ad1

2017/05/29

インド・ムンバイ旅行 Part 3-ユネスコ世界文化遺産登録のチャトラパティ・シヴァージー・ターミナスでインド鉄道列車のきっぷを購入してみた!

前回Part 2はこちら


5月4日、ムンバイ2日目に入りました!

翌日の鉄道旅に向けて、チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス(Chhatrapati Shivaji Terminus)でインド鉄道の列車のきっぷ購入に挑戦です!



















ユネスコ世界文化遺産登録のチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス


ホテルで朝食を取った後、通勤客で非常に混み合うと聞いていたチャトラパティ・シヴァージー・ターミナスへ。

チャトラパティ・シヴァージ・ターミナスは19世紀末に完成し、インドの伝統的な建築様式を融合したヴィクトリア・ゴシック建築の傑作として、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている、ムンバイ最大の鉄道駅。


※参考リンク
チャトラパティ・シヴァージ・ターミナス|ユネスコ




チャトラパティ・シヴァージー・ターミナスを通り過ぎるムンバイの通勤客


チャトラパティ・シヴァージー・ターミナスはユネスコ世界文化遺産に登録されています!


チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス構内は激混みか?


実際にチャトラパティ・シヴァージー・ターミナスの駅構内に入ってみたのですが。


あれ、メチャ混みというわけじゃないかも(苦笑)。















でも、通勤電車であるムンバイ近郊鉄道(Mumbai Suburban Railway)だけでなく長距離列車も発着するとあって、確かに沢山の人が利用していたことには間違いありませんでした。



チャトラパティ・シヴァージー・ターミナスの構内は、インドというよりはヨーロッパのターミナルという印象


チャトラパティ・シヴァージー・ターミナスは多くの通勤客・旅行客で賑わいを見せます。


チャトラパティ・シヴァージー・ターミナスに到着したムンバイ近郊鉄道から下車する通勤客


チャトラパティ・シヴァージー・ターミナスで靴磨き


チャトラパティ・シヴァージー・ターミナスに降り立ったムンバイの通勤客


チャトラパティ・シヴァージー・ターミナスでインド鉄道列車のきっぷ購入



僕がチャトラパティ・シヴァージー・ターミナスを訪れた最大の理由は、翌日の鉄道旅のための列車のきっぷを買うためでした。

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナスの中に、インド国籍以外の外国人専用購入窓口があり、パスポートを提示して、指定書類に乗りたい列車・個人情報等を記入することで、きっぷを購入することができました!

僕が買ったきっぷは、ベンガルール(Bengaluru)行き長距離列車ウダヤン急行(Udyan Express)2等寝台車(きっぷ上表示は「2A」)のプネ(Pune)までのきっぷ695ルピー(約1220円)と、プネ発ムンバイ行き中距離列車デカン急行(Deccan Express)エアコン付き指定席(きっぷ上表示は「CC」)460ルピー(約810円)です。


チャトラパティ・シヴァージー・ターミナスで「CENTRAL RAILWAY」と書かれている看板の下にある入口から入ります。


チャトラパティ・シヴァージー・ターミナスで「CENTRAL RAILWAY」と書かれている看板の下にある入口。


英語で「20番窓口にて外国人観光客予約可能」とあります。
因みにインドでの「FIRST FLOOR」は日本の2階なので注意。


チャトラパティ・シヴァージー・ターミナスの20番窓口(写真真ん中辺り)


インドの列車のきっぷを購入する際におススメのアプリ


僕は事前に下のIndian Railway IRCTC PNR Statusというアプリケーションで時刻を検索し、予め乗りたい列車の候補を見ていたので、比較的スムーズに購入ができました。


Indian Rail IRCTC PNR Status
Indian Rail IRCTC PNR Status
開発元:Confirmtkt.com
無料
posted with アプリーチ


アプリ上での列車の予約はインドで使える携帯電話番号を持っていないと出来ないのでハードルが高いですが、列車の時刻検索は難しくないです。

日本語版はありませんが、英語での地名を入力すれば時刻検索が出来るので、きっぷ購入の前に検索することをおススメします。


Part 4へ続く。


インド旅行及びユネスコ世界文化遺産に登録されているチャトラパティ・シヴァージー・ターミナスについては、こちらのDVDもご参考に!