ad1

2015/09/28

空と大地の広さを感じられるテンペルホーフ公園!

以前国際空港だった場所が公園として生まれ変わったテンペルホーフ公園に行ってきました!
テンペルホーフ公園は2008年まで国際空港として機能していました。
1948年~1949年にかけて行われた「ベルリン大空輸」の際に使用された空港としても知られています。
そんな場所が2010年に公園としてオープン、今ではベルリン市民の憩いの場として親しまれています。


テンペルホーフ公園公式紹介ページ(ドイツ語のみですが載せておきます)
KLMのテンペルホーフ公園紹介ページ(日本語)


テンペルホーフ公園入口

線路がありましたが、何に使われていたのでしょう?

テンペルホーフ公園の魅力と言ったら、何といってもその広さ!
旧空港ということもあり、視界を遮るものがないので、空の広さに改めて感動するはずです!


空と大地って、こんなにも広かったんですね!


旧空港建物

旧滑走路

パラグライダーならぬ、パラローラースケート?


テンペルホーフ公園アクセス
Sバーン41・42・45・46、地下鉄U6テンペルホーフ(Tempelhof)駅から徒歩3分

テンペルホーフ公園開園時間
1月  7:30 - 17:00
2月   7:00 - 18:00
3月   6:00 - 19:00
4月   6:00 - 20:30
5月   6:00 - 21:30
6月   6:00 - 22:30
7月   6:00 - 22:30
8月   6:00 - 21:30
9月   6:00 - 20:30
10月  7:00 - 19:00
11月  7:00 - 18:00
12月 7:30 - 17:00




ベルリンのおすすめスポットが掲載されている本がこちら↓