ad1

2017/06/17

海外ホテルレビュー‐レジデンシーホテル・フォート・ムンバイ (Residency Hotel Fort Mumbai)

海外旅行好きのタケオです。

2017年5月3日~5月6日まで訪れたインドのムンバイ。

今回は初めて旅行したインドのムンバイで宿泊したホテル、レジデンシーホテル・フォート・ムンバイ(Residency Hotel Fort Mumbai)レビューしたいと思います。






















チャトラパティ・シヴァージ・ターミナスから徒歩10分程のレジデンシーホテル・フォート・ムンバイ


レジデンシーホテル・フォート・ムンバイはムンバイの鉄道の玄関口であるチャトラパティ・シヴァージ・ターミナス(Chhatrapati Shivaji Terminus)から徒歩10分程のところにあります。




ムンバイの鉄道の玄関口、チャトラパティ・シヴァージ・ターミナス







チャトラパティ・シヴァージ国際空港からタクシーで1時間弱のレジデンシーホテル・フォート・ムンバイ


ムンバイの空の玄関口であるチャトラパティ・シヴァージー国際空港(Chhatrapati Shivaji International Airport)からタクシーを利用する際には、渋滞に巻き込まれなければ1時間弱で辿り着きます。

僕が空港から但し道路が混む時間帯であれば1時間半程度見ておいた方がいいかと思います。






デラックスルームは価格相応の広さにエアコン・テレビ・冷蔵庫・Wi-Fi付き!


僕が今回レジデンシーホテル・フォート・ムンバイに泊まるに当たって予約したのはデラックスシングルルーム(Deluxe Single Room)。

広さは中級クラスのホテル相応で、エアコン・テレビ・冷蔵庫が付いているのが嬉しいところ。

その上に追加料金なしで利用できるWi-Fiも遅くはないスピードなので、部屋の中でインターネットサーフィンも十分に楽しめます。



レジデンシーホテル・フォート・ムンバイのデラックスシングルルームのトイレとシャワーは海外ホテルにおいて可もなく不可もなくといった感じです。






レジデンシーホテル・フォート・ムンバイの朝食バイキングは充実の内容!


レジデンシーホテル・フォート・ムンバイの朝食は一般的なアメリカンスタイルのバイキングに加えて、イドゥリ(Idli)・ドクラ(Dhokla)・ラッシー(Lassi)等のインド料理を味わうことができ、食でもインドにやって来たことを実感できる内容の充実ぶり。

その上、卵料理はスタッフが好みのものをその場で調理してくれるので、アツアツのオムレツやスクランブルエッグを楽しめます。

また朝食会場に置いてあるペットボトルのミネラルウォーターは持ち帰ることができるので、旅行中の水分補給に利用することもできます。

但し、内容が同じなので、何日も連続で泊まっていると飽きてしまうかもしれませんが。。。


レジデンシーホテル・フォート・ムンバイの朝食会場。
奥でスタッフが卵料理を調理してくれます。


イドゥリ等のインド料理も楽しめるレジデンシーホテル・フォート・ムンバイの朝食バイキング


レジデンシーホテル・フォート・ムンバイ朝食バイキングのドリンクには、ラッシーやミネラルウォーターも!


レジデンシーホテル・フォート・ムンバイから空港に向かう時にUberでタクシーを呼んでくれる!


そしてレジデンシーホテル・フォート・ムンバイを利用して何よりも嬉しかったのが、ホテルをチェックアウトして空港に向かおうとした時のこと。

レジデンシーホテル・フォート・ムンバイホテル従業員が「通常のタクシーでは質が良くない」とのことで、Uberでタクシーを呼んでくれたのです!

空港からホテルに向かう時には空港のプリペイドタクシーを利用して1,500ルピーも支払わされたのに比べて、Uberを呼んでもらった時には、Uberでの締結通り400.75ルピー(約680円)と、3分の1以下という破格の安さで空港に辿り着けました。

ホテルの公式サイトでも送迎サービス(Airport Transfers)が表示されていて、往復で1,100ルピー(約1,870円)+サービス税14%の料金表示がありますが、空港のプリペイドタクシーは本当に高いので、送迎サービスについてホテルにメールで交渉する価値があるかもしれません。



レジデンシーホテル・フォート・ムンバイはムンバイでの宿泊におススメ!


いかがでしたか?

総合的観点から個人的にはレジデンシーホテル・フォート・ムンバイは、ムンバイでの宿泊におススメのホテルです。

その理由としては以下の通り。

1. 鉄道のターミナル駅から近い
2. 追加料金なしのWi-Fiが遅くない
3. 朝食内容が充実
4. ぼったくりが少なくないインドのタクシーおいて、Uberでタクシーを呼んでくれる

皆さんもムンバイを訪れた際には、レジデンシーホテル・フォート・ムンバイを利用してみては?



レジデンシーホテル・フォート・ムンバイ公式サイト


http://www.residencyhotel.com/#page_id=page0
(日本語版はありません)


インドのホテルについては、こちらの書籍もご参考に!