ad1

2016/09/07

StudyTravel Star Award受賞記念 タケオ的F+U Academy of Languages Berlinの良かった点・これはどうかなという点!

こんばんは、昨年2015年4月~9月にかけてドイツ・ベルリンに滞在していたタケオです。
僕がベルリンに滞在していた6ヶ月の間に通っていた学校が国際的賞を受賞したらしいのですが、これを機に、その学校について良かった点とこれはどうかなという点を書きたいと思います。


尚、これはあくまで個人的見解であることをご了承下さい。


◎F+U Academy of Languagesについて


僕がベルリンで通っていたのは、F+U Academy of Languagesという学校で、そのベルリン校であるF+U Academy of Languages Berlinになります。
バーデン=ヴュルテンベルク州(Land Baden-Württemberg)ハイデルベルク(Heidelberg)に本拠を置くF+Uグループが運営しているのですが、他にもハイデルベルクとヘッセン州(Land Hessen)ダルムシュタット(Darmstadt)に校舎を持っていて、ドイツ語圏外人のためのドイツ語教育の他、英語教育や職業専門学校等様々な教育事業を行っているようです。


※参考リンク
F+U Academy of Languages Berlin公式ウェブサイト(英語)
F+U Unternehmensgruppe公式ウェブサイト(ドイツ語)


◎F+U Academy of LanguagesがStudyTravel Star Awardを受賞


この度、F+U Academy of LanguagesがStudyTravel Star Awardをドイツ語学校部門で受賞したとのことです。
同じくアジア地域エージェント部門でST Star Awardを受賞した留学ジャーナル株式会社のウェブサイトによると、

StudyTravel Star Awardsは、世界約110ヵ国以上の留学関係者に読まれているイギリスHothouse Media社発行の留学業界誌『Study Travel Magazine』主催のアワード。毎年世界で最も優れた留学エージェント、語学学校などが関係者の投票によって選ばれます。

だそうです。
この他、元気日本語文化学校福岡校が(欧州系言語外)世界語学学校部門を受賞したようです。


※参考リンク
ST Star Awards 2016 Winners|StudyTravel(英語)
アジア最優秀留学エージェントに選ばれました|留学ジャーナル



◎F+U Academy of Languages Berlinの良かった点


僕は元々ドイツでドイツ語を学ぶならベルリンで学びたいと思っていて、某エージェントを通してベルリンにある語学学校の中からF+U Academy of Languages Berlinに決めたのですが、実際に通ってみて良かった点を挙げると、以下の通りです。


①読解・聞き取り・書き取り・スピーキングのバランスが良い

後に書くとおり、先生によって指導方法は異なりますが、ドイツの大学で行われる授業で通用するドイツ語を身に付けさせることを目標としている学校だけあって、読解・聞き取り・書き取り・スピーキングをバランス良く教えようとしていることは共通しています
書き取りの宿題が週1位で出たり、発表の機会も用意されたりするので、総合的なドイツ語能力向上には良い学校だと思います。


②日本人が多くない

僕は他の学校に通ったことがないのですが、他の日本人から、同じF+U Academy of Languagesでもハイデルベルク校は日本人が非常に多い、という話を聞いたので、常にクラスに1人ないし2人しか日本人がいなかったという点は、ドイツ語を学ぶには良い環境だと思います。


校舎が地下鉄Stadtmitte駅から直ぐのところにある

校舎は最寄り駅である地下鉄U2線・U6線の乗り入れるStadtmitte(シュタットミッテ)
駅から徒歩5分もかからず、アクセスが非常に良いです!


F+U Academy of Languages BerlinはStadtmitte駅から徒歩5分もかかりません!


校舎がベルリンの中心部にある

校舎の最寄り駅がStadtmitte駅ということで、ショッピング街であるUnter den Linden(ウンター・デン・リンデン)やポツダム広場(Potsdamer Platz)が徒歩15分圏内にあります。
東西ベルリン分断時代の検問所であったチェックポイント・チャーリー(Checkpoint Charlie)から直ぐのところにある校舎周辺はレストラン・カフェ・ファストフード店も充実していて、授業終了後の昼食に困ることはありません!


F+U Academy of Languages Berlinの直ぐ近くにあるチェックポイント・チャーリー


F+U Academy of Languages Berlinからポツダム広場へは徒歩15分程かかります。


ベルリン市住民登録手続きを代行で行ってもらえる

ベルリン市に3ヶ月以上滞在する場合は住民登録をしなければなりません。
法律では初めて着いた日から2週間以内に住民登録する必要があり、住民登録の窓口予約をベルリン市公式ウェブサイト(ドイツ語)から行わなければならいのですが、予約状況は常に満杯で、自力で2週間以内に行うのは困難なのが現実(しかもドイツ語で!)。
しかし、F+U Academy of Languages Berlinの事務所で住民登録の旨を伝えれば、代行でやってくれるので、非常に助かります!


⑥ポツダム広場近くに学校所有のアパートに住める

これが僕の中で一番決め手となったと言えるのですが、地下鉄U1線・U2線の乗り入れるGleisdreieck駅近くに学校所有のアパートに住めるのです。


元々下級クラスのホテルを買い取ったような間取りではありますが、2人部屋だけでなく、1人部屋としても用意してもらえ、WI-FIが使えるだの、部屋の中にトイレ・シャワーがあるだの、地下1階に共同利用のキッチンがあるだの、不自由はしないです。
しかもU2線で乗り換えなしでStadtmitte駅に行けるので、通学にも便利です。
僕はそれどころか25分程かけて徒歩通学していましたが(苦笑)。


アパートの周辺環境としては、徒歩5分程でポツダム広場に着けるのですが、ここにはPotsdamer Platz Arkadenという中規模のショッピングモールがあり、中にはスーパーのREWE、薬品・化粧品の揃うdm、SUBWAYやマクドナルド等各種ファストフード店が入っているという便利さです!


但し、アパートに入るには確か1ヶ月以上の通学が条件だったと記憶しています。


※参考リンク
Potsdamer Platz Arkaden(英語)


F+U Academy of Languages Berlin所有のアパートの位置


F+U Academy of Languages Berlin所有のアパート


F+U Academy of Languages Berlin所有のアパートは地下鉄Gleisdreieck駅近くにあります。


◎F+U Academy of Languages Berlinのこれはどうかなという点


F+U Academy of Languages Berlinに実際に通ってみて、これはどうかなという点を挙げてみました。


①校舎内WI-FIの接続状況が悪い

校舎内でWI-FIが使える、というのがF+U Academy of Languages Berlinのウリの一つだったのですが、実際には学生殆どが使うためか、接続状況は常に悪かったです。


②先生による質や指導方法の差が大きい

これはF+U Academy of Languages Berlinだけでなく、どの語学学校に通っても同様の問題が発生するかと思われます。
僕の場合はこんなことがありました。
僕がわからなかった単語を自前の電子辞書で調べようとしたところ、その時の30代中盤位の女性の先生が「電子辞書は使っちゃダメ」と言ってきました。
僕は「(ウェブ上の辞書ならまだしも)何で電子辞書はダメなのか?ちゃんとした会社が作っているのに」と食い下がりましたが、「辞書は紙のものでないとダメ」と聞いてくれず、泣く泣くバッグの中にしまうしかありませんでした。


僕は、家から学校までわざわざ重い辞書を持つよりかは、軽くて場所を取らず、用例を見ようと思えば見ることができ、単語帳登録やヒストリーチェック等の機能が付いていて、自分が良く間違えたり思い出しづらい単語を直ぐに確認できる電子辞書の方が便利だ、と思っています。
高校時代の国語の当時50代男性の先生が、同じく「辞書は紙のものでないとダメ」派だったのを思い出しましたが、まさかドイツにも「(個人的に見て)古い考えを持つ人」がいることに驚き、ショックを受けたのを覚えています。


しかし、僕の場合はまだマシです。
他の日本人から聞いた話としては、同じクラスにいた20代後半の韓国人女性が、プライドが高すぎて先生と全く合わず、彼女の最後の日も記念撮影をしなかった、ということがありました。
その韓国人女性は、以前シンガポールでApple社(のシンガポール支社?)に勤務していたとのことで、どうりでプライドが高いわけだと思っていましたが、個人的には非常に残念に思いました。
但し、どんな学校でもそうだと思いますが、先生と合う合わないというのは運任せ、というのが実情なので、本当に祈るしかないですね(汗)。


◎終わりに


如何でしたでしょうか。
F+U Academy of Languages Berlinの良い点・これはどうかなという点を挙げましたが、良い点の方が多かったので、総合的には通って良かったと思っています。
今回F+U Academy of LanguagesのStudyTravel Star Awardのドイツ語学校部門受賞に関して、受賞理由について詳細なことは知る由がありませんが、個人的には語学能力向上というのは、学校での授業への取り組みのみならず、自力でどれだけ努力できるかにもかかっていると思っているので、このように授業・住居環境が非常に良いということは、勉強するに当たってプラスに働くと考えます。
これからF+U Academy of Languages Berlinに通われる方は、この記事を参考にして頂けたら嬉しいです!