈瑪星台湾鉄道館の展示物の中で、台湾日本領土時の旅行雑誌が興味深い。




DSCF3623
こちらも哈瑪星台湾鉄道館で紹介されていた、台湾日本領土時のもの。
『台湾縦貫鉄道』という小説らしいです。





DSCF3628
哈瑪星台湾鉄道館の目玉の一つが模型。
1900年代中頃の街並みを再現している感じでしたが、開館中ずっと模型が走っているのに加え、街並みの模型も精巧な造りで、見ているだけでも楽しめました。
写真は旧高雄駅とその周辺の模型。




DSCF3629
こちらは旧台南駅とその周辺の模型。
懐かしさが伝わって来ます!





哈瑪星台湾鉄道館訪問ガイド



開館時間
月・水・木:10:00~18:00
金~日・祝:10:00~19:00

休館日
火曜日

料金
鉄道館入場料          :149台湾ドル(約525円)
ミニトレイン乗車料       :149台湾ドル(約525円)
鉄道館・ミニトレイン乗車セット券:219台湾ドル(約770円)





駁二芸術特区をぶらり


哈瑪星台湾鉄道館を含む地区一帯は、港の倉庫を再開発して出来たという駁二芸術特区と呼ばれるエリア。

多くの観光客が訪れていた日曜日の駁二芸術特区を歩き回ってみました。



DSCF3674
竹細工で覆われた、見た目にも涼しげな歩道を抜けて駁二芸術特区へ。





DSCF3678
旧倉庫がフードコートやお土産屋さんに。




DSCF3676
駁二芸術特区から望める高雄港の景色





DSCF3694
駁二芸術特区の倉庫に描かれている絵。
迫力満点!




DSCF3704
台湾と中国本土の大学生による建築芸術の大会が開かれているようでした。




DSCF3706
駁二芸術特区の倉庫の中で建築芸術作品作成中




DSCF3709
駁二芸術特区の別の倉庫で恐竜展が開かれているようでした。
日曜日の昼ということもあり家族連れでいっぱい!




DSCF3702
あまりにも蒸し暑かったので、カフェで一休み。




DSCF3703
烏龍茶アイスクリーム60台湾ドル(約210円)をペロリ。
実際はアイスクリームとシャーベットの中間のような食感に感じました。





Part 4へ続く。




台湾旅行で参考にした書籍はコチラ!





前回Part 2をまだお読みになっていない方は下のリンクをクリック!

ANAビジネスクラスで行く台湾3泊4日の旅 Part 2-高鉄で高雄へ移動&六合観光夜市で台湾屋台グルメを味わう!

ANA全日空NH853便ビジネスクラス搭乗で無事に台北松山空港に到着! 今回の台湾旅行の目的は南部を楽しむということで、その日の内に台湾版新幹線の高鉄(高鐵)で高雄まで移動。 高雄の有名な夜市で台湾屋台グルメを味わいました!...

2019/07/25

ANAビジネスクラスで行く台湾3泊4日の旅 Part 2-高鉄で高雄へ移動&六合観光夜市で台湾屋台グルメを味わう!

ANA全日空NH853便ビジネスクラス搭乗で無事に台北松山空港に到着!

今回の台湾旅行の目的は南部を楽しむということで、その日の内に台湾版新幹線の高鉄(高鐵)で高雄まで移動。

高雄の有名な夜市で台湾屋台グルメを味わいました!


DSCF3433





高鉄で高雄へ


台北松山空港に到着後、高鉄乗車のため、台北松山空港に隣接する松山機場駅から台北MRT(台北捷運)を乗り継いで台北駅へ。

台北MRT乗車には、前回の台湾旅行で購入・使用した悠遊カード(悠遊卡, EasyCard)を今回も活用しました。

※前回の台湾旅行にて、桃園国際空港で悠遊カードを購入したときの日記は下記リンクをご覧下さい。



台湾・台北旅行 Part 2-桃園国際空港で悠遊カード購入、桃園空港MRTで台北中心部へ!

前回Part 1はこちら 成田国際空港からタイガーエア台湾(台灣虎航)IT201便に搭乗して、無事に桃園国際空港(桃園國際機場)の第1ターミナルに着きました! 台北中心部から少し遠いところにある桃園国際空港から台北中心部へは、成田国際空港への京成電鉄アクセス特急のような鉄道路線があるらしいのですが、果たしてその乗り心地や如何に!? ...



DSCF4488
台北松山空港に隣接している松山機場駅にある写真の自動券売機で、悠遊カード1枚100台湾ドル(約350円)が購入可能。
通常のきっぷより運賃が2割引になる他、コンビニ等の支払いでも使えるので、台北松山空港から台湾に入ったら、この松山機場駅で購入することをおススメします!




DSCF3235
松山機場駅から台北捷運文湖線に乗り、忠孝復興駅で下車。




DSCF3250
忠孝復興駅台北から捷運板南線で台北駅へ。




DSCF3253
台北駅到着!





高鉄を利用するに当たり、3日間連続で乗り放題の台湾高鉄3日パスを旅行前にウェブで購入。

ダウンロードしたバウチャーを、台北駅で正式なパスに換える必要があったのですが。




台北駅のどこで換えられるのかちゃんと調べてなくてわからない。。。




台北駅にあった構内図をくまなく見回し、B1階のきっぷ売り場に並んでみました。



DSCF3259
台北駅B1階の高鉄切符売り場に並んでみることに。




ドキドキしながらついに僕の番。

窓口の職員と英語で四苦八苦のやりとりの結果。





引き換え成功!
しかし、17時発列車分の指定席は売り切れだと。。。




台湾高鉄3日パスは、空席があれば指定席を取れるのですが、いくら日曜日とは言え、12両編成の内9両分ある指定席が全くないとは予想外。


でも早く乗って少しでも長く高雄の夜を楽しむためにも、自由席でも良いから直ぐに発車する列車に乗りたい。

ということで、次の列車の発車が3分後に迫っていたので、急いでホームに向かうことに。



DSCF3260
職員にパスを見せて改札を通してもらい、17:31発列車に乗るため急いでホームへ。


エスカレーターを下りてホームに向かった結果。






17:31発列車に間に合った!
だけど、自由席全部埋まってる。。。

DSCF3263



12両編成中3両分の自由席も満席。。。


仕方なく席が空くまで通路に待機していました。

台北を出発してから40分、台中に着くところで。




多くの乗客が降りたおかげでやっと座れた!

DSCF3267




台中で多くの乗客が降りたおかげでやっと座ることが出来ました。

しかし、乗車時間が1時間に満たない台中でも高鉄利用客が多いとは、いかに高鉄が台湾の人の足として浸透しているかがよくわかりました。





DSCF3285
高鉄車窓から夕陽を望む。
本当は高雄に着いてから見たかった。。。





台北を出発してから約1時間35分。




遅れることなく高雄市内の左営(左營)駅に到着!

DSCF3315





高鉄左営駅に着いたのが午後7時5分頃で、狙い通り早めに到着。

これなら少しでも長く台湾南部最大都市の夜の雰囲気を楽しめそう。

でも先ずは荷物を置くべく、高雄MRT(高雄捷運)レッドライン(紅線)に乗り、宿泊ホテルへ向かいました。





DSCF3321
高鉄左営駅。
現代的な駅の造り。




DSCF3332
「捷運」の案内に従って高雄MRT左営駅へ。




DSCF3335
高雄MRT左営駅入口到着!




DSCF3340
高雄MRTレッドラインに乗り、宿泊ホテル最寄り駅まで辿り着きました。





六合観光夜市で台湾屋台グルメ!


高鉄乗車で少し苦労したものの、早く列車に乗れたおかげで、夜8時ちょっと過ぎに高雄の宿泊ホテルに到着。


こうなったら高雄での夜の雰囲気を楽しみつつ、台湾の屋台グルメを味わいたいと思い、高雄で多くの人が集まることで有名な六合観光夜市へ向かいました。



DSCF3428
高雄MRT美麗島駅が六合夜市の最寄り駅。





六合夜市へは高雄MRT美麗島駅11番出口が一番近いです。




DSCF3433
高雄で一番有名な六合夜市に到着!





六合夜市で何を食べようかと考えながら歩いていると。





「水餃」の文字発見!
ってことは水餃子だ!

DSCF3454



日本だと焼き餃子ばかりだったので、せっかくの機会だから台湾の水餃子食べてみたい!

ということで水餃子10個50台湾ドル(約175円)を注文。

出て来た水餃子に醤油を付けて口に入れると。





小粒なのに肉と野菜の餡の味がしっかりしていて美味しい!

DSCF3448



この美味しさで、日本円で200円しないとは、本当に安い!

台湾グルメが安くて美味しいということを改めて実感した、夜市での夜でした。



DSCF3446
同じ屋台で酸辣湯30台湾ドル(約105円)も注文!
程よい酸っぱさでこちらも美味!




DSCF3486
蒸し暑さが残る高雄の夜のシメとしてスイカジュース40台湾ドル(約140円)を飲み干す!





Part 3へ続く。




台湾旅行で参考にした書籍はコチラ!





前回Part 1をまだお読みになっていない方は下のリンクをクリック!

ANAビジネスクラスで行く台湾3泊4日の旅 Part 1-ANAラウンジ利用&台北松山空港行きNH853便でビジネスクラス初体験!

蒸し暑いのはわかっていても、美味しい食べ物が食べたくて台湾に行きたくなってしまった タケオです!...

2019/07/22

ANAビジネスクラスで行く台湾3泊4日の旅 Part 1-ANAラウンジ利用&台北松山空港行きNH853便でビジネスクラス初体験!

蒸し暑いのはわかっていても、美味しい食べ物が食べたくて台湾に行きたくなってしまったタケオです!

2年前の台湾初訪問で台北を満喫した僕。

今度は高麗大学校語学堂に通っていた時に同じクラスだった台湾人女性の故郷である台南をはじめとした南部にも足を踏み入れたくなりました。

そう思っていたところ、丁度ANAの、しかもビジネスクラス席が空いていたので即予約!

ANAビジネスクラスで行く台湾の旅の始まりです!


DSCF3125





羽田・台北松山往復のANA便ビジネスクラス予約!


2度目の台湾旅行を思いつき、ANA全日空ウェブサイトで航空券を検索。

その中で便利だとおもったのが、エバー航空(長榮航空)BR107便成田国際空港発高雄行きエコノミークラスと、ANA全日空NH852便台北松山空港発羽田空港行きビジネスクラスの組み合わせ。

本来は帰りも高雄発でいいところ、エバー航空BR108便は07:00発とかなりきついスケジュールだったので、上記の組み合わせを予約していました。

しかし、出発を一週間半後に控えた2019年7月2日の夕方、エバー航空から突然SMSが来て。




「Flight BR107 has been cancelled.(BR107便はキャンセルになりました)」
な、なんだって~!?(泣)




このSMSがきっかけで知ったのですが、エバー航空の客室乗務員によるストライキが起こっており、その影響を受けてしまった形でした。




とはいえ、今さら7月連休を無駄に過ごしたくないと思い、夜8時頃に急いでANAマイレージクラブ・サービスセンターに電話。

代わりの便がないか尋ねると、応対して下さった担当者の方が。




「台北松山空港発羽田空港行きNH852便のビジネスクラスが空いていますよ。」
おーっ、助かった!!
しかもこれだと帰りもビジネスクラス!!



当初予約した時は往復でのビジネスクラスにはマイレージが足りなかったのですが、その間運良くマイレージを貯めることができ(高雄になるべく早く着いて夕焼けを見ることは叶わなくなったものの)、羽田空港・台北松山空港往復便でのビジネスクラス利用が実現することになりました!


※ANAを利用する際は、オンラインチェックインが可能な公式アプリのダウンロードがおススメ!↓

ANA
ANA
開発元:ANA (All Nippon Airways)
無料
posted withアプリーチ





羽田空港ANAラウンジ利用!


2019年7月13日、いよいよ台湾の旅初日。

先ずは出発地の羽田空港でチェックイン。



DSCF3125
羽田空港国際線ターミナルEカウンターでチェックイン。初めて「Business Class」からのチェックイン。



出発予定時刻13:20の2時間前に手荷物検査・出国審査完了。


手荷物検査・出国審査をそんなに早く済ませたのは、搭乗前に楽しみにしていたことがあったからです。

それは。





ビジネスクラス搭乗者ならば誰でも利用できるANAラウンジ!



ANAラウンジも今回初めての利用ということで、ワクワク気分で向かいます。



DSCF3128
羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジは110番ゲートと114番ゲート近くの2つあります。
今回はNH853便が110番ゲートからの出発だったため、110番ゲート近くのANAラウンジを利用します。




DSCF3130
写真のエスカレーターを上がってANAラウンジへ。









エスカレーターを上がり切ると。





ANAラウンジ!


DSCF3131




早速ANAラウンジの中に入り、ラウンジで頂ける食事を味わってみることにしました。



DSCF3137
おにぎりがスタンバイ!
流石日系航空会社運営のラウンジ!




DSCF3141
ANAラウンジで楽しめるウィスキー・ワイン等。
お酒好きの方にはたまらなさそうですね!(僕は飲まないのでスルー汗)




DSCF3140
ANAラウンジでは日本酒も!
楽しめるウィスキー・ワイン等。
お酒好きの方にはたまらなさそうですね!(僕は飲まないのでスルー汗)




DSCF3144
ANAラウンジでは温かいうどん・そば・ラーメンも楽しめます!





ANAラウンジで頂ける食事の中で一番好みだったのが。





カレー!!


DSCF3143




少しだけど絶妙の辛さが効いていて、とても美味しかったです!

でも機内食も楽しみにしていたので、一杯で我慢しました(泣)。




DSCF3150
ANAラウンジの無料Wi-Fiに接続すると、専用ウェブサイトで特別電子書籍等の閲覧を楽しめます。
ANAラウンジの無料Wi-Fiは暗号化されていないので、そこの点だけご注意を。





ANA全日空NH853便  B787-8型機ビジネスクラス搭乗


ANAラウンジで快適に過ごしていたらあっという間に時間が過ぎ、搭乗時間になっていました。

ANA全日空NH853便に搭乗です。



DSCF3156
ANA全日空NH853便への搭乗開始!




DSCF3157
いつもはエコノミークラスのところ、今回はビジネスクラスへ!





予約していた座席番号の席に座った瞬間。




うわっ、前後広い!!
なんて楽なんだ!!


DSCF3163




エコノミークラスの3倍はあろうかという前後の広さ!


言うまでもなくめちゃくちゃ快適でした!



DSCF3165
ANA全日空ボーイングB787-8型機ビジネスクラスの座席配列は2+2+2。




DSCF3166
ANA全日空ボーイングB787-8型機ビジネスクラスの液晶モニターとリモコンは多少古め。




DSCF3167
ANA全日空ボーイングB787-8型機ビジネスクラスは各席にコンセント・USB Type-Aポートが配備!




DSCF3169
ANA全日空ボーイングB787-8型機ビジネスクラスのテーブルは肘掛けの中に収納されています。




DSCF3178
ANA全日空NH853便が羽田空港をテイクオフ!





ANA全日空NH853便ビジネスクラス機内食


エコノミークラスとは違って名前でもてなされ、かなりの気遣いや心配りに、逆にあたふたのビジネスクラス初搭乗(苦笑)。

そんな中で一番楽しみにしていたのが。




機内食!!



ANAビジネスクラスの機内食は2つのパターンが用意されていて、搭乗前にウェブサイト経由で食べたい方を予約出来るのですが、今回は和食をチョイス。

離陸から50分後、ついに。




ANAビジネスクラスの機内食キターーーー!!
器がしっかりしている!!


DSCF3187






写真左下に見えるメイン料理牛肉の黒酢餡掛けをはじめとして、どれもが手の込んだ作りよう。

ANAの機内食はエコノミークラスでも十分に美味しいのですが、ビジネスクラスでは更に満足のいく美味しさでした!



DSCF3191
ビジネスクラス機内食での穴子は程よい柔らかさと味付け!




DSCF3192
タコやエビまで、一つ一つの食材が繊細な味付け!




DSCF3193
温かいお茶もしっかりとした陶器の器で!




DSCF3195
欲張りに紅茶も美味しく頂きました!





ANA全日空NH853便 台北松山空港に到着!


ANA全日空NH853便の羽田空港から台北松山空港までの搭乗時間は約4時間。

着陸やり直しの影響で遅れが発生したものの、無事台北松山空港に到着しました。



DSCF3209
初めての台北松山空港




DSCF3211
ANA全日空NH853便が予定より13分遅れの午後4時頃に台北松山空港に到着!




DSCF3217
台北松山空港は規模が大きくないためか、入国審査をかなりスムーズに通過出来たおかげで、到着から20分で到着フロアまで辿り着きました。




DSCF3218
台北松山空港到着フロアのATMで台湾ドルを引き出しました。





Part 2へ続く。