ad1

2019/11/03

写真ギャラリーウェブサイト『Takeography』を立ち上げました!

写真の持つ力に魅力を感じ始めているタケオです。

この度本ブログに加えまして、僕の撮影した写真に特化したウェブサイト『Takeography』を立ち上げたことをお知らせします!


IMG-0147






『Takeography』立ち上げのきっかけ


下の記事の通り、僕は今から約2年半前にキヤノン社一眼レフカメラEOS Kiss X7iから富士フイルム社ミラーレスカメラX-T2に乗り換えました。


キヤノンEOS Kiss X7iから富士フイルムX-T2に乗り換えて4ヶ月半、感じたことを書いてみた!

レンズ交換式カメラ使用歴約3年8ヶ月のタケオです...






今年2019年始め辺りからは同社X-Pro2に切り替えましたが、旅行時には必ず富士フイルム社ミラーレスカメラ、そして別途購入したリコー社コンパクトデジタルカメラGR IIIを持ち歩いて写真を撮っています。


富士フイルムミラーレスカメラ使用歴1年1ヵ月、X-T2からX-Pro2へ、ズームレンズから単焦点レンズへ!

この1年間今までになく写真にはまっているタケオです。...





リコーGR III購入しました! Part 1 - パナソニックLX100M2からリコーGR IIIに乗り換えるまでの経緯

これまで一番カメラにお金を掛けているタケオです(汗)。...





その中でこれまでにはなかったある変化が生まれました。




「記録」としてだけでなく、「現代社会を映す」写真を撮るようになってきた。




前は、「ついにここにやって来た」とか「ここに行ってきた」ことを示すための写真を多く撮っていました。

その一方で、ここ最近の旅行先での写真を見返すと、現地の人々が見せる温かみ・一生懸命さをスナップショットとして撮った写真が増えていることに気付いたのです。

そして、これに加えて。




写真を撮る上で必要な基礎知識が身に付いた。




キヤノンEOS Kiss X7iを使っていた際は、所持していたカメラが所謂エントリーモデルということもあり、殆どプログラムオート、つまり写真の明るさを決めるシャッタースピード・絞り・ISO感度を全てカメラに任せる形で撮影していました。

でも富士フイルムX-T2ではこの3要素を全て独立で設定する必要があったことで、明るすぎず暗すぎず、思い通りの明るさで撮るにはどうすれば良いかを(レンズ交換式カメラを持ち始めてからやっとのことで?)勉強して理解することが出来ました。

さらに様々な写真講座に参加したことで、講師の方々のアドバイスを頂けたことも、写真撮影を身に付ける上での助けになりました。

この約2年半の間に旅行先で多くの写真を撮りためることが出来たこと、基礎知識が身に付いたことで他の人に見せても恥ずかしくない写真が撮れているという自信を得たことで、写真を通して自分の想いを伝えたい、そしてそのためには、別に新たにウェブサイトを作ってギャラリーのような形でお見せするのが良いのではないかと考え、『Takeography』を立ち上げることにしました。





おわりに


本ブログ『タケオトラベラー』は、海外旅行での訪問先や役立つ情報をお伝えするべく、これまで通り海外旅行の度に更新していく予定です。

『Takeography』は本ブログとは違ってWordpressで作成していまして、写真と共にまだまだ勉強中ではありますが、写真を通して僕の想いが伝わればと思っています。

これからも変わらずご愛顧のほどよろしくお願いします!


『Takeography』リンクはこちら。
https://takeography.com/


2019/10/14

アメリカ合衆国シアトル・ポートランドの旅 Part 11-シアトル・タコマ国際空港のラウンジThe Club at SEA利用、エバー航空便で成田国際空港へ

とうとうアメリカとお別れの日。。。

シアトル・タコマ国際空港(Seattle Tacoma International Airport)にて、プライオリティパス(Priority Pass)所持者が使えるラウンジThe Club at SEAを利用。

シアトル・タコマ国際空港からエバー航空(EVA Air)便に搭乗、台湾の桃園国際空港(桃園國際機場)経由で成田国際空港に帰国です。


DSCF6350





シアトル・タコマ国際でチェックイン


シアトル・タコマ国際空港へは、サウンドトランジット(Sound Transit)が運営する公共交通機関リンクライトレール(Link Light Rail)で!

事前にシアトル・タコマ国際空港にてプライオリティパスが使えるラウンジがあることを知り、余裕を持って空港に向かうことにしました。



DSCF6314
リンクライトレールでシアトル・タコマ国際空港の最寄り駅シータック空港駅(SeaTac/Airport Station)に到着!




DSCF6316
エバー航空便のチェックインはTicket Counter 1で行われるのですが、リンクライトレールの駅から一番遠い。。。




DSCF6323
リンクライトレールの駅からシアトル・タコマ国際空港のチェックインカウンターまで辿り着くのに15分程掛かりました。。。




DSCF6325
チェックイン手続き開始時間が出発予定時刻4時間10分前の午後9時半にもかかわらず結構人が並んでいたので、僕も列に加わることに。




DSCF6326
シアトル・タコマ国際空港でスーツケースを預けるだけで30分掛かりました。。。
シアトル・タコマ国際空港には早めに空港に着いておいた方が良いと思います。




DSCF6329
シアトル・タコマ国際空港での荷物検査にもかなりの搭乗客が。




DSCF6330
シアトル・タコマ国際空港での荷物検査はそれなりの時間が掛かったものの、他の外国のような出国審査がないので、荷物検査の列に並んでから15分位で出発ターミナルまで辿り着くことが出来ました。





シアトル・タコマ国際空港のラウンジThe Club at SEAを利用


エバー航空BR3便の出発予定時刻まで3時間20分とまだまだ余裕あり。

搭乗口であるS15のあるエリアに、プライオリティパスで入れるThe Club at SEAがあると聞き、BR3便搭乗まで利用してみることにしました。



DSCF6335
シアトル・タコマ国際空港で、チェックインカウンターや手荷物検査場があったエリア(Aが付く搭乗口のエリア)からSouth Train Loopに乗って、S15のあるエリアに向かいます。




DSCF6336
シアトル・タコマ国際空港のSouth Train Loop乗車。




DSCF6345
シアトル・タコマ国際空港のSouth Train LoopでSが付く搭乗口のあるエリアに到着!




DSCF6348
搭乗口S8とS9の間にThe Club at SEAがあるようです。





地図の通りS8とS9の中間辺りに行ってみると。





The Club at SEA見っけ!

DSCF6350



ラウンジの入口でスタッフにプライオリティパスを見せ、The Club at SEAの中に入りました。



DSCF6352
The Club at SEAの落ち着きのある空間




DSCF6353
The Club at SEAには明るめの照明のエリアもあります。
無料Wi-Fiも速度は良好で、ストレスなくインターネットを利用出来ました(とは言えラウンジ独自ではなく空港共通のWi-Fiではありますが。。。)。




DSCF6357
シアトル・タコマ国際空港The Club at SEAでの食事その1、サラダ類




DSCF6356
シアトル・タコマ国際空港The Club at SEAでの食事その2、クッキー・ケーキ類




DSCF6359
シアトル・タコマ国際空港The Club at SEAでの食事その3、お菓子類。
良かれ悪かれ色のカラフルさが流石アメリカ。




DSCF6361
シアトル・タコマ国際空港The Club at SEAでの食事その4、なんとカップヌードルまで!




DSCF6362
これは食べたいと思ってカップヌードルを口に運んだら、「あれっ、味が薄く感じる。何で?」。
ウェブで調べてみたら、アメリカで販売されているカップヌードルは日本のとは違うらしいことがわかりました。
別途ポットとして用意されていたチキンヌードルスープ(写真右下)の方が美味しかったです(笑)。





エバー航空BR3・BR184便で成田国際空港へ


シアトル・タコマ国際空港のラウンジThe Club at SEAで寛いだ後は、ついにアメリカを離れる時間。

エバー航空BR3便で台湾の桃園国際空港へ、次いでBR184便で成田国際空港へ向かいました。



DSCF6369
シアトル・タコマ国際空港S15搭乗口からエバー航空BR3便に搭乗。




DSCF6370
エバー航空BR3便の使用機材はボーイングB777-300ER型機で、エコノミークラスの座席配列は3+4+3。




DSCF6371
エバー航空BR3便離陸後の機内食は魚か鶏肉のグリルということでしたが、シアトル・タコマ国際空港のラウンジである程度食べていたのと、時間帯が深夜で胃を休ませたかったので、この機内食はパスして直ぐ眠りにつきました。
といっても深い眠りにはつけませんでしたが。




DSCF6378
エバー航空BR3便着陸前の機内食はしっかり頂きました。
オムレツにハムとシンプルですが、味がしっかりしていたので十分満足でした。




DSCF6379
日付変わって2019年8月17日の朝4時20分頃、エバー航空BR3便が桃園国際空港に到着!




DSCF6382
次に搭乗するエバー航空BR184便の出発まで3時間25分。
それまでプライオリティパスで利用出来るプラザプレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)で一休みしました。



桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジについては、Part 1をご覧下さい!!

アメリカ合衆国シアトル・ポートランドの旅 Part 1-エバー航空でシアトルへ、桃園国際空港内のPLAZA PREMIUM LOUNGEを比較してみた!

今回の旅行でアメリカ合衆国訪問5度目となったタケオです! アメリカでスポーツ観戦と自然を楽しむ目的で、人生5度目のアメリカ訪問での主な行先は、ワシントン州シアトルとオレゴン州ポートランドに決定。 エバー航空(EVA Air)に搭乗し、台湾の桃園国際空港(桃園國際機場)乗り継ぎでシアトル・タコマ国際空港(Seattle-Tacoma International Airport)へ向かいました。




DSCF6389
桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジで寛いだ後、エバー航空BR184の出発ゲートC5Rへ。




DSCF6392
チケットのバーコードをチェック後、バスで飛行機に向かいます。




DSCF6397
タラップでエバー航空BR184便に搭乗!
使用機材はエアバスA321-200型機。




DSCF6401
エバー航空BR184便が桃園国際空港をテイクオフ!




DSCF6403
エバー航空BR184便では機内食が1回提供されました。
メインは衣付きシーフードに醬油ベースの餡をかけた料理でしたが、食感や味は微妙。。。
BR183便の時の方が良かったな。




DSCF6406
エバー航空BR184便が式根島・新島上空を通過!
成田国際空港までもう少し。




DSCF6412
エバー航空BR184便が無事成田国際空港に着陸!




DSCF6417
入国審査・税関申告を終えて、成田国際空港の到着エリアに辿り着きました。
ありがとうエバー航空!





今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!




シアトル・ポートランド旅行で参考にした書籍はコチラ!






前回Part 10をまだお読みになっていない方は下のリンクをクリック!

アメリカ合衆国シアトル・ポートランドの旅 Part 10-ポートランドからアムトラック列車でシアトルへ、シアトルの寿司レストランで握り寿司を食す!

2019年8月16日、ついにアメリカ最終日。 シアトルからオレゴン州ポーランドに来た時と同じ、アメリカ内で長距離列車等を運行しているアムトラック(Amtrak)のカスケード(Cascades)という列車 に乗車してポーランドからシアトルへ。 アメリカを離れる前にシアトルの日本食クオリティーを確かめたく、寿司レストランで握り寿司を実食です!

2019/10/10

アメリカ合衆国シアトル・ポートランドの旅 Part 10-ポートランドからアムトラック列車でシアトルへ、シアトルの寿司レストランで握り寿司を食す!

2019年8月16日、ついにアメリカ最終日。

シアトルからオレゴン州ポーランドに来た時と同じ、アメリカ内で長距離列車等を運行しているアムトラック(Amtrak)のカスケード(Cascades)という列車に乗車してポーランドからシアトルへ。

アメリカを離れる前にシアトルの日本食クオリティーを確かめたく、寿司レストランで握り寿司を実食です!


DSCF6308




ポートランドからアムトラックのカスケードでシアトルへ


下の記事で書いたような、シアトルからポートランドに来る時にアムトラック乗車で大失敗した同じ轍は踏まぬと、しっかり出発予定時刻1時間前に出発駅であるポーランド・ユニオン駅(Portland Union Station)に到着。

スーツケースを預けて、アメリカに来る前に予約していたカスケードのコーチシート(Coach Seat、JRの指定席や自由席に相当)無事乗車出来ました!



アメリカ合衆国シアトル・ポートランドの旅 Part 7-アムトラック乗車で大失敗、何とかポートランドに着いてHopカード購入!

2019年8月14日、アメリカ5日目は、シアトルからオレゴン州北部の都市ポートランドへ。 アメリカ内で長距離列車等を運行しているアムトラック(Amtrak)の列車で行こうとしましたが、予想もしなかった事態発生。。。 それでも何とかポートランドに着いて、ポートランドでの路面電車・バス乗車に使えるHopカードを購入しました。...



DSCF6227
ポーランド・ユニオン駅構内の荷物室(BAGGAGE RM)でスーツケースを預けました。




DSCF6221
ポートランド・ユニオン駅構内のこちらの窓口で、カスケードの座席取り。




DSCF6232
アムトラック・カスケードの座席獲得!




DSCF6231
出発予定時刻25分前に改札開始。




DSCF6235
アムトラックのカスケード。
客車を引っ張るのは、ディーゼルエンジンの燃焼運動で動かした発電機から生まれる電力をモーターに伝えることで走る電気式ディーゼル機関車。
独シーメンス社(Siemens)製チャージャー(Charger)というモデル。




DSCF6240
アムトラック・カスケードに連結されている、預け荷物専用の客車に、スーツケースが詰め込まれます。




DSCF6244
アムトラック・カスケードの客車車内




DSCF6245
アムトラック・カスケードの客車通路扉近くには、荷物置きスペースがあります。




DSCF6260
ポートランド・ユニオン駅を出発したアムトラック・カスケードは、コロンビア川(Columbia River)を渡ってオレゴン州とお別れ。




IMG_0544[1]
スマートフォンのWi-Fi設定で「Amtrak-WiFi」をタップして。




IMG_0545[1]
ログイン画面で「ACCEPT & CONNECT」をタッチすると。




IMG_0546[1]
進行アムトラックのカスケードの車内でWi-Fiを利用することが出来ました。
但し、Wi-Fi自体の速度があまり速い方ではないので、スマートフォンで調べ物をする位で留めた方が良いと思います。




DSCF6262
進行方向左側にボーイング社関連施設が見えたら、シアトルのキングストリート駅まであと少し。





オレゴン州ポーランドを出発してから3時間半弱で。





シアトルのキングストリート駅(King Street Station)に帰還!


DSCF6271





このカスケード、更に国境を越えてカナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーまで向かうそう!

いつかアメリカとカナダの列車での国境越えもやってみたい!



DSCF6268
アムトラックのカスケードから預け荷物がキングストリート駅構内の荷物室に運ばれます。




DSCF6272
シアトル・キングストリート駅構内の「BAGGAGE」向こう側にあるターンテーブルでスーツケースを受け取り。
何回も言いますが、本当に飛行機国内線搭乗と変わらない感覚。。。





シアトルの寿司レストランで握り寿司を食す!


シアトルに無事着けたのは良いものの、シアトル・タコマ国際空港発の飛行機に乗るまであと7時間。。。

そこで、キングストリート駅近くに良いレストランがないか探したところで見つけたのが寿司レストラン!

日系人が比較的多いシアトルの寿司レストランとはどのようなものか探ってみることにしました。



DSCF6293
リンクライトレール(Link Light Rail)国際エリア・中華街駅(International District/Chinatown Station)の東に位置する中華街に寿司レストランはあります。
中華街は日本でもお馴染みの写真の門構えが目印。





リンクライトレール国際エリア・中華街駅から中華街の門方向に歩いて直ぐのところにあるのが。





MUSASHI'S SUSHI & GRILL


DSCF6297





もう直ぐ日本に帰国というのに日本食はどうかというのもありましたが、アメリカでどのくらい本格的な寿司が食べられるのかという興味の方が上回り(笑)、早速入ってみることに。



DSCF6300
シアトルの寿司レストランMUSASHI'S SUSHI & GRILLの店内。
握り寿司とちらし寿司はちょっと高めだけど、巻き寿司は(海外で食べるにしては)案外リーズナブルな印象。




DSCF6307
寿司レストランだとお茶を無料で飲めるのは良いね!




DSCF6306
寿司の前に味噌汁1.5米ドル(約160円)を頂き!





そして、ついに待ちに待った。





握り寿司13.95米ドル(約1,470円)登場!


DSCF6308





早速口に運ぶと。





いや~めっちゃ美味しい!!


DSCF6309





巻き寿司4個・握り寿司7個で日本円換算1,500円近くというのは少々高めではありますが、そんなことを忘れてしまうくらい、ネタがしっかり処理されている上にご飯も丁度良い硬さで大満足!


満席になるのも頷けます!


シアトルで肉やパンに飽きてきたら、MUSASHI'S SUSHI & GRILLの寿司はおススメです!





Part 11へ続く。





シアトル・ポートランド旅行で参考にした書籍はコチラ!






前回Part 9をまだお読みになっていない方は下のリンクをクリック!

アメリカ合衆国シアトル・ポートランドの旅 Part 9-ポートランドからバスでコロンビア渓谷へ!

2019年8月15日、アメリカ6日目はオレゴン州ポーランドからの日帰り旅行。 ポーランドからバスで行けるコロンビア渓谷(Columbia Gorge)で、オレゴン州北部 の自然を満喫です! ポートランドから路面電車・バスでマルトノマ滝へ ...