ad1

2015/09/30

6ヶ月ぶりに東京を歩いてみて

ベルリンから無事東京に着きましたが、今日1日同地に滞在する中で、今までに感じていなかった、東京でのあらゆることが面白く奇妙に感じて、まるで自分が東京に初めて来たような気分で過ごしているのですが(笑)、その中でも特に印象に残ったことを書き上げてみます。

電車の中に広告が溢れている


ベルリンの地下鉄やSバーン(通勤電車)は、1両ごとに小さな広告が数ヶ所貼られているだけなので、液晶広告や中吊りまで、かなり目障りに感じてしまいました。。


照明が眩しい


ドイツの首都であるベルリンでも、かなり明るい照明を使っているのはポツダム広場とアレクサンダー広場付近の建物くらいで、白いネオンでいっぱいの東京は、眩しすぎ感が半端なかったです。。


服がおしゃれ


典型的なベルリンの人は服に機能性を求めるようで、雨が降っていたら傘ではなく防水レインコート、女性はスカートを履かずジーンズがロングパンツ、色は基本的に地味な色、という印象だったので、反対に東京の人たちの服の色に華やかさがある印象を受けました。


夜でもスーツ姿の男性

僕も前会社員として経験していますが、東京では特に男性で夜でもスーツの人が結構いますが、ベルリンでスーツ姿の人が歩いているのは本当に少数でした。
その代わり早くから普段着で公園に行くのをよく見かけたので、ベルリンは午後5時もしくは6時で仕事を切り上げている、と思われます。
反対に改めて東京で夜遅くまで仕事の格好をしている人を多く見かけて、非常に違和感を覚えてしまいました。。