ad1

2019/05/24

デンマーク・スウェーデン・ドイツの旅 Part 4-コペンハーゲンのデンマークデザイン博物館間見学、アマリエンボー宮殿で衛兵交代式を堪能!

2019年5月1日、デンマーク3日目に入りました。

この日は首都コペンハーゲン(København)観光に充てることに。

午前中はデンマークデザイン博物館(Designmuseum Danmark)見学、そしてアマリエンボー宮殿 (Amalienborg Slot)で衛兵交代式を楽しみました!


DSCF0217





デンマークデザイン博物館見学


デンマーク3日目の始まりは、ホテルから徒歩10分程で行けたデンマークデザイン博物館からスタート!



DSCF0088
写真の門からデンマークデザイン博物館に入ります。




DSCF0089
デンマークデザイン博物館に入る前に、博物館を見て右手のところで入場券購入。




DSCF0096
デンマークデザイン博物館の始めは、現代で活躍するデンマーク出身デザイナーの紹介。




DSCF0097
シンプルでありながらもカッコいいと思わせる生活用品が展示されているデンマークデザイン博物館




DSCF0098
ブロックでお馴染みのレゴ(LEGO)もデンマーク発祥でしたか。




DSCF0105
デンマーク出身デザイナーのものではありませんが、社会に大きな影響を与えたデザインとしてアップル社のiMac G3も展示されていました。
シンプルでありながらも斬新だったテレビCMが懐かしい。




DSCF0107
何ともオシャレな色づかいの家具ですこと!




DSCF0110
1900年撮影時の、チボリ公園内にある五重塔。
チボリ公園って思ったより歴史が長いんですね。




DSCF0123
椅子だけで1コーナー分割かれていました。
良質の木材×才能豊かなデザイナーがシンプルでありながらカッコいい椅子を生みだすということでしょうか。




DSCF0132
ドイツ発祥バウハウスだけで5コーナー分のスペースを使って紹介されていました。
隣国ということでデンマークの現代デザインにも大きな影響があったようです。





デンマークデザイン博物館訪問ガイド


開館時間
火曜日・木曜日~日曜日:10:00~18:00
水曜日        :10:00~21:00

休館日
月曜日

入場料
満27歳以上        :115デンマーククローネ(約1,955円)
26歳以下         :無料
65歳以上         :80デンマーククローネ(約1,360円)
団体(10人以上1人当たり):80デンマーククローネ(約1,360円)





アマリエンボー宮殿で衛兵交代式!


現デンマーク王室の主な住居となっているというアマリエンボー宮殿。

ここで正午から衛兵交代が見られると聞きつけたので、行ってみることに。

※参考ウェブサイト
アマリエンボー宮殿|コペンハーゲン市観光局(英語)



デンマークデザイン博物館からアマリエンボー宮殿までは徒歩5分程の距離。




DSCF0209
アマリエンボー宮殿の座するアマリエンボー宮殿広場に到着!
この騎馬像が誰なのかこの時は気に留めませんでしたが、フェデリック5世なのだそう。




DSCF0148
アマリエンボー宮殿に衛兵が登場!




DSCF0157
アマリエンボー宮殿での衛兵のような規則正しい動きは、僕には出来ましぇん(笑)。




DSCF0161
偶にはアマリエンボー宮殿の衛兵を守る警察官も撮ってみたり。




DSCF0193
こんな至近距離までアマリエンボー宮殿の衛兵がやって来ました。




DSCF0194
写真奥の方の衛兵と交代するようです。




DSCF0195
衛兵交代完了!




DSCF0200
アマリエンボー宮殿では、今まで見た中でかなり衛兵を至近距離から見れたので、必要以上に写真撮ってしまいました(苦笑)。




DSCF0217
アマリエンボー宮殿での衛兵交代式が落ち着いたようです。
アマリエンボー宮殿は菱形に並ぶ4つの建物で構成されていて、写真左側はクリスチャン7世宮殿で国賓の滞在地として、左側はクリスチャン8世宮殿で皇太子夫妻が国賓をお迎えするのに使われているのだそう。





カフェMORMORSでサーモンサンドウィッチとカフェラテを食す


アマリエンボー宮殿での衛兵交代式をたっぷり堪能したら、お昼の時間。

やっぱり一人でのレストランは気が引けるので、気軽に入れそうなカフェを選択。



DSCF0278
入口にデンマークが掲げられているMORMORSヘルシンオアの鉄道駅に戻り、写真の入口から入ります。





コペンハーゲンのカフェMORMORSの位置




DSCF0282
サーモンの燻製と野菜のサンドイッチ65デンマーククローネ(約約1,105円)を注文。
ぼけちゃってますが、デンマーク国旗の爪楊枝が可愛らしい!




DSCF0280
ドリンクはカフェラテ45デンマーククローネ(約765円)。
サンドイッチとカフェラテ合わせて110デンマーククローネ(約1,870円)とは、しつこいのを承知で、やっぱり高い。。。





Part 5へ続く。




デンマーク旅行で参考にした書籍はコチラ!
※僕が参考にしたのは2018~2019版ですが、下記リンクが本記事執筆時点での最新版になります。




前回Part 3をまだお読みになっていない方は下のリンクをクリック!

デンマーク・スウェーデン・ドイツの旅 Part 3-短時間でのクロンボー城見学、ForSeaフェリーでスウェーデンのヘルシンボリへ!

デンマーク2日目の後半は、ヘルシンオア(Helsingør)という小さな港町にあり、ユネスコ世界遺産に登録されている歴史ある城クロンボー城(Kronborg Slot)へ。 そして、そこからフェリーで記念すべき訪問20ヶ国目となるスウェーデンに入国! ヘルシンオア対岸の町ヘルシンボリ(Helsingborg)をちょっとの時間ですが散策しました。...

2019/05/20

デンマーク・スウェーデン・ドイツの旅 Part 3-短時間でのクロンボー城見学、ForSeaフェリーでスウェーデンのヘルシンボリへ!

デンマーク2日目の後半は、ヘルシンオア(Helsingør)という小さな港町にあり、ユネスコ世界遺産に登録されている歴史ある城クロンボー城(Kronborg Slot)へ。

そして、そこからフェリーで記念すべき訪問20ヶ国目となるスウェーデンに入国!

ヘルシンオア対岸の町ヘルシンボリ(Helsingborg)をちょっとの時間ですが散策しました。


DSCF9879





ヒレロズからディーゼル列車でヘルシンオアへ


ヒレロズ(Hillerød)の鉄道駅構内にあるセブンイレブンで昼食を取った後は、クロンボー城のあるヘルシンオアへ。

City Pass Largeで乗れるLokaltog(日本語に訳すと「地域列車」らしいです)という地域鉄道会社の930R線ディーゼル列車に乗り込み、終点のヘルシンオア駅を目指しました。

因みに、ヒレロズからのヘルシンオア行き列車は、平日はほぼ毎時26分・56分、土・日・祝日はほぼ毎時25分・55分に出発します。

※「City Pass Largeって何ぞや?」って方は、前回Part 2の記事で書いていますので、まだ読んでいない方は本記事一番下のリンクをクリック!



DSCF9752
ヒレロズ駅から黄色が目印のLokaltog930R線ディーゼル列車に乗車!
車両形式は仏アルストム社(Alstom)のCoradia LINT41。




DSCF9753
Lokaltog930R線ディーゼル列車の車内は2列のボックスシートでゆったりと。




DSCF9756
乗車時間30分でヘルシンオア駅到着!





見学時間35分のクロンボー城


当日のクロンボー城は午後4時の閉館。

フレデリクスボー城(Frederiksborg Slot)に長居したこともあり、クロンボー城の見学時間は実質35分しかなく、駆け足での見学になりました。

たった35分の見学時間でも、入場料95デンマーククローネ(約1,615円)はしっかり支払いましたよ(苦笑)。

尚、クロンボー城はかのウィリアム・シェークスピア(William Shakespeare)作の文学作品『ハムレット(Hamlet)』の舞台だそうで、クロンボー城にはシェークスピアの石像があるそうなのですが、僕は文学に関心がなく、その像を撮るのを忘れてしまいました(汗)。



ヘルシンオア駅からクロンボー城入口までの徒歩ルート。
思いの外時間が掛かります。




DSCF9765
クロンボー城が近くに見えてきました。




DSCF9770
写真左の小屋でクロンボー城の入場券購入。




DSCF9774
急ぎ足でクロンボー城の敷地へ。




先ず駆け足で登って行き着いたのは。





クロンボー城のキャノン塔、そしてそこからの眺望!

DSCF9785




キャノン塔の入口が閉まる午後3時半前に入らなければならず、かつ145段の階段を駆け上がったのでかなり疲れました。。。

それでも天気がまあまあ良かったので、ヘルシンオアの町を一望出来て良かったです!





DSCF9775
写真撮影時が暗すぎたのでそう見えなさそうですが、クロンボー城内のチャペルです。
ここで結婚式が出来るそうですが、費用めっちゃ掛かりそう。。。




DSCF9786
クロンボー城約600年の歴史。
途中火災で一部が焼失したそうですが再建されているそうです。




DSCF9789
クロンボー城内の王執務室。
実に広々としています!




DSCF9798
クロンボー城内の部屋で一番の広さを誇る舞踏室。
ここでのパーティーはとても豪勢だったことでしょう!





クロンボー城訪問ガイド


開館時間
1月~3月・10月~12月:11:00~16:00
6月~9月       :10:00~17:30

休館日
1月~3月・11月~12月:月曜日
その他       :1月1日・12月24日・12月25日・12月31日

入場料
○1月~5月・9月~12月
大人           :95デンマーククローネ(約1,615円)
子供(18歳まで)      :無料
団体(10人以上1人当たり):85デンマーククローネ(約1,445円)

○6月~8月
大人           :145デンマーククローネ(約2,465円)
子供(18歳まで)      :無料
団体(10人以上1人当たり):85デンマーククローネ(約2,295円)






デンマーク・ヘルシンオアからフェリーでスウェーデン・ヘルシンボリへ


ヘルシンオアからフェリーに乗ってエーレ海峡(Øresund)を渡り、スウェーデンのヘルシンボリという町に行けるとのことで、訪問20ヶ国を達成するため(苦笑)フェリーに乗船することに。

今回利用したのはForSeaというスウェーデンの会社が運航するフェリー。

日中は15分間隔、朝・夜でも20分間隔と高頻度の運航ということでとても便利です。




DSCF9852
ヘルシンオアの鉄道駅に戻り、写真の入口から入ります。




DSCF9853
エレベーターを使ってチケット売り場兼乗り場へ。




DSCF9854
エレベーターを上がり切ったら、写真の売り場でチケットを購入。
VISAやMastercardと並んでJCBのマークも貼られていましたが、僕は手持ちの現金を使いたかったので、現金でお支払い。




DSCF9855
ForSeaフェリーの価格表。
片道より往復で買った方がお得になっています。
写真上方に2019年1月14日~5月31日との表示があり、半期毎に価格が多少変動するのでしょうか。




DSCF9857
ForSeaフェリー往復チケットを購入。
値段は70デンマーククローネ(約1,190円)。
ヒレロズ駅のセブンイレブンでの昼食より安いとは(驚)!




DSCF9858
出発予定時刻15分程前から乗船開始!





DSCF9861
フェリーの中に入りました。
軽食コーナーやコーヒースタンドが見えます。





DSCF9863
多くの乗用車やトラックがForSeaフェリーに乗り込む姿が見られました。
ForSeaフェリーがデンマーク・スウェーデン間移動における重要な交通手段の一つであることが窺えます。




そして偶然にも、日本の元号が平成から令和に変わって5分後に。





ForSeaフェリー出航!
短い間だけどさらばデンマーク!
そしてついでにさらば平成(苦笑)!

DSCF9874





DSCF9879
先ほど見学したクロンボー城と、スウェーデンからのForSeaフェリーを一目で。




DSCF9884
スウェーデン・ヘルシンボリの街並みが見えてきました。




DSCF9892
デンマーク・ヘルシンオア出航から20分、ForSeaフェリーがスウェーデン・ヘルシンボリに到着!




さあこれからヘルシンボリ散策だと思っていた矢先。





シェンゲン協定加盟国同士だけど入国審査。。。

DSCF9895




スウェーデンへの移民が増加していることに対する処置なのでしょうか。

アジアからの単独旅行者が珍しかったのか、スウェーデン入国の目的を審査官に聞かれましたが、「日帰りの観光です。」と英語で応えて通してくれました。

ということで無事スウェーデンへの入国に成功です!





スウェーデン・ヘルシンボリの街を散策


日本が新たな時代を迎えたと同時に、新たな国(といっても滞在時間かなり短いですが)の探訪開始です!





DSCF9898
ヘルシンボリのフェリー乗り場地下は、スウェーデン国鉄(Statens Järnvägar, SJ)ヘルシンボリ駅に直結!




DSCF9900
ヘルシンボリのフェリー乗り場を出たところ。
緑色のバスが印象的。




DSCF9904
この時は結局何の建物だかわからずじまいでした。
でもGoogleマップで調べたら予想通り市庁舎でした。




DSCF9909
ヘルシンボリ市庁舎に掲げられていたスウェーデン国旗。
国旗の青と空の青が見事に映えていました!




DSCF9934
Terrasstrappornaというヘルシンボリの観光スポットっぽいところ




DSCF9919
Terrasstrappornaでヘルシンボリの男声合唱団らしき団体が歌声を披露!




DSCF9956
ヘルシンボリ市立公園に入ってみました。




DSCF9959
ヘルシンボリ市立公園は市民の憩いの場のようです。




DSCF9972
Terrasstrappornaから階段を昇りきったところにあるKärnanというタワー




DSCF9979
ヘルシンボリのKärnanからはこんな景色を見ることが出来ました。
一番建物が市庁舎とは、長閑な港町です。




DSCF9982
ヘルシンボリのレストランはやはり一人で気軽に入れる雰囲気ではなかったので、フェリー乗り場の建物に戻り、中にあったPressbyrånというコンビニで夕食調達。
短時間滞在ということで、スウェーデン通貨のスウェーデンクローナには両替していなかったので、クレジットカードで支払いました。




DSCF9983
Pressbyrånというスウェーデンのコンビニで買った、ゆでエビと野菜のサンドイッチ1パック2個入り。
何と56スウェーデンクローナ(約670円)。。。




DSCF9984
同じくPressbyrånというスウェーデンのコンビニで買った、いちご・リンゴヨーグルトドリンク。
値段は23スウェーデンクローナ(約280円)。
サンドイッチとヨーグルトドリンクだけで約950円とは、何と恐ろしい国だ(汗)。




DSCF9987
日没の時間に合わせてデンマークに戻ろうと、再びForSeaフェリー乗り場へ。




DSCF9991
午後8時半ヘルシンボリ発のForSeaフェリーに乗船。
エーレ海峡をゆったり眺められる席もあります。




DSCF9993
ForSeaフェリーが定刻の午後8時半にヘルシンボリを出発。
さらばスウェーデン!




DSCF9996
デンマークのヘルシンオアからやってきたForSeaフェリー





スウェーデンのヘルシンボリ出発から20分後、デンマークのヘルシンオアに着こうというところで。





空が見事に夕焼け色に染まりました!

DSCF0016





天気が良くて、綺麗な空の移り変わりを楽しめました。

気軽に国境越え出来るので、ForSeaフェリーはおススメです!

ただし、パスポートの携帯は忘れずに!



DSCF0035
ForSeaフェリーがデンマークのヘルシンオアに到着!




DSCF0036
ForSeaフェリーを出てデンマーク再入国!
しかしスウェーデンに入った時のような入国審査はありませんでした。
スウェーデンが厳しいのでしょうか。




DSCF0037
デンマーク国鉄(DSB, Danske Statsbaner)列車でコペンハーゲン(København)に戻りました。





Part 4へ続く。




デンマーク旅行で参考にした書籍はコチラ!
※僕が参考にしたのは2018~2019版ですが、下記リンクが本記事執筆時点での最新版になります。




前回Part 2をまだお読みになっていない方は下のリンクをクリック!

デンマーク・スウェーデン・ドイツの旅 Part 2-コペンハーゲンCity Pass Large購入、フレデリクスボー城見学、セブンイレブンの焼き鳥を食す!

2019年4月30日、本格的にデンマーク観光スタート! デンマーク2日目の午前中はコペンハーゲン郊外の町ヒレロズ(Hillerød)にあるフレデリクスボー城(Frederiksborg Slot)へ。 そして、ヒレロズでの昼食は、日本でもお馴染みのあのコンビニで!...