ad1

2018/11/06

海外ホテルレビュー ‐ ラバトのホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザード(Hotel Mercure Rabat Sheherazade)

海外旅行好きのタケオです。

大西洋沿岸に位置し、古き良き雰囲気を残すメディナ(Medina)等がユネスコ世界遺産に登録されているモロッコの首都ラバト(Rabat)。

この地で、2018年8月14日~15日の1泊2日で宿泊したホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザード(Hotel Mercure Rabat Sheherazade)をレビューします。


DSCF5429





路面電車停留所から徒歩7分程のところにあるホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザード


ホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードは、路面電車ハッサン塔停留所(Tour Hassan)から徒歩7分程のところにあるビジネスホテル。

世界規模で展開しているアコーホテルズ(Accor Hotels)が経営しています。

ハッサン停留所からホテルまでの道のりは複雑ではないので、スマートフォンでGoogleマップとGPS機能を使いながら辿り着くことが出来ました。



DSCF5437
ホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードの最寄であるラバト路面電車ハッサン塔停留所




DSCF5428
セフル通り(Rue Sefrou)を道なりに歩きます。




DSCF5429
路面電車ハッサン塔停留所から徒歩7分程でホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードに到着しました!




路面電車ハッサン塔停留所からホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードまでの道のり(青点線)





日本のビジネスホテル感覚で宿泊出来るホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザード


僕が宿泊したホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードのスタンダードルームは、日本のビジネスホテルでも見られるような部屋といった印象。

マラケシュで宿泊したリヤドRiad Jardin Des Rêvesのモロッコらしさとはかけ離れますが、これはこれでちゃんとしたホテルという安心感がありました。



DSCF5431
ホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードのスタンダードルーム。
典型的なビジネスホテルの部屋といった印象。




DSCF5432
ホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードのスタンダードルームのシャワールーム。
ガラス状の仕切りが備わっています。






暗号化Wi-Fiの速度が速いホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザード


ホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードのスタンダードルームではWi-Fiを利用することが出来ました。

暗号化されているだけでなく速度も速い、流石アコーホテルズのホテルです!






ホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードの朝食は欧米バイキングスタイル


ホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードでは1階で朝食を頂きました

欧米バイキング形式なので可もなく不可もなくという感じですが、口に合う合わないの不安なく食べられるのは良かったです。



DSCF5571
ホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードの朝食会場




DSCF5568
ホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザード朝食バイキングのパン類。
主に食パン系とクロワッサン系が用意されていますが、焼き立てではありません。




DSCF5566
ホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザード朝食バイキングのサラダ、ハム等。
個人的には、市販であれヨーグルトがあるのは有難かったです。





まとめ:ホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードは安定した質・サービスで安心して過ごせるビジネスホテル


ラバトのホテルメルキュール・ラバト・シェヘラザードでの宿泊の印象をまとめてみました


1. 路面電車+徒歩で簡単にアクセス出来る
2. 典型的なビジネスホテル
3. Wi-Fiは暗号化されていて、ストレスを感じさせない速度
4. 朝食は欧米バイキング形式で可もなく不可もなし




そして、個人的に良いなと思ったのが。




ホテルの向かい側にミニスーパーマーケットがある!

DSCF5430



IMというこの店はトルコを本拠に置く会社のスーパーマーケットチェーンらしいのですが、この店舗の実際の規模としては、日本の都市部によく見られる、主に大手流通企業が展開するものに近いです。

曜日によって変わるかも知れませんが、僕が泊まった火曜日は夜10時まで開いてましたので、夜遅くまでスナックやドリンク系を手軽に買えて、とても重宝しました!

これからラバトに宿泊予定の方は是非参考にして下さい。




ラバトのホテル選びには、コチラの書籍もご参考に!