ad1

Aug 20, 2017

台湾・台北旅行 Part 11-ニニ八和平公園で台湾の複雑な歴史を知り、中華民国総統府を仰ぎ見た!

前回Part 10はこちら


2017年7月17日、早くも台湾最終日。。。

僕の搭乗する飛行機の出発時間が14:35と余裕があったので、朝11時頃までを最後の観光時間に充てることに。

ホテルで朝食を取り、チェックアウト後に荷物を預けてもらってから、ホテルの近くにあったニニ八和平公園とその周辺を散策してみました。






















台北の町中に溢れる日本拠点の企業


台湾・台北旅行 Part 5で書いたように、台湾では日本のガチャガチャ専門店や、日本の薬局チェーンが進出している等『日本』がブランドとして浸透していることが判明しました。

そしてこの朝も、吉野家ヤマト運輸・ユニクロ・くら寿司等、台湾で様々な日本企業の進出ぶりを目にすることができました。



台北駅から南方向に歩いたところにある台湾吉野家館前店。
吉野家の台湾進出は1987年だそう。



台湾吉野家館前店のメニュー。
安くても豚丼で114台湾ドル(約420円)ということで、日本より多少高めの印象。



台湾でクロネコヤマト!
制服の色も同じ!
ヤマト運輸の台湾進出は1990年のことだそう。



台北駅近くにある、ユニクロやくら寿司が入っているビル。
ユニクロは2010年、くら寿司は2014年にそれぞれ台湾に進出したそう。




ニニ八和平公園を散策


ホテルを出て館前路という通りを南方向に歩いて辿り着いたのがニニ八和平公園。

朝早くから台北っ子がベンチに座って寛いだり散歩をしたりと、思い思いの朝を過ごしていました。



ニニ八和平公園に到着。



台北の高層ビルや住宅街に囲まれたところにあるニニ八和平公園




ニニ八和平公園のベンチで化粧!
撮ってしまってごめんなさい、でもどうしても気になってしまったのです(苦笑)。



ニニ八和平公園で子供とのゆったりとした時間



ニニ八和平公園で台湾の複雑な歴史を知る


ニニ八和平公園でゆったりとした朝の時間を過ごしながら散歩していると、あるものを発見。


ニニ八事件各県市受難者名簿?
そもそも『ニニ八事件』ってどんな事件?










後で調べてみたところ、日本による台湾の統治が終わってから2年後の1947年に起きたというニニ八事件は、概略を言えば、元々台湾に住んでいた人々(本省人)と、大陸から逃げてきた中華民国軍と一般の人々(外省人)の対立が表面化した事件だそうで、この事件により本省人側でかなりの犠牲者が出たとのこと。

なるほど、ニニ八和平公園の『ニニ八』はニニ八事件に因んだものであり、受難者名簿はこのニニ八事件で犠牲となった人たちの名前が載っているというわけですね

以前に台湾民進党の陳水扁元総統は、蒋介石は二二八事件の元凶であり、兵隊を派遣して台湾の人々を鎮圧し、虐殺したことは、すでに歴史の定まった見解と述べたそうで、蒋介石が『独裁者』というレッテルを貼られている背景がここにあるわけです。

台湾・台北旅行 Part 8で書いたように、中正紀念堂では蒋介石のことを(物凄く)称えていましたが、台湾の現代史は非常に複雑なようです。


参考リンク
台北駐日経済文化代表処2007年12月7日配信「陳水扁総統が「さようなら、蒋介石」と題する文章を発表」
台北の歴史を歩く その9 台北二二八和平紀念公園周辺|公益財団法人日本台湾交流協会



ニニ八事件の経緯を知ることが出来るというニニ八紀念堂




台湾の自治運動に関する展示



広島への原爆投下で被爆した尾島良平氏が平和の願いを込めて育てていたというハマユウが、台北のニニ八和平公園で育っています。




ニニ八和平公園の最寄り駅で座り込み活動?


ニニ八和平公園は台北地下鉄(台北捷運)淡水信義線の台大医院駅(台大醫院站)が最寄り駅なのですが、その出口に近づいてみると。


台湾の蔡英文総統の写真を使った看板がいっぱいだ!






















この看板に近付きながらおそるおそる看板の裏を見てみると、上半身裸の中年の男性が、何かを訴えるような様子で座り込みをしていました。 中国語がわからず、この男性が蔡英文総統を支持しているのかしていないのかはっきりとしたところはわかりませんでした。

しかしニニ八和平公園が、台北っ子の憩いの場であるだけでなく、政治的アピールにも使われる場所であることは確かなようでした。



台大医院駅出口で座り込みをしている男性。
どのような思いでこの場所に居座っているのでしょうか。



ニニ八和平公園の周辺地図





中華民国総統府を仰ぎ見る!


ニニ八和平公園を南に抜けた後に周辺を歩いていると、台湾で一番見たかった建物がついに目の前に現れました!

台湾政治の中心、中華民国総統府(中華民國總統府)!
























中華民国総統府の公式ウェブサイトによれば、元は日本統治時代の1919年(大正8年)に当時の台湾総督府として建てられたもので、太平洋戦争後に中華民国政府がこの建物を引き継いで現在まで至っているとのこと。

周辺は警備員が厳重に巡視している様子で、あまり近づくことは出来ませんでしたが、それでも台湾最終日でこの総統府を見られただけでも非常に満足でした!



参考リンク
沿革|中華民国総統府(英語)



中華民国総統府の周辺地図






Part 12へ続く。


台北旅行及びニニ八事件については、下記の書籍もご参考に!

Aug 16, 2017

台湾・台北旅行 Part 10-2日連続士林夜市で台湾グルメ!牡蠣麺線とエビチャーハンに、カエルの飲み物!?

前回Part 9はこちら



淡水で美しい夕陽が沈みゆくのを見届けた後、淡水で食事を取るのも良かったかもしれませんが、前日に訪れた士林夜市でのグルメを連続で探求したいという思いが強くなり、台湾・台北旅行 Part 4に続いて、2日連続で士林夜市で夕食を取ることに。

そこで味わった、これまた絶品の台湾グルメ、そして摩訶不思議な台湾フードとは?





















台北地下鉄剣潭駅で下車し、士林夜市の地下フードコートへ!


淡水駅から台北地下鉄(台北捷運)淡水信義線に乗って、士林夜市の最寄り駅である剣潭駅(劍潭站)で下車(士林駅ではないのでご注意を!)。

台北地下鉄淡水信義線は淡水や士林夜市だけでなく、国立故宮博物院・中正紀念堂・台北101に行く時にも使える路線なので、本当に便利です!

そして、前日と同じく士林夜市の地下フードコートで新たな台湾グルメを食べることにしました。



台北地下鉄淡水信義線剣潭駅で下車



士林夜市はこの日も多くの観光客で大賑わい!



士林夜市で働く台湾のおじさん



前日と同様士林夜市の地下フードコートに潜入!



士林夜市フードコートで牡蠣麺線と炒飯を注文!


前日美味しい台湾グルメを提供してくれた『九三蚵仔煎』とは別の店で食べたいと思って、地下フードコート内をくまなく回っていると、漢字で『大頭龍』と書くお店で『蚵仔麺線湯』という料理の写真が目に飛び込んで来ました。

「『蚵仔』ってことは牡蠣で、写真をみると麺はそうめんみたいに細そう。
しかし、牡蠣が入ってまたもや70台湾ドル(約260円)とはこれまた安くないか!?」

ということで『大頭龍』というお店のテーブルに付き、牡蠣麺線と、麺だけじゃ足りないかなと思い、欲張りにもエビチャーハン(蝦仁炒飯)80台湾ドル(約300円)を注文!



士林夜市フードコートに店を構える大頭龍で夕食!



『大頭龍』も『九三蚵仔煎』と同様メニュー用紙に食べたい料理をチェックして店員に手渡しするだけで注文可能!



士林夜市フードコートで食べた牡蠣麺線は日本人の口に合うあっさりとした味!



最初に店員さんが調理して出してくれたのは牡蠣麺線。

またしても牡蠣沢山入ってる~!!
















口に運んでみると。

小ぶりの牡蠣はジューシー、かつ塩ラーメンに似たスープのあっさり感がたまらなく美味しい!

























後で調べてみたら、スープはカツオで出汁をとっているとのことで、どうりで日本人の口に合うわけです!

麺もそうめんみたいな細さだから、蒸し暑い夏にもつるつるいけて、スープも含めて見事に完食!

この美味しさとボリュームで70台湾ドル(約260円)とは、お得感満載!


参考リンク
麺線の魅力と台北のおすすめ店|タビリスタ



士林夜市フードコートで食べたエビチャーハンは大きなエビがぷりっぷり!




牡蠣麺線が思いの外ボリュームがあり、結構お腹が膨れてきてしまったのですが、それでもエビチャーハンは食べなければ!(苦笑)

というわけで牡蠣麺線を平らげた後に出てきたエビチャーハンは。

日本での(ケチな)店とは大違いで、エビが大きくて美味しそう!













レンゲで口いっぱいに頬張ると、米はパラパラ、エビはぷりっぷりでこれまた感動の美味しさ!

これで80台湾ドルとは、どんだけ安いんだ!



























というわけで、2日連続で大満足の士林夜市地下フードコートでの夕食でした!!






カエルの飲み物?『愛玉加鮮奶』を飲んでみたけど。。。


士林夜市での食事に大満足した僕がホテルに戻るために剣潭駅に戻ろうとした時、急激に寒気が走る看板を見つけてしまいました。

ん、カエルを食べるの?飲むの?











でも、カエルにもかかわらず台湾の人たちは続々と買っていきました。

ということでその人たちが持っているものをよく見ると、どうやら流石にカエルは入っていないよう(苦笑)。
そこで僕も「物は試し」ということで勇気を持って『愛玉加鮮奶』40台湾ドル(約150円)を注文!
屋台のおばちゃんが慣れた手つきで『愛玉加鮮奶』を作ってくれましたが。


幸いにもカエルそのものは入りませんでした(笑)。
























でももしかしたらおばちゃんが入れてくれたゼリー状のものの中にカエルがこっそり入っているかもしれないという恐れを抱きつつ飲んでみると。

変な味とか以前に、味がない。。。

味がないなんて、そんな食べ物あるのかと思いかもしれませんが、本当に味がなかったです(苦笑)。

一緒に入っていたミルクはそれなりに甘かったのですが、飲み進めるとその甘い部分もなくなってしまい、無味のゼリーだけが残ってしまいました。。。

あまりにも味がなかったので、5分の2位残してゴミ箱に捨ててしまった程です(泣)。


後で調べてみると、『鮮奶』は『牛乳』で、『愛玉』は『愛玉子』という果物から作られたゼリーのことなのだそうですが、愛玉/台湾のスイーツ[台北]|All Aboutによると、

そのままでは味がないので、多くの場合レモン味のシロップにつけて売られています。(中略)ともと味がないものだけに、シロップの味に当りはずれがあるのが難点

なのだそうです。

ということは、この屋台はハズレだったよう。。。
台湾にも様々なフードが存在するということを学べたということで良しとしましょう(苦笑)。


Part 11へ続く。


台湾グルメや台北地下鉄での旅に関しては、下記の書籍もご参考に!

Aug 15, 2017

台湾・台北旅行 Part 9-新北市淡水で沈みゆく美しい夕陽を目に焼き付ける!

前回Part 8はこちら


中正紀念堂を後にして、これまで案内してくれた台湾人の女の子2人とはここでお別れ。


これから夕暮れ時に向かう時間ということで、僕は台北近郊で夕陽が美しいという新北市の淡水というところを訪ねてみることに

さて、その夕陽の美しさは本物か!?





















台北地下鉄で淡水へ



中正紀念堂駅から台北地下鉄(台北捷運)淡水信義線の台北駅方面電車に乗って、北側終点の淡水駅までは約40分の道のり。

淡水駅では僕以外にも淡水の夕陽を楽しもうと大勢の観光客が降りていきました。



中正紀念堂駅から台北地下鉄淡水信義線に乗りました!



淡水に近づくにつれて、新興住宅地とみられるマンションが目立ち始めました!




台北地下鉄淡水信義線淡水駅に到着!
物凄い観光客の多さ!




家族で淡水の夕陽を見に行くのでしょうか。




淡水駅構内にある観光案内所




淡水駅構内の観光案内所では日本語のパンフレットや地図を無料でもらうことができます!




赤レンガ造りの駅舎が印象的な台北地下鉄淡水駅




家族で淡水にお出かけ!




台北地下鉄淡水駅高架下にミスタードーナツ!
ちょっとした休憩に最適だと思います。



淡水に多くの観光客が!


台北地下鉄淡水信義線淡水駅を降りた時でも物凄い人の多さでしたが、近くを流れる淡水河の海岸線に近づくと既に多くの観光客が訪れていました。

淡水駅近くには公園やレストラン街もあり、やはり淡水は台湾内で有名な観光地のようです!



淡水駅近くの広場に出来た木陰で涼む台湾の人々




淡水駅近くの広場でストリートミュージシャンが演奏!




淡水駅近くの道からのびているレストラン街




淡水河には多くの観光客が訪れていました!




淡水では、サイクリングをしたり、芝生でゆっくりと時を過ごしたりと、思い思いの方法で余暇を過ごしていました!



淡水に沈みゆく美しい夕陽!



淡水に日の入りの時刻である午後6時半が迫って来ました!

僕もカメラをじっと構えてその時を待ちます。



淡水でもうそろそろ太陽が沈むころ!


そしていよいよ日の入りの時!


おーっ、確かに淡水の地に沈みゆく夕陽が美しいではありませんか!























淡水を訪れていた観光客も夕陽の美しさを楽しんでいる様子!























淡水で見た夕焼けも非常に綺麗でした!




日が沈んでも淡水の夜はまだまだ終わりません!




淡水は台北からの小旅行におススメ!


僕が訪れた日は非常に天候が良かったので、とても綺麗な夕陽を望むことが出来ました!

淡水は台北から地下鉄の淡水信義線を使って一本で行くことが出来るので、台北からの小旅行にピッタリだと思います。


僕は淡水駅近くで夕陽を見た後に台北中心部に戻りましたが、淡水にはおしゃれなカフェがあったり、淡水河の更に河口の近くにもバスで行けるようなので、時間に余裕のある方はバス等を使って淡水を回ってみるのもよさそうです。


Part 10へ続く。


台北近郊への旅行や地下鉄に乗ってのぶらり旅
に関しては、下記の書籍もご参考に!

Aug 10, 2017

台湾・台北旅行 Part 8-「台湾という『国』を作った人」蒋介石を記念した中正紀念堂を訪ねる!

前回Part 7はこちら


台湾グルメを満喫した後は、そんなに遠くない距離にあるということもあり、僕のリクエストで中正紀念堂へ。

そこで感じた、台湾の歴史的人物の位置づけとは?














永康街エリアから徒歩で中正紀念堂へ!


中正紀念堂は、台湾グルメを食べ尽くした永康街エリアから徒歩でも行ける距離にあるということで、彼女たちのスマートフォンを頼りに向かいました。

しかし、距離が近いということばかり考えていて、蒸し暑いということを忘れていました。。。

道が複雑でなかったために無事に中正紀念堂には着きましたが、到着した頃にはかなり汗をかいてしまいました(汗)。



台北地下鉄淡水信義線東門駅から中正紀念堂までの徒歩ルート




中正紀念堂周辺には観光バスが多数停車していました。



中正紀念堂の入口付近は外壁が立っています。



中正紀念堂で気功?


そして敷地内の中ほどに入っていくと。

ついに姿を現した中正紀念堂!
























写真では分かりにくいかもしれませんが、想像以上に建物がデカく、如何に中正紀念堂が重要な建築物であるかを窺わせるものでした。



中正紀念堂敷地内は公園にもなっていて、台北市民の憩いの場になっているようです。




中正紀念堂で偶然にも


蒸し暑い中ではありましたが、せっかくここまで来たので、僕ら3人は階段を上って中正紀念堂の4階に行くことに。



中正紀念堂の階段を上ります。


階段を上り切ると、何やら人だかりが出来ているのを発見!























中で何かやっているのかなと思って覗いてみると。



おっ、これは衛兵の交代式だ!

















後で調べてみたら、9:00~17:00までの毎時00分に行われるらしいのですが、ここまでは事前には調べていなかったにもかかわらず偶然にも見学することが出来ました。






衛兵の交代式が終わった後に奥に進んでいくと。

非常に堂々たる風貌の座像がドーンと鎮座!
























この人物が誰だったかすっかりド忘れしてしまっていたのですが、座像の風貌から、太平洋戦争後の中国本土での共産党との内戦の後、台湾で中華民国政府作りを進めた蒋介石であることがわかりました。



蒋介石を称える中正紀念堂で聞いた台湾人の女の子の言葉


後に調べてみると、蒋介石の本名は「蒋中正」と言い、「蒋介石」はペンネームだそうで、中正紀念堂というのは正に蒋介石の為に建てられた施設なわけですね。

それであれば中正紀念堂自体の大きさがあれだけデカいのも納得でした。

銅像を目にした僕が「あっ、これ蒋介石じゃない!」と思わず口に出すと、台南から来た女の子がこう言いました。

「そう、私たちの『国』を作った人よ!」

この女の子って、高麗大学校語学堂で一緒のクラスだった時には、政治には殆ど関心がなかったので、改めて考えてみると、(失礼ながら)まさかこのような発言をするとはあまり想像していませんでした。

しかし、そう見えた子でも「台湾は『国』である」と言ったことを考えると、あっ、そうか、やっぱり台湾人にとって台湾は『国』なんだな、ということを本当に認識できる良い機会でした。





中正紀念堂で蒋介石の生涯を辿る


僕ら3人は中正紀念堂4階から中の階段を下りて、3階へと降りて行きました。

3階は中正紀念堂の沿革を知ることができました。



中正紀念堂建設途中の様子




中正紀念堂落成式の様子。
死後5年の蒋介石の崇拝ぶりが窺えます。

そして蒋介石の生涯を紹介しているい1階展示室入口には。

蒋介石の胸像が鎮座!








4階の座像といい、1階の胸像といい、蒋介石が如何に台湾にとって偉大な人物であったかを誇示しようとする意図が見えてしまう程の荘厳な雰囲気が漂っていました。



中正紀念堂の1階まで下りました。



蒋介石の生涯が紹介されている中正紀念堂1階展示室入口




鉄道駅といい寺院といい中正紀念堂といい、台湾の人は地べたに座るのがお好きなよう。



『独裁者』より『国父』として蒋介石を専らアピールの中正紀念堂


中正紀念堂の1階では、蒋介石を称える施設らしく、蒋介石は台湾で政府を作り上げた功績と共に、家庭的な一面も併せ持った偉大な人物であることが紹介されていました。

でも、蒋介石が台湾で政府を作った偉大な人物であることは間違いないけれど、特に晩年は独裁者の一面もあったと、高校の世界史で習った記憶が薄っすらあるのですが。。。

とはいえ、蒋介石を記念して建てられた施設には、(勿論?)そのような負の一面は紹介されることなく、専ら「偉大な人物だった」アピールに終始している印象を受けました。




左側写真は1911年撮影のもので、前列右が蒋介石だそう。
右側写真は1912年当時の蒋介石だそう。
好青年という印象。




1924年に中国・広州で黄埔軍官学校という軍人養成学校が設立された時の写真だそう。
写真真ん中の白い服に身を包んだ人が孫文だそうで、孫文の写真が残っているんですね!
写真右側で先頭に立っている人が蒋介石。



対日抗争勝利が、まるで蒋介石一人だけによって導かれたような描き方に見えてしまう。。。
台湾の立場としてはそうしないと存在意義が薄れてしまうのは理解出来なくはないですが。。。




1943年当時重慶にあった国民党による政府の主席になった時の蔣介石肖像画。




左側は現中華民国国軍の元である国民革命軍だという写真。
下の説明に、1937年の盧溝橋事件の際に当時日本軍と対峙したとあります。
右側は1943年カイロ会談で蒋介石が出席した際の写真。



「今の台湾を作り上げた人は家庭も大事にしていたんだよ~」アピール?



蒋介石が1927年に上海で結婚式を挙げたときの写真だそう。



台湾の子供たちはこうして歴史教育されていくのかな~。。。


しかし、最後に僕としては少し引いてしまった展示物がありました。

蒋介石の専用公用車?























凄腕の指導者であったことは間違いなかったと思うので、これ位の高級な公用車は別に珍しくはないと思います。

ですが必要以上に「凄く偉大な人物だったんだよ」的な展示は、「これっぽっちの欠点もなかった」と言いたがっているような気がして、僕個人としてはあまりよろしくはないのではなかろうかと。。。




中正紀念堂敷地内には文化施設も!


僕ら3人は中正紀念堂を後にして、台北地下鉄(台北捷運)中正紀念堂駅に向けて歩くことに。

中正紀念堂一帯には音楽ホールの国家音楽庁(國家音樂廳)と演劇ホールの国家戯劇院(國家戲劇院)といった文化施設も建てられていて、中正紀念堂は台北の文化の中心といった装いでした。



音楽ホールの国家音楽庁




国家音楽庁の前で学校行事の練習?


国家音楽庁の前でパチリ!




中正紀念堂敷地内の西側に立つ自由広場門



僕ら3人が中正紀念堂の敷地を出ようとする時に立っていたのが。

台北と言えば思い浮かぶ自由広場門(自由廣場牌樓)



























台湾の権威の象徴の場所で「自由広場」という名前が合っているかはともかくとして、この門が蔣介石を記念した中正紀念堂の入口として相応しい風格を漂わせていることに間違いはありませんでした。



自由広場門


自由広場門付近から中正紀念堂を望む。



青天白日満地紅旗(通称青天白日旗)がなびく中正紀念堂



おまけ:中正紀念堂敷地内でアイドル撮影会?の西側に立つ自由広場門


台湾の現代史を思い出しながら中正紀念堂敷地内を歩いている最中に偶然見つけてしまった光景がありました。

台湾の歴史的人物を称えている施設の敷地内でアイドル撮影会!?

















まあどの地域にも限らず男というものはそんな生き物なのかもしれない、というところで止めておきましょう(汗)。



中正紀念堂の訪問ガイド


アクセス
台北地下鉄淡水信義線・松山新店線中正紀念堂駅から徒歩約10分

開館時間
9:00~18:00

休館日
旧正月の大みそかと元日

料金
無料

ホームページ(日本語)
http://www.cksmh.gov.tw/jp/


台北地下鉄中正紀念堂駅。
淡水信義線と松山新店線が乗り入れています。




台北地下鉄中正紀念堂駅ホームは、淡水信義線と松山新店線の方向別乗り換えが出来るようになっています。


Part 9へ続く。


台北旅行や蒋介石に関しては、下記の書籍もご参考に!