ad1

2019/09/11

アメリカ合衆国シアトル・ポートランドの旅 Part 4-スターバックス1号店、ウォーターフロント等シアトル中心部をぶらり

シアトル・マリナーズ(Seattle Mariners)のホームゲームが終わりましたが、試合展開が早かったため、時刻はまだ午後4時半。

ということで、日が暮れるまでシアトル中心部をぶらりすることに

シアトル発祥のコーヒーチェーン、スターバックス(Starbucks)の1号店、海沿いに高級レストラン等が集まっているウォーターフロント(Waterfront)を訪ねました。

DSCF5087





スターバックス1号店


僕はスターバックスのコーヒーを飲む方ではありませんが、流石にシアトルに来たからには、世界規模チェーンの発祥の店に行ってみたい!

ということで、有名な市場パイクプレイスマーケット(Pike Place Market)近くにあるスターバックス1号店を訪ねました。


DSCF5068
スターバックス1号店はパークプレイスマーケット近くにあります。




いざスターバックス1号店に行ってみたら。






うわ~観光客多い。。。
流石世界的人気のスターバックス!

DSCF5069



しかし、それもそのはずで、てっきりカフェ形態かと思っていたのですが、ここスターバックス1号店は注文カウンター・コーヒーメイキング・受け取りしかスペースがありません

なので、そこまでの人の多さでなくても店舗の外にまで人が溢れるというわけでした。

ということで、僕はカフェラテをテイクアウトし、ぶらり旅を続けることに。


DSCF5086
シアトルにあるスターバックス1号店の注文カウンター。
多くのスターバックス店舗に見られるモダンな造りとは違い、アンティークの雰囲気が漂います。




DSCF5087
ここで注文した飲み物をテイクアウト。
写真でわかるように椅子やテーブルはありません。




DSCF5091
スターバックス1号店はテイクアウトのみ可能なので、カフェラテのトールサイズを注文して飲み歩きすることに。





シアトルのウォーターフロントをぶらり!


スターバックス1号店のところから下って、ウォーターフロントを歩いてみました。



スターバックス1号店からウォーターフロントまでの道のり。
距離は長くないのですが、坂道になっているので歩くのが案外大変です。




DSCF5042
ウォーターフロントに着きました。
写真に写っている建物の中には高級レストランが入っています。
観覧車もあって多くの観光客で賑わっていました。




DSCF5044
ウォーターフロントの桟橋から、向こう岸の島々を眺めることが出来ます。




DSCF5050
この時期のシアトルの天気は不安定なようで、太陽の光が差し込むところがあれば厚い雲のところもあるといった感じ。




DSCF5112
夕暮れ時のウォーターフロントに大々的なストリートパフォーマンスが繰り広げられました。




DSCF5109
シアトル地元のアマチュアブラスバンドが、日曜日のシアトルを盛り上げます。




DSCF5126
ウォーターフロントのどこで夕食を食べようか歩きまわった結果辿り着いたのはIvar's Fish Bar。
写真右奥の方にはレストラン形態の店もあるのですが、こちらのファストフード形態の方が気軽に入れたので。




DSCF5127
ファストフード形態のIvar's Fish Barで注文したのが、フィッシュアンドチップスならぬ、オイスターアンドチップス9.79米ドル(約1,030円)。
ケチャップとタルタルソースそれぞれ1カップ付き。
牡蠣は小ぶりでしたが濃厚な味で美味しく頂きました!





Part 5へ続く。





シアトル・ポートランド旅行で参考にした書籍はコチラ!






前回Part 3をまだお読みになっていない方は下のリンクをクリック!

アメリカ合衆国シアトル・ポートランドの旅 Part 3-MLBシアトル・マリナーズのホームゲームを観戦してきた!

シアトル2日目のハイライトは野球観戦! Tモバイルパーク(T-Mobile Park)でメジャーリーグベースボール(Major League Baseball, MLB)所属チームであるシアトル・マリナーズ(Seattle Mariners)のホームゲームを観戦してきました! ...

2019/09/09

アメリカ合衆国シアトル・ポートランドの旅 Part 3-MLBシアトル・マリナーズのホームゲームを観戦してきた!

シアトル2日目のハイライトは野球観戦!

Tモバイルパーク(T-Mobile Park)でメジャーリーグベースボール(Major League Baseball, MLB)所属チームであるシアトル・マリナーズ(Seattle Mariners)のホームゲームを観戦してきました!


DSCF4973





リンクライトレールの駅から徒歩でマリナーズの本拠地へ


チケットは試合日の約5ヶ月半前にチケットマスター(Ticketmaster)のウェブサイトで一塁側内野席131.84米ドル(約14,500円)を購入し、iPhoneのWalletアプリで保存。

6年前位にニューヨークでのヤンキースタジアム(Yankee Stadium)以来のメジャーリーグ観戦ということで、ワクワク気分でシアトル・マリナーズの本拠地Tモバイルパークへ。

Tモバイルパークへは、リンクライトレール(Link Light Rail)のずばりスタジアム駅(Stadium)から徒歩で行くのが便利!



DSCF4930
リンクライトレールのスタジアム駅で下車。





リンクライトレールのスタジアム駅からTモバイルパークまでの徒歩ルート




DSCF4933
リンクライトレールのスタジアム駅から数分歩くだけで、どでかいTモバイルパークが目の前に!




DSCF4937
試合開始2時間10分前にTモバイルパーク到着!
入場ゲートのスタッフに、iPhoneのWalletアプリで保存しておいたチケットを読み取ってもらい、晴れて入場!





Tモバイルパークでグッズ購入、グルメ満喫等


Tモバイルパークでのシアトル・マリナーズのホームゲームの試合開始まで1時間10分。

試合が始まる前の間にグッズショップに寄ったり、グルメを満喫したりしました。



DSCF4948
シアトル・マリナーズ本拠地球場のネーミングライツを持っているTモバイル社が、スマートフォンを充電出来るケーブルステーションを設置していました。




DSCF4952
Tモバイルパーク内野三塁側に位置しているマリナーズチームストア




DSCF4953
マリナーズチームストアは観戦客で大混雑!
僕が訪れたような休日昼間のゲームは早めにグッズを買った方が良いです。
僕はエメラルドグリーンのレプリカユニフォームをお買い上げ!




DSCF4955
マリナーズチームストア内に、イチローさんがシーズン最多安打更新した時の写真が飾られていました。




DSCF4958
シアトル・マリナーズの本拠地球場Tモバイルパークでも、ホットドッグをはじめとしたスタジアムグルメショップが数多く営業していました。




DSCF4960
シアトル・マリナーズの本拠地球場Tモバイルパークでの試合前に、最初はホットドッグを食べようかと思っていたのですが、そこは流石太平洋に面しているシアトル、フィッシュアンドチップスも売っていたので、白身魚フライ好きな僕は速攻並んで注文!
近くにあるサーバーでケチャップとマヨネーズかけ放題で、アツアツの白身魚フライとフライドポテトを美味しく頂きました!




DSCF4957
肉や油ギトギトの食べ物は嫌だという方には鼎泰豐もシアトル・マリナーズの本拠地球場Tモバイルパーク内で営業しているのでご安心を!
しかし、日本じゃないのに何故カタカナ表記まであるのだろうか?。。。





シアトル・マリナーズのホームゲーム観戦!


午後1時10分、ついにTモバイルパークでのシアトル・マリナーズのホームゲームがプレーボール!

この日の相手は、以前岩村明憲さんが所属していたタンパベイ・レイズ(Tampa Bay Rays)でした。



DSCF4961
試合開始前のアメリカ国歌斉唱




DSCF4966
もう直ぐ試合開始!




7回裏開始前、メジャーリーグの試合恒例「私を野球場に連れてって(Take Me Out to the Ball Game)」




DSCF4974
8回を終了し、マリナーズに一向に点が入らないので、Tモバイルパークをジオラマ風に撮ってみました(苦笑)。




DSCF4980
マリナーズに点が入らないとは言え、イニング間だけでも盛り上がらないとね!




DSCF4983
結局タンパベイ・レイズ投手陣から点を取れないまま、マリナーズが0-1の完封負けで試合終了。。。
子供対象のベースランニングイベントがあるということで、イベントの様子を見ようとこのまま残ることに。
弱い雨が予想されていたためか、試合中は開いていたTモバイルパークの屋根が、外野から内野に向けて閉まる様を見ることが出来ました!




DSCF4996
Tモバイルパークで子供がベースランニングするのを撮影する親たち。
この日に限っては試合よりベースランニングの方が楽しかったことでしょう!




DSCF5015
ベースランニングイベントを見終えてTモバイルパークの外へ。
菊池雄星投手の図をパシャリ!




DSCF5020
イチローさんの東京ドームでの最後の試合の写真が、早くもTモバイルパークの外壁で使われていました!




Part 4へ続く。





シアトル・ポートランド旅行で参考にした書籍はコチラ!






前回Part 2をまだお読みになっていない方は下のリンクをクリック!

アメリカ合衆国シアトル・ポートランドの旅 Part 2-シアトルを走るリンク・ライト・レールに乗車、ORCAカード購入に挑戦!

アメリカ合衆国ワシントン州のシアトル・タコマ国際空港(Seattle-Tacoma International Airport)に到着。 ワシントン大学(University of Washington)近くのホテルに行くため、公共交通機関のリンクライトレール(Link Light Rail)に乗車することに。 ...

2019/09/04

アメリカ合衆国シアトル・ポートランドの旅 Part 2-シアトルを走るリンクライトレールに乗車、ORCAカード購入に挑戦!

アメリカ合衆国ワシントン州のシアトル・タコマ国際空港(Seattle-Tacoma International Airport)に到着。

ワシントン大学(University of Washington)近くのホテルに行くため、公共交通機関のリンクライトレール(Link Light Rail)に乗車することに。

この電車やシアトルを走るバスの乗車に使えて便利な電子カードのORCAカードを購入したのですが、購入に一苦労でした。。。


DSCF4768





リンクライトレールの駅でORCAカードを買おうとしたけど


飛行機の到着が予定より遅れたり、スーツケースが出てくるのに時間が掛かったりで、時刻は夜11時に。。。

眠気をこらえつつ、シアトル・タコマ国際空港を出て、リンクライトレールの駅へ向かいました。



DSCF4760
シアトル・タコマ国際空港ターミナル1からリンクライトレールの駅へ。




DSCF4761
シアトル・タコマ国際空港ターミナル1からリンクライトレールの駅は思いの外遠く、スーツケースを引きながら一心不乱に早歩きしても5分掛かりました。。。





駅にあった自動券売機で、リンクライトレールやバスの乗車に使えると聞いていたORCAカードを買おうとしたのですが。





間違えて結局普通の片道きっぷ。。。

DSCF4765




シアトルに来る前にちゃんと購入方法を調べておくべきでした。。。


とは言え、今さら嘆いても仕方ないので、ORCAカードの購入は翌朝再びチャレンジすることとして、片道きっぷでホテル最寄りのリンクライトレール終点ワシントン大学駅まで行くことにしました。



DSCF4768
シアトル・タコマ国際空港からリンクライトレールに乗車。




DSCF4773
シアトルと周辺都市を南北に結ぶリンクライトレールの車内。
一部が低床になっています。




DSCF4770
リンクライトレール車内に「KINKISHARYO(近畿車輛)」の文字。
アメリカにある工場で最終組立を行った車両と思われます。


※近畿車輛のウェブページで、リンクライトレール車両の写真が載っているページを見つけました。
 

夢の電車は東へ西へ - 近畿車輌





リンクライトレール駅にある自動券売機でのORCAカード購入にチャレンジ!


翌日の2019年8月11日、シアトル観光を本格的にスタート。

リンクライトレールやバスを自由に乗り降りするべく、リンクライトレールのワシントン大学駅にあった自動券売機で、再度ORCAカード購入にチャレンジ!


DSCF4798
リンクライトレールのワシントン大学駅。
ホームは地下深くにあります。




DSCF4801
リンクライトレールのワシントン大学駅構内にある写真の自動券売機で購入にチャレンジ!




DSCF4802
「Buy a new ORCA card」をタッチ。




DSCF4803
もう一回「Buy a new ORCA card」をタッチ。




DSCF4804
この画面が前日購入出来なかった原因。
この画面でチャージに相当する単語がわからなかったのですが、ORCAカード公式ウェブサイトで確認したところ、画面左側に見える「E-purse(electronic purse)」というのがORCAカードでいうチャージ金額を意味するらしいです。
というわけで「Your E-purse balance(あなたのカードの現在の残額)」欄にある「+ Add money」をタッチ。




DSCF4805
チャージしたい金額をタッチ。
今回は30米ドルを選択。




DSCF4806
ORCAカード購入とチャージ金額を確認して「Pay」をタッチ。




DSCF4807
現金(Cash)若しくはクレジットカード(Credit Card)、好きな支払い方法をタッチ。




DSCF4808
僕は現金を選択し、「COINS」左横の口に硬貨、「BILLS」右横の口に紙幣を投入。




DSCF4809
「レシートは欲しいですか?(Would you like a receipt?)」と聞かれて、僕は「はい(Yes)」をタッチ。





こうして自動券売機の下にある口から。





青いカードとレシートが出て来た!


DSCF4810






出て来たカードを手に取ってみると。





カードに「ORCA」って書いてある!
ORCAカード購入無事成功!

DSCF4811




ORCAは「One Regional Card for All」の略なんですね。

これで安心してリンクライトレールとバスに乗れます!



DSCF4812
リンクライトレール乗車前に、駅構内にある写真の機械を探して、「TAP ORCA HERE(ここにORCAをタッチさせて下さい)」部分にORCAカードを近づけると。




DSCF4813
「PERMIT TO TRAVEL(乗車承認)」と表示されて、自動的に運賃が引かれてリンクライトレール乗車可能に!
これをしないと、巡回している抜き打ち職員から罰金を取られるので注意。




DSCF4814
ORCAカードで無事にワシントン大学駅からリンクライトレールに乗車出来ました!




DSCF4815
リンクライトレールのウェストレイク駅(Westlake)で下車。




DSCF4824
リンクライトレールのウェストレイク駅から歩いて、有名な市場のパイクプレイスマーケット(Pike Place Market)に辿り着くことが出来ました!





Part 3へ続く。




シアトル・ポートランド旅行で参考にした書籍はコチラ!





前回Part 1をまだお読みになっていない方は下のリンクをクリック!

アメリカ合衆国シアトル・ポートランドの旅 Part 1-エバー航空でシアトルへ、桃園国際空港内のPLAZA PREMIUM LOUNGEを比較してみた!

今回の旅行でアメリカ合衆国訪問5度目となったタケオです! アメリカでスポーツ観戦と自然を楽しむ目的で、人生5度目のアメリカ訪問での主な行先は、ワシントン州シアトルとオレゴン州ポートランドに決定。 エバー航空(EVA Air)に搭乗し、台湾の桃園国際空港(桃園國際機場)乗り継ぎでシアトル・タコマ国際空港(Seattle-Tacoma International Airport)へ向かいました。