ad1

2016/11/15

韓国最新政治事情‐JTBCによる「崔順実ゲート」疑惑拡大から、朴槿恵大統領退陣要求26万人大規模集会に至るまでの経緯を整理!

こんにちは、韓国政治の混乱を憂うタケオです。
韓国の朴槿恵(박근혜、パク・クネ)大統領の政権運営への、青瓦台(日本の首相官邸に相当)とは無関係の一民間人である崔順実(최순실、チェ・スンシル)氏関与疑惑、所謂「崔順実ゲート(최순실 게이트)」が韓国全体に波及して以降、朴大統領はこれまでにない危機に陥っています。
今回は疑惑拡大から11月13日までの経緯を整理してみたいと思います。


目次
1. 契機は朴槿恵大統領演説文に関するJTBCのスクープ
2. JTBCの「崔順実ファイル」入手ルートは?
3. 朴槿恵大統領 演説文の崔順実への漏洩を認め「対国民謝罪」
4. 「崔順実ゲート」 経済・芸術・芸能・スポーツ界にも波及
5. 崔順実をはじめとした疑惑渦中の人物逮捕・拘束
6. 朴槿恵大統領 「対国民談話」にて謝罪、検察の捜査を容認するも、辞任は拒否
7. ソウル中心部で朴槿恵大統領退陣要求26万人大規模集会開かれる
8. 野党は退陣要求、与党の非主流派からも弾劾訴追の声
9. 終わりに‐これからの展開は?


契機は朴槿恵大統領演説文に関するJTBCのスクープ



JTBC2016年10月24日配信「【スクープ】崔順実所持パソコンファイル入手 大統領演説前に演説文受け取っていた([단독]최순실 PC 파일 입수…대통령 연설 전 연설문 받았다)」の中で以下のように伝え、朴槿恵大統領の演説文が、演説前に一民間人である崔順実氏に漏洩されていたと報道しました。


최순실 씨 사무실에 있던 PC에 저장된 파일들입니다.
각종 문서로 가득합니다.
파일은 모두 200여 개에 이릅니다.
그런데 최 씨가 보관 중인 파일의 대부분이 청와대와 관련된 내용이었습니다.
崔順実氏の事務室に置かれていたパソコンに保存されたファイルです。
各種の文書でいっぱいです。
ファイルは全200余りに及びます。
崔氏が保管中のファイルの大部分は、青瓦台と関連した内容でした。


취재팀은 특히 "최 씨가 대통령 연설문을 수정했다"는 최 씨의 측근 고영태 씨의 진술과 관련해 연설문에 주목했습니다.
최 씨가 갖고 있던 연설문 또는 공식 발언 형태의 파일은 모두 44개였습니다.
대선 후보 시절 박 대통령의 유세문을 비롯해 대통령 취임 후 연설문들이 들어있었습니다.
그런데 최 씨가 이 문건을 받아 열어본 시점은 대통령이 실제 발언했던 것보다 길게는 사흘이나 앞섰습니다.
取材班は「崔氏が大統領演説文を修正した」という崔氏の側近コ・ヨンテ氏の証言と関連し、演説文に注目しました。
崔氏が持っていた演説文又は公式発言の形のファイルは全部で44個。
大統領候補だった当時朴大統領の遊説をはじめ、大統領就任後の演説文が入っています。
しかし、崔氏がこのファイルを受け取って開いた時期は、大統領が実際に発言した時より長くて4日も前のことでした。


상당수 대통령 연설문이 사전에 청와대 내부에서도 공유되지 않는다는 점을 감안하면 연설문이 사전에 청와대와 무관한 최 씨에게 전달됐다는 사실은 이른바 '비선실세' 논란과 관련해서 큰 파장을 낳을 것으로 보입니다.
相当数の大統領演説文が事前に青瓦台内部にも共有されていないことを考慮すると、演説文が事前に青瓦台と無関係である崔氏に渡っていたという事実は、所謂「秘線実勢」疑惑と関連し、大きな波紋を呼びそうです。


JTBCの「崔順実ファイル」入手ルートは?



JTBCはどのようにして崔順実氏所持パソコンを入手したのでしょうか。
JTBC記者は2016年10月24日配信「問題の崔順実ファイル このように入手した!経緯公開(문제의 '최순실 파일' 이렇게 입수했다…경위 공개)」で以下のように説明しています。


저희 취재팀은 사건 초기부터 최순실 씨가 이번 사건의 핵심으로 볼 만한 단서를 여럿 잡고 최 씨의 행적을 추적했습니다.
최 씨는 곳곳에 사무공간을 갖고 있었는데요.
대부분이 최 씨와 최 씨 측이 황급히 이사를 가고 아무 것도 남아 있지 않은 상태였습니다.
私たち取材班は崔順実氏が核心人物とみて、崔氏の行動を追跡しました。
崔氏は至る所に事務室を所有していますが、大部分は崔氏と関係者が慌てて引っ越ししようとしていて、何も残っていない状態でした。


그런데 그 곳 가운데 한 곳에서 최 씨 측이 건물 관리인에게 처분해달라고 하면서 두고 간 짐들이 있었습니다.
양해를 구해서 그 짐을 확인하는 과정에서 최 씨의 PC를 발견했습니다.
しかし、その中の一つの事務所で、崔氏関係者が建物の管理人に処分を頼んで置いて行った荷物がありました。
了解を得てその荷物の中身を確認していた過程で、崔氏のパソコンを発見したというわけです。


저희는 그 PC에서 이처럼 청와대 자료가 무더기로 들어있는 사실을 확인했습니다.
그때부터 관련 내용을 취재해서 오늘 보도한 내용들을 모두 확인할 수 있었습니다.
私たちはそのパソコンで青瓦台資料が多く保存されている事実を確認しました。
その時から関連内容を取材したため、本日報道した内容を全て確認することができました。


朴槿恵大統領 演説文の崔順実への漏洩を認め「対国民謝罪」



JTBCがスクープ報道を行った翌日の10月25日、朴槿恵大統領は自身が演説する前に崔順実氏に文面を見せたことを認めた上で、韓国国民に向けて以下のように謝罪しました。
以下は韓国国民に向けての「対国民謝罪(대국민 사과、テクンミンサグァ)」の内容の一部です。


※参考リンク
ソウル経済新聞2016年10月25日配信「朴槿恵対国民謝罪「崔順実から一部演説文の表現でアドバイスもらった」(박근혜 대국민 사과 "최순실, 일부 연설문 표현 도움받아")」


최순실 씨는 과거 제가 어려움을 겪을 때 도와준 인연으로 지난 대선 때 주로 연설, 홍보 분야에서 저의 선거운동이 국민에게 어떻게 전달되는지에 대해 개인적 의견이나 소감을 전달해주는 역할을 했습니다.
崔順実氏は過去私が大変な時期を過ごした時に助けてくれた縁で、前回の大統領選挙時に演説・広報分野で、私の選挙活動が国民にどのように伝わるかについて個人的意見や感想を述べてくれました。

일부 연설문이나 홍보물도 같은 맥락에서 표현 등에서 도움을 받은 적이 있습니다.
취임 후에도 일정 기간에는 일부 자료에 대해 의견을 들은 적도 있으나, 청와대 및 보좌체제가 완비된 이후에는 그만뒀습니다.
一部演説文や広報物も同じように表現などアドバイスを受けました。
就任後にも一定期間一部資料に対する意見を聞いていましたが、青瓦台及び補佐体制が整った後には、こういったことは止めました。


저로서는 좀 더 꼼꼼하게 챙겨보고자 하는 순수한 마음으로 한 일인데 이유 여하를 막론하고 국민 여러분께 심려를 끼치고, 놀라고, 마음 아프게 해드린 점을 송구스럽게 생각합니다.
국민 여러분께 깊이 사과드립니다.
私としては、もっと詳細に業務を遂行しようという純粋な気持ちで行ったことではありますが、いかなる理由であれ国民の皆様にご心配をお掛けし、驚かせ、心を痛めてしまったことに関して申し訳なく思っています。
国民の皆様に対して深く謝罪致します。




「崔順実ゲート」 経済・芸術・芸能・スポーツ界にも波及



JTBCのスクープを前後し、他の放送局も含めて報道合戦が繰り広げられ、朴槿恵大統領の演説文漏洩以外にも崔順実氏周辺で主に以下のような疑惑が浮上しました。


1. 財団法人ミル・Kスポーツ財団「私物化」
韓国文化芸術ブランド育成と、スポーツを通じての健全な社会作りのために設立されたという、財団法人ミル(재단법인미르)とKスポーツ財団(K스포츠재단)の運営に関し、崔順実氏と安鐘範(안종범、アン・ジョンボム)元青瓦台政策調整主席秘書官が大企業に対して該当財団に出資金を出すよう強要した疑い


2. サムスン電子、崔順実氏娘の乗馬選手としての育成のために資金援助
大韓乗馬協会(대한승마협회)の会長社であるサムスン電子株式会社(삼성전자주식회사)が、崔順実氏の娘である鄭維羅(정유라、チョン・ユラ)の乗馬選手としての援助のため、崔氏がドイツ内で運営しているヴィデックスポーツ社(WIDEC SPORTS)に約35億ウォンの資金援助疑惑


3. チャ・ウンテクCM監督 青瓦台人物を通じて広告制作権不正獲得
崔順実氏と関係の深かったチャ・ウンテク(차은택)CM監督が、安鐘範(안종범、アン・ジョンボム)前青瓦台政策調整主席秘書官と共謀して、大手通信会社KTに自身の側近を送り込んだ上で、崔氏が実所有する広告会社をKTの広告代行社として選ぶよう強要した疑い


※参考リンク
SBS2016年10月19日配信「「双子財団」ミル・Kスポーツ 一目でわかる関係図('쌍둥이 재단' 미르·K스포츠…한눈에 보는 관계도)」
聯合ニュース2016年11月7日配信「「鄭維羅特権」波紋に動揺する乗馬協会('정유라 특혜 지원' 파문에 쑥대밭 된 승마협회(종합))」
ハンギョレ新聞2016年11月11日配信「『崔順実ゲート』核心人物チャ・ウンテク拘束(‘최순실 게이트’ 핵심인물 차은택 구속)」


崔順実をはじめとした疑惑渦中の人物逮捕・拘束



崔順実氏に関する数々の疑惑が浮かび上がる中の10月31日、検察は崔氏の逮捕に踏み切りました。
また、安鐘範氏とチャ・ウンテク氏もそれぞれ11月2日と8日に検察に逮捕されています。


※参考リンク
ハンギョレ新聞2016年11月1日配信「検察 崔順実氏緊急逮捕「証拠隠滅・逃走を憂慮」(검찰, 최순실 긴급체포 “증거인멸·도주 우려”)」で以下のように伝えられています。
MBC2016年11月3日配信「安鐘範緊急逮捕 崔順実は今日拘束令状実質審査(안종범 긴급체포, 최순실 오늘 영장실질심사)」
SBS2016年11月9日配信「崔順実氏側近チャ・ウンテク逮捕 敏感な質問には答えず('최순실 측근' 차은택 체포…민감한 질문은 회피)」


朴槿恵大統領 「対国民談話」にて謝罪、検察の捜査を容認するも、辞任は拒否



崔順実氏という、政界とは全く無関係の一民間人の国政介入疑惑に、国民の政権に対する不信感が強まる中、11月4日、朴槿恵大統領は「対国民談話」にて、韓国国民に向けて2回目の謝罪をしました。
その中で朴大統領は、検察の捜査に協力すること、しかし政治運営に空白が生まれてはならないとして、大統領職の辞任は考えていないことを明らかにしました。
以下はその「対国民談話」の一部です。


※参考リンク
聯合ニュース2016年11月4日配信「朴槿恵大統領 崔順実関連疑惑で対国民談話」(박근혜 대통령, 최순실 파문 대국민담화)」では


저는 이번 일의 진상과 책임을 규명하는 데 있어서 최대한 협조하겠습니다.
이미 청와대 비서실과 경호실에도 검찰의 수사에 적극 협조하도록 지시했습니다.
필요하다면 저 역시 검찰의 조사에 성실하게 임할 각오이며 특별검사에 의한 수사까지도 수용하겠습니다.
私は今回の件で真実と責任所在を究明することに最大限協力します。
既に青瓦台秘書室と警護室にも、検察の捜査に積極的に協力するよう指示しました。
必要であれば私も検察の調査に誠実に臨む覚悟であり、特別検査による捜査も受ける所存です。


지금 우리 안보가 매우 큰 위기에 직면해 있고 우리 경제도 어려운 상황입니다.
국내외의 여러 현안이 산적해 있는 만큼 국정은 한시라도 중단되어서는 안 됩니다.
대통령의 임기는 유한하지만, 대한민국은 영원히 계속되어야만 합니다.
더 큰 국정혼란과 공백 상태를 막기 위해 진상규명과 책임추궁은 검찰에 맡기고 정부는 본연의 기능을 하루속히 회복해야만 합니다.
現在我が国の安保が大きな危機に直面し、経済も厳しい状況です。
国内外の様々な懸案が山積し、政治運営は一時も中断してはなりません。
大統領の任期は有限ですが、大韓民国は永遠に続いていかなければなりません。
更に大きな混乱と空白期間が生まれることを防ぐため、真実究明と責任追及は検察に任せ、政府は本来の機能を一日も早く回復させなければなりません。


국민들께서 맡겨주신 책임에 공백이 생기지 않도록 사회 각계의 원로님들과 종교지도자분들 여야대표님들과 자주 소통하면서 국민 여러분과 국회의 요구를 더욱 무겁게 받아들이겠습니다.
다시 한 번 국민 여러분께 깊이 머리 숙여 사죄드립니다.
国民の皆様が託して下さった責任に空白が生まれないよう、各界代表者・宗教指導者・与野党代表と連携を取りながら、国民の皆様と国会の要求を真摯に受け入れいます。
今一度、国民の皆様に深く頭を下げて謝罪申し上げます。




ソウル中心部で朴槿恵大統領退陣要求26万人大規模集会開かれる



朴槿恵大統領は2回も謝罪したにもかかわらず、その中に疑惑に対する自身の関与を詳細に語らず、辞任も明言しなかったことで、韓国国民の不満が頂点に達し、11月5日と11月12日にはソウル特別市(서울특별시)の中心部にある光化門広場(광화문광장、クァンファムンクァンジャン)にて朴大統領退陣要求大規模集会が開かれました。


特に、11月12日に行われた大規模集会では、ソウルだけでなく全国各地から人が集まり、警察発表で26万人(主催者側発表100万人)もの人が参加し、規模としては1987年に起きた民主化運動、所謂6月抗争(6월항쟁)以来最大規模となりました。


※参考リンク
東亜日報2016年11月12日配信「「朴槿恵退陣」100万人の市民 巨大な波ソウル都心を覆いつくす(“박근혜 퇴진” 100만 시민 거대한 물결, 서울 도심 뒤덮어…)」ではにあるように、


野党は退陣要求、与党の非主流派からも弾劾訴追の声



野党の共に民主党(더불어민주당)・国民の党(국민의당)・正義党(정의당)は、朴槿恵大統領に対して退陣を要求しています。


また、与党であるセヌリ党(새누리당)の中でも、朴大統領と距離を置く非主流派「非朴系(비박계)」から弾劾訴追に掛けるべきだとの声が強まっている一方、朴大統領に近い「親朴系(친박계)」は与野党合意の上で国務総理(국무총리、日本の首相に相当)を任命する「中立内閣(중립 내각)」を作ることを主張しており、セヌリ党は党内分裂の様相を呈しています。


※参考リンク
KBS2016年11月14日配信「退陣・弾劾論議 本格化する政界(‘하야·탄핵’ 논의 본격화하는 정치권)」


終わりに‐これからの展開は?



まず焦点となるのは、朴槿恵大統領に対する検察の事情聴取です。
検察の捜査に協力の意思を示している朴大統領ですが、検察は朴大統領に対する事情聴取を11月16日頃に予定しており、そこで新たな事実が明らかになるかが注目されます。


一方、韓国マスコミの間では、朴大統領は2018年2月まで残りの任期を全うするのは非常に厳しく、その後のシナリオとしては弾劾訴追若しくは退陣との見方が大勢を占めています


弾劾訴追と退陣表明後の主なプロセスは以下の通りです。


○弾劾訴追
検察による捜査と、最長120日の特別検察による捜査終了後、在籍国会議員数3分の1以上の署名で弾劾訴追案発議、在籍国会議員数3分の2以上の賛成で可決。
憲法裁判所が180日以内に弾劾是非を決定し、弾劾決定の場合60日以内に大統領選挙。
大統領選挙までの間は国務総理等が大統領職を代行。
新たに選出される大統領の任期は5年。

○退陣
退陣表明後60日以内に大統領選挙実施。
大統領選挙までの間は国務総理等が大統領職を代行。
新たに選出される大統領の任期は5年。


弾劾訴追に関しては、盧武鉉(노무현、ノ・ムヒョン)大統領時に弾劾訴追案可決までいった例がありますが、任期途中の退陣は前例がないことから、今後どのように展開されるのか注目されます。


※参考リンク
NEWSIS2016年11月4日配信「大統領欠位時次期当選者任期は「無条件5年」(대통령 궐위 시 차기 당선자 임기는 '무조건 5년')」
韓国経済新聞2016年11月8日発行「野党から高まる退陣・弾劾を求める声 退陣時60日以内に大統領選挙(야당서 커지는 하야·탄핵 목소리…하야땐 60일 내 대통령 선거)」


現代韓国や朴槿恵氏については、こちらの書籍もご参考に!