ad1

2017/01/09

世界新聞(株)寄稿第6弾は、タイ国鉄マハーチャイ線の旅!

こんばんは、海外旅行好きのタケオです!


世界新聞(株)への投稿第6弾はタイ国鉄マハーチャイ線の旅!



世界新聞(株)への記事寄稿・掲載について、2017年1月9日に第6弾が掲載されました!


記事内容は、タイ国鉄マハーチャイ線での鉄道旅です!
年末年始タイの旅(バンコク・アユタヤ) Part 5を再編集し、寄稿したものです。


下記リンクから是非ご覧ください!


タイの車窓から〜扉の無い日本車両で行くマハーチャイ線の旅〜


バンコク・ウォンウィアン・ヤイ駅に停車中の日本車輌製造の車両


タイ国鉄マハーチャイ線車両、故障しているためか、ドアを開いたまま走行!


タイ国鉄マハーチャイ駅に到着も、駅なんだか市場なんだか混乱!
その他にも日本ではありえないビックリすることが次々と!
それは世界新聞での記事でご確認下さい!


※世界新聞運営者の書籍はコチラ!



引き続き、本ブログと世界新聞での記事を楽しみにして下さい!


タイでの鉄道旅は、こちらの書籍もご参考に!

2017/01/01

タケオ的2016年振り返り&これからは「オンリーワン」の存在に!

こんばんは、タケオです。
いよいよ2017年の幕が上がりました。
今回は2016年の振り返りと、2017年、いやこれからの目標を書きたいと思います。


高麗大学校語学堂通学・6級修了(1月~8月)



2015年12月より4級のレベルからスタートして通い続けた韓国・高麗大学校語学堂。


当初下宿に住まわせてもらったのを、途中で考試院に切り替えなければいけなかったこと等大変なこともありましたが、試験やインタビュー・プレゼンテーション・ドキュメンタリー動画作成等の困難な課題をこなしながら、2016年8月下旬に無事最高級の6級を修了し、卒業することができました。


2016年度夏学期高麗大学校語学堂卒業生が卒業証書を受け取りました。
僕もその一人としてしっかりと受け取った時は達成感でいっぱいでした!(2016年8月23日撮影)


韓国語能力試験6級に合格(3月下旬)



高麗大学校語学堂に留学中の2016年3月には、ソウルの建国大学校にてTOPIK(韓国語能力試験) IIを受験し、悲願だったTOPIK6級に合格することができました。
これは(確か2010年か2011年に)最初に受検してからの目標でもあったので、とても嬉しかったです。


僕がTOPIK(韓国語能力試験) IIを受検した建国大学校青雲館(2016年3月20日撮影)


中国・延辺朝鮮族自治州旅行(3月中旬)


高麗大学校語学堂2015年度冬学期後の休講期間は、中国の吉林省に属し、朝鮮族の人口が多い延辺朝鮮族自治州に旅行し、延吉を拠点にして、琿春・図們を巡りました。


琿春では中国・ロシア・北朝鮮の国境地帯を見下ろし、図們では川を挟んで対岸の北朝鮮・南陽の様子を眺め、延吉では北朝鮮レストランに潜入する等、殆どテレビでしか見ることのない北朝鮮の様子を直に知ることができました。


中国・琿春にある防川から見下ろした、中国・ロシア・北朝鮮の国境地帯。
奥の方には日本海も見えました!(2016年3月11日撮影)

中国・図們の日光山から眺めた北朝鮮・南陽(2016年3月12日撮影)


中国・延吉にある北朝鮮レストラン『柳京館』の内部(2016年3月12日撮影)


トルコ旅行(5月下旬)



高麗大学校語学堂2016年度春学期後の休講期間は、初めてトルコに旅行しました。
1月に観光地でテロ事件が発生し、ドイツ人観光客が亡くなったことがありましたが、2015年に約半年間滞在していたベルリンでトルコを中心とした多くの中東からの移民を間近に見てきたことで、それでもイスラームを信仰している人々が住む国を見ておかなければならないとの思いで旅行しました。


トルコはイスタンブールを中心に巡り、バスでエディルネという町にも足を運びました。
礼拝時間の度に聞こえるモスクからの祈りの文言、初めて入ったモスクの荘厳さ等、とても新鮮な気持ちで巡ることが出来ました。


トルコ・イスタンブールにある、『ブルーモスク』としても知られるスルタンアフメトモスク(2016年5月26日撮影)


再就職活動するも・・・(9月~)



高麗大学校語学堂卒業後は日本に戻り、再就職活動を始めました。
もしかしたら韓国での就職も出来たかもしれませんが、日本語の話せる韓国人が多いためか、韓国語が上手だというだけでははあまり有利なものにはならなさそうなこと、フリーランスで食っていこうにしてもまだまだそこまでの力量がないと思ったからです。


当初は留学の経験を活かしたい、英語に触れられる環境で働きたいとの思いで、前職とは違う業界を中心に見て回っていましたが、ビジネスレベルの英語が必須条件だったり、仕事内容に対する適正に合わないと判断される等満たないようで中々良い結果に結びつかず、2017年を越すことになりました。
未経験者とはいえ、自分の意思でやり遂げた留学の経験が今のところ認められないというのは、非常に悔しい思いでいっぱいです。


世界新聞(株)のライターに!(10月~)



再就職活動の一方、これまでの旅行経験を更に幅広い人に伝えたいとの思いで、世界新聞(株)のライターを務め始め、これまで5つの記事を上梓しました。


僕が書き上げた記事と、実際に掲載された記事を比べると、担当編集者により構成が若干変わっていたりするところは、少しガッカリする気持ちもありますが、どのような記事が読者を引き付けるのか、客観的なアドバイスをもらえるのはとてもありがたいことで、非常に参考になっています。


これからはオンリーワンの存在に



2017年、いや2017年だけでなく、これからの目標にしたいことを定めました。
それは、自分を見失わないこと、そしてオンリーワンの存在になること、です。


退職後の語学留学先を決める時に、英語圏でなくドイツ・韓国に渡った経緯として、既にTOEICを845点取得していたということと、「英語は出来て当たり前」という時代になりつつある中で、複数の言語を知っている方が「見識を広げることにもなるし、これから世界に出ていくにもきっと役に立つ、という信念の下決めたということがあったので、自分の考えを基に何をしたいかというのはある程度持っていました。


それが2つのことを通じて更に揺るぎないものとなりました。


一つ目は語学留学です。


授業、そして自発的に参加した言語交流会(Language Exchange、ランゲージエクスチェンジ)では、単なる語学の勉強だけでなく、先生や他の海外の参加者から受ける質問を通して自分が普段どのような考えを持って生きているかを問われるものでした。
そして、日本では中々知りえない海外の人たちの文化や価値観を知ることのできる良い機会でもありました。


これらを通して、多様な意見を受け入れる一方で、自分の考えをはっきりと持って主張することの大切さに気づかされました。


二つ目はSMAP解散騒動です。


今回の解散騒動については、「騒動や英国BBC記事を通して考える、日韓アイドルの現実」でも言及していましたが、関西テレビ・フジテレビ系『SMAP×SMAP』最終回を視聴する機会があり、思春期という多感な時期によくこの番組を見ていた僕としては、歌のみならずコントもかなりの懐かしさと同時に、東日本大震災義援金を呼び掛ける等日本国民に多大な影響力を与えてきたグループが解散するという寂しさを感じずにはいられませんでした。


僕は、SMAPとジャニーズ事務所所属の他のグループとの共演が少ないのは、SMAPが別次元にいるからだという勝手な解釈を持っていたのですが、(これが事実だとするならの話ですが)本当はジャニーズ事務所内で派閥が存在しているからであり、それが今回の解散にも影響したとするなら、いくら個々で優れた能力を持っていても、巨大な組織に所属している限りは、その組織の動向に左右されてしまう、ということが改めて示されたのだと思います。


但し彼ら一人一人にとって救いがあるとすれば、彼らの能力が優れているため、グループを離れて個人活動のみになっても十分にやっていける可能性が大いにある、という点です。


シンガーソングライターの槇原敬之氏がSMAPに提供した(SMAP提供を認めたのが勿論ジャニーズ事務所だというのは、今から考えると皮肉な話ですが)楽曲『世界に一つだけの花』の最後の部分にはこんな歌詞があります。


小さい花や大きな花
一つとして同じものはないから
NO. 1にならなくてもいい
もともと特別なOnly One


『SMAP×SMAP』最終回等で何度も聴いている内に、この曲が流れていた高校生の頃の苦悩や葛藤等と同時に、この曲が僕に勇気をくれていたことを思い出ました。


再びこうして岐路に立っている今、組織に属することになったとしても自分を見失わず、最終的に『オンリーワン』の存在になれればと思っています


2017年もこんな僕を宜しくお願いします!

2016/12/21

世界新聞(株)寄稿第5弾は、中国・ロシア・北朝鮮の風景を一度に望める中国・防川!

こんばんは、海外旅行好きのタケオです!


世界新聞(株)への投稿第5弾は中国・防川!



世界新聞(株)への記事寄稿・掲載について、2016年12月21日に第5弾が掲載されました!


記事内容は、中国・ロシア・北朝鮮の国境が集まり、3ヶ国の風景を一度に望める中国・防川の紹介です!
中国・延辺朝鮮族自治州旅行 Part 4‐琿春市内の中露朝国境地帯・防川を巡るを再編集し、寄稿したものです。


下記リンクから是非ご覧ください!


日本と意外な関係…。北朝鮮・ロシア・中国の国境が接する琿春市で見たもの


中国・防川で中国・ロシア・北朝鮮の風景を望める「龍虎閣」。
この建物の展望フロアを上がるとそこには????
続きは世界新聞の記事で!


※世界新聞運営者の書籍はコチラ!



引き続き、本ブログと世界新聞での記事を楽しみにして下さい!


中国東北地方への旅行や、中国に住む朝鮮族のことに関しては、コチラの書籍もどうぞ!

2016/12/11

韓国最新政治事情‐弾劾訴追案の発議から国会採決での可決に至るまでの経緯を整理!

こんばんは、韓国政治の混乱を憂うタケオです。
前回の韓国最新政治事情において、「崔順実ゲート(최순실 게이트)」関連疑惑でこれまでにない危機に陥っている韓国の朴槿恵(박근혜、パク・クネ)大統領が、2016年11月29日に「自らの進退問題を、国会の決定に一任する」と述べたとお伝えしましたが、その後野党3党が朴大統領の弾劾訴追案を発議し、12月9日の国会採決において、有効投票数299票中賛成234票という圧倒的な賛成多数で可決しました。
今回は12月3日の弾劾訴追案発議から12月9日の国会採決までの経緯を整理してみたいと思います。


目次
1. 野党3党+無所属議員 弾劾訴追案発議
2. 「崔順実ゲート」疑惑関係者 聴聞会で曖昧な発言や「知らない」に終始
3. 弾劾訴追案可決 与党セヌリ党から62人に及ぶ大量造反
4. 黄教安国務総理 大統領職を代行「国民の声を傾聴、最大限国政に反映」
5. 終わりに‐憲法裁判所の判決日はいつ?


野党3党+無所属議員 弾劾訴追案発議



11月29日の朴槿恵大統領発言で、自らの早期退陣がないと見てか、野党3党と無所属議員の計171人は、朴大統領に対する弾劾訴追案を発議しました。


弾劾訴追案に記載された主な弾劾理由事項としては、以下の3点になります。
「崔順実ゲート」関連疑惑に加え、別途国民の一部から非難の上がっていたセウォル号(세월호)沈没事故の対応に関しても記載されているところが注目に値します。

1.
崔順実氏等の側近達が政策に介入し、国務会議に影響力を行使したことによる代議民主主義義務違反

2.
セウォル号沈没事故の際に、大統領が最高決定権者として被害状況や救助進行状況を全く把握していなかったことによる、憲法10条「生命権保障」違反

3.
大企業に対し、財団法人ミルとKスポーツ財団に出資金を出させたこと等の第三者収賄罪


※参考リンク
聯合ニュース2016年12月3日配信「野党3党+無所属議員 朴大統領弾劾訴追案発議('야3당+무소속' 의원 171명, 朴대통령 탄핵소추안 발의)」



「崔順実ゲート」疑惑関係者 聴聞会で曖昧な発言や「知らない」に終始



12月6日と8日には、「崔順実ゲート」関連疑惑に関する聴聞会が国会で行われました。


6日には財閥の役員級8人が証言台に立ちました。
証人として聴聞会に出席した財閥役員級の中には、辛東彬(신동빈、シンドンビン、日本名:重光昭夫)ロッテ(롯데)グループ会長も含まれています。


特に崔順実氏の娘である鄭維羅(정유라、チョン・ユラ)の乗馬選手としての援助疑惑がもたれている李在鎔(이재용、イ・ジェヨン)サムソン電子(삼성전자、サムソンチョンジャ)副会長は、「(崔順実氏のことは)個人的には知らないが、いつ知るようになったかはわからない」という曖昧な回答をしました。


8日には金淇春(김기춘、キム・ギチュン)前青瓦台(日本での官邸に相当)秘書室長や、自身への便宜疑惑が持たれているチャ・ウンテク(차은택)CM監督等が出席。
特に金淇春前青瓦台秘書室長は、大部分の質問に対して「記憶がない」とか「知らない」の一点張りだったり、崔順実氏のことを当初「知らない」としつつも、証拠を出されると「錯覚していた」として発言を撤回したり等しました。


※参考リンク
KBS2016年12月6日配信「崔順実国政調査 第1回聴聞会 財閥総裁出席(‘최순실 국조’ 1차 청문회…재벌총수 출석)」
KBS2016年12月8日配信「崔順実聴聞会終了 核心疑惑追求の度に「知らない」(‘최순실 청문회’ 종료…핵심 의혹마다 ‘모르쇠’)」


弾劾訴追案可決 与党セヌリ党から62人に及ぶ大量造反



12月9日、国会にて弾劾訴追案の採決が行われました。
可決されるには、国会全300議席中3分の2以上である200議席以上の賛成が必要で、野党3党と無所属議員が172議席を占める中、マスコミや政治評論家の間では、与党からの造反が30~40議席に上り、可決されるとの予想が多かったですが、実際の結果は、299議員が無記名投票に参加した中、賛成234票、反対56票、棄権2票、無効7票の圧倒的賛成多数で可決されました。


結果的に62票もの造反が出たことになり、与党から朴槿恵大統領と距離を置く「非朴系(비박계)」議員38人が賛成に回った他、朴大統領に近い「親朴系(친박계)」議員からも賛成した議員が多かったと見られます。


弾劾訴追案可決により、憲法裁判所が弾劾訴追案可決から180日以内に弾劾賛否の判決を下すというスケジュールが確定しました。


※参考リンク
朝鮮ビズ2016年12月9日配信「朴大統領弾劾訴追案可決 賛成234票 親朴系一部も造反か(박 대통령 탄핵 소추안 가결…찬성 234표, 친박계 일부 동조한 듯)」


朴槿恵大統領弾劾訴追案の採決が行われた韓国国会議事堂(2015年12月13日撮影)


オーマイニュースTV公式Youtubeチャンネル2016年12月9日配信「朴槿恵大統領弾劾訴追案可決の瞬間(박근혜 대통령 탄핵소추안 가결의 순간)」


黄教安国務総理 大統領職を代行「国民の声を傾聴、最大限国政に反映」



朴槿恵大統領に対する弾劾訴追案が可決されたことで、朴大統領は職務停止の状態になり、黄教安(황교안、ファン・ギョアン)国務総理(日本の首相に相当)が大統領職を代行することになりました。


黄国務総理は、大統領職開始後に開いた「対国民談話(대국민담화)」の中で次のように述べています。


※参考リンク
ソウル経済新聞2016年12月9日配信「【全文】(黄教安 権限代行 対国民談話[전문]황교안 권한대행 대국민 담화)」


존경하는 국민 여러분,
저는 최근 국민 여러분께서 평화적 집회 등으로 민주적 의사표시를 하시는 모습에서 성숙한 대한민국의 미래를 볼 수 있었습니다.
정부는 국민 여러분의 목소리를 경청하여 최대한 국정에 반영토록 하겠습니다.
이제는 거리의 목소리가 현재의 국가위기를 극복하는 동력으로 승화되도록 국민 여러분께서도 뜻을 모아주시기를 머리 숙여 간곡히 당부드립니다.
  
尊敬する国民の皆様私は昨今皆様の平和的集会等で民主的意思表示をなさっている姿から、成熟した大韓民国の未来を見ることができました。政府は国民の皆様の声を傾聴し、最大限国政に反映するように致します。市井の声が現在の国家危機を克服する動力となるよう、国民の皆様もそれぞれの思いを結集して下さるよう、頭を下げて心の底からお願い申し上げます。 

여야 정치권과 국회에 부탁드립니다.
국가와 국민이 하루속히 안정을 되찾을 수 있도록 힘과 지혜를 모아주시기 바랍니다.
정부도 국회와 긴밀히 소통하면서 국가안보, 경제회생, 민생해결과 함께 국정안정에 최선을 다하겠습니다.
 
議員の皆様と国会にお願い申し上げます。国家と国民が一日も早く安定を取り戻せるよう、力と知恵を結集して下さい。政府も国会と緊密に連絡を取り合いながら、安全保障・経済回復・生活問題解決と共に、国政安定に最善を尽くします。 

지금 같은 엄중한 시기에 공직자들의 소명의식과 헌신이 무엇보다 중요합니다.공직자 여러분께서도 오직 국민과 함께 한다는 자세로 심기일전하여 주어진 책무를 충실히 수행해주시기를 바랍니다. 
今のような厳しい時期に公職者の使命感と献身が何よりも重要です。公職者の皆様もひたすら国民と共に歩むという姿勢で、心機一転与えられた責務を充実に遂行して下さるようお願い申し上げます。 

존경하는 국민 여러분,
지금 세계가 대한민국을 주시하고 있습니다.
그동안 우리는 외환위기, 국제금융위기, 각종 사회갈등 등 여러 위기와 혼란을 슬기롭게 극복해왔습니다.
나라 안팎의 위기 극복을 위해 다시 한 번 힘을 모아주십시오.
국정운영에 한 치의 흔들림이 없도록 적극적인 협조와 성원을 보내주시기를 간곡히 호소드립니다.
 
尊敬する国民の皆様今世界が大韓民国を注視しています。通貨危機・国際金融機器・各種の社会葛藤等、幾つもの危機と混乱を賢明に克服してきました。国内外の危機克服のために再び力を集めて下さい。国政運営に一切の揺るぎがないよう積極的な協力と声援を送って下さるよう、心の底よりお願いする所存です。


終わりに‐憲法裁判所の判決日はいつ?



朴槿恵大統領弾劾訴追案が可決されたことで、次の焦点は憲法裁判所がいつ判決を下すか、ということになります。


盧武鉉(노무현、ノ・ムヒョン)元大統領の弾劾訴追案が2004年3月12日での国会採決で可決された時は、約2ヶ月後の2014年5月14日に憲法裁判所が判決を下しましたが(棄却となり、翌日に職務復帰)、憲法上では弾劾訴追案可決から180日以内に判決を下すことになっており(憲法裁判所法第38条より)、最長で6ヶ月先の判決が可能となっている中での、憲法裁判所でのスケジュール調整がどのようになるか、注目されます。


尚、憲法裁判所での大統領弾劾決定条件及び弾劾決定・棄却後のスケジュールは次の通りです。


弾劾決定条件:裁判官9人中6人以上の賛成(憲法第111条・113条より)
弾劾決定後:60日以内に大統領選挙実施、選出された新大統領は任期5年(憲法第68条・公職選挙法第35条より)
弾劾棄却後:朴大統領職務復帰(憲法第65条より)


※参考リンク
大韓民国憲法|国家法令情報センター(韓国語)
憲法裁判所法|国家法令情報センター(韓国語)
公職選挙法|中央選挙管理委員会
ソウル新聞2016年12月9日配信「朴槿恵弾劾を控えた今日、12年前の盧武鉉弾劾を振り返る(박근혜 탄핵 앞둔 오늘, 12년 전 노무현 탄핵을 돌아보다)」



現代韓国や朴槿恵氏については、こちらの書籍もご参考に!

2016/12/10

韓国の新高速鉄道SRTの概要と、SRTとKTXの所要時間・料金比較!

こんばんは、韓国の政治動向と同じく、韓国の鉄道事情も気になるタケオです。
本日2016年12月9日、韓国で新しい高速鉄道SRT(Super Rapid Train)が開業しました。
そこで、今回はSRTの概要、そしてSRTと既存の高速鉄道KTX(Korea Train eXpress)との所要時間・料金の比較等について書きたいと思います。


目次
1. SRTとは?
2. SRT運行区間
3. SRT開業に合わせて建設された水西~平澤高速専用線
4. SRT時刻表
5. SRTのサービス
6. SRTはKTXと比較して14分の時間短縮
7. SRTの料金は対KTX比較で12~13%おトク
8. 仁川・金浦国際空港から水西・ソウル・龍山までの経路・所要時間・料金
9. 終わりに‐日本から来て鉄道を利用する際はKTXの方が便利


SRTとは?



SRTは、公的資金72.5%、民間資金27.5%の資金の下設立された株式会社SRが運営する高速鉄道です。


SRの株主構成・出資比率は以下の通りです。


KORAIL(韓国鉄道公社(한국철도공사)):41%
私立学校教職員年金公団(사립학교교직원연금공단):31.5%
IBK企業銀行(IBK기업은행):15%
KDB産業銀行(KDB산업은행):12.5%


SRT運行区間



SRTはソウル特別市(서울특별시)江南区(강남구、カンナムグ)にある水西駅(수서역、スソヨッ)から釜山広域市(부산광역시、プサンクァンヨッシ)の釜山駅(부산역、プサンニョッ)及び全羅南道(전라남도、チョルラナムド)の木浦駅(목표역、モッポヨッ)を結びます。
SRTの開業により、京畿道(경기도、キョンギド)華城市(화성시、ファソンシ)に東灘駅(동탄역、トンタンニョッ)、同道平澤市(평택시、ピョンテッシ)に芝制駅(지제역、チジェヨッ)が新設されます。
水西駅より芝制駅から少し先にある京釜高速線(경부고속선)接続点までは新設された高速専用線を走り、それ以降は既存の京釜高速線又は湖南高速線(호남고속선)を利用します。


SRT開業に合わせて建設された水西~平澤高速専用線


SRTの開業に合わせ、水西駅から平澤市内に位置する京釜高速線接続点に及ぶ61.1kmの高速専用線が建設されました。


61.1kmの内52.3kmは地下40~50mに掘られた栗峴トンネル(율현터널、ユリョントノル)を走るということですが、この栗峴トンネルは、スイスのゴッタルドベーストンネル(Gotthard Basistunnel)と日本の青函トンネルに次ぐ3番目に長いトンネルだそうです。


このような長いトンネルの建設があってか、総工費は3兆ウォン(約2,950億円)という巨額事業となっています。


※参考リンク
聯合ニュース2016年11月2日配信 「20分間暗いトンネルの中を走る水西~平澤間 KTXと同じようで違う(20분간 어두운 터널 달려 수서-평택 연결…KTX와 같은 듯 달라)」


韓国鉄道施設公団(한국철도시설공당)公式Youtubeチャンネル「水西高速鉄道広報映像(수서고속철도 홍보영상)」


SRT時刻表



SRTの時刻表がSR公式ウェブサイト上の下記リンクに掲載されています。
駅名がハングルだけでなく漢字・アルファベットも併記されているので、韓国語がわからない方でも解読できます。


SRT列車時刻表案内|SR


水西発釜山方面のSRTは全列車が釜山駅までの運行、木浦方面のSRTは、半数が光州広域市(광주광역시、クァンジュクァンヨッシ)の光州松汀駅(광주송정역、クァンジュソンジョンヨッ)止まり、残り半数が木浦駅終点までの運行になっています。


SRTの水西駅発車時刻はパターン化されているわけではありませんが、釜山駅行SRTは大体1時間に2、3本、光州松汀駅止まりSRTは1時間に1本、木浦駅行SRTは2時間に1本の割合で運行されます。


因みに、2016年12月9日現在のソウル駅発釜山駅行KTXは大体1時間に2、3本、龍山発光州松汀駅止まり・木浦駅行KTXは1時間に1、2本の割合です。


SRTのサービス



SRTの列車はKTX山川(KTX 산천)と同じ8両編成で、1+2列の特室(특실)1両、残り7両が2+2列の一般室(일반실)の構成です。
全てKTX山川の2次車であるB-Typeと同型の車両で運行されるため、全座席に電源コンセントが設置されていますが、既存のKTX山川B-Typeより、前座席との間隔が約5㎝広くなったのが特徴です。


2010年5月2日に釜山駅で撮影した、SRT運行車両とほぼ同型のKTX山川A-Type。
SRT運行車両は、写真の青色がワインレッド色になっています。


2016年6月11日にKTXに乗車した際に使用できた無料Wi-Fiは、SRT列車でも使用可能とのこと。



SRTはKTXと比較して14分の時間短縮



釜山・光州松汀・木浦へのSRTとKTXの平均所要時間を比較してみたのが以下です。
KTXはソウル駅(서울역)又は龍山駅(용산역、ヨンサンニョッ)からの計算です。
SRTの方が14分の時間短縮という結果になりました。


運行区間 ソウル・龍山発KTX(平均) 水西発SRT(平均) 短縮時間
釜山 2時間42分 2時間28分 14分
光州松汀 1時間57分 1時間43分 14分
木浦 2時間34分 2時間20分 14分


SRTの料金は対KTX比較で12~13%おトク



次に釜山・光州松汀・木浦へのSRTとKTXの一般室料金を比較してみました。
KTXの料金はソウル駅又は龍山駅発の計算で、全ての料金はそれぞれ韓国ウォンです。
SRTの方が12~13%安い結果となりました。


運行区間 KTX一般室料金 SRT一般室 運賃差額 対KTX割引率
釜山 59,800 52,600 7,200 12%
光州松汀 46,800 40,700 6,100 13%
木浦 52,800 46,500 6,300 12%




仁川・金浦国際空港から水西・ソウル・龍山までの経路・所要時間・料金



日本から飛行機で来てからSRTやKTXに乗る場合は、仁川国際空港(인천국제공항、インジョンクッチェゴンハン)及び金浦国際空港(김포국제공항、キムポクッチェゴンハン)から空港鉄道(공항철도)又は首都圏電鉄(수도권전철)で始発駅までの時間・料金も考慮する必要があるかと思います。


以下は仁川又は金浦国際空港からSRT・KTX始発駅までの行き方・所要時間・料金を記したものです。
尚、料金はTマネーカード(티머니카드)等の交通ICカード利用時を想定しています。


◎仁川国際空港駅~水西駅

使用路線:空港鉄道一般列車→ソウル地下鉄2号線(弘大入口駅乗り換え)→KORAIL盆唐線(往十里駅乗り換え)
所要時間:1時間55分程
料金:4,350ウォン


◎金浦空港駅~水西駅

使用路線:ソウル地下鉄9号線急行→KORAIL盆唐線(宣靖陵駅乗り換え)
所要時間:1時間程
料金:1,750ウォン


◎仁川国際空港駅~ソウル駅

使用路線:空港鉄道一般列車
所要時間:53分
料金:4,150ウォン


◎金浦空港駅~ソウル駅

使用路線:空港鉄道一般列車
所要時間:19分
料金:1,450ウォン


◎仁川国際空港駅~龍山駅

使用路線:空港鉄道一般列車→KORAIL京義・中央線(弘大入口駅又は弘徳駅乗り換え)
所要時間:1時間15分程
料金:4,050ウォン


◎金浦空港駅~龍山駅

使用路線:ソウル地下鉄9号線急行→首都圏地下鉄1号線(鷺梁津駅乗り換え)
所要時間:35分程
料金:1,450ウォン


仁川国際空港から水西駅までは2回の乗り換えが必要で、ソウル駅や龍山駅まで行くより倍近くの時間が掛かってしまいます。
料金については、違いは大きくありません。


一方、金浦国際空港からは、ソウル地下鉄9号線に乗ると、宣靖陵駅で水西駅を通るKORAIL盆唐線に乗り換えることができるため、9号線で10分間隔で運行される急行に乗れば、1時間程で水西駅に着くことができます。
それでもソウル駅や龍山駅まで行くのと比べてしまうと倍近く掛かってしまっています。
料金については、仁川国際空港からの場合と同じく、違いはさほどありません。


終わりに‐日本から来て鉄道を利用する際はKTXの方が便利


日本からソウルに来て、鉄道で地方都市に行く場合を考えますと、SRTとKTXを比較した際、個人的にはKTXを利用する方が便利だと思います。


理由はただ一つ、水西駅まで行くのに掛かる時間の長さに尽きます。
空港から水西駅まで行くのに、ソウル駅や龍山駅に行く時と比べて倍近く掛かるというのは、かなりのタイムロスです。
そして、始発駅までの移動に長時間掛かるということは、それだけ手荷物やスーツケースを引いて移動する時間も長く掛かるわけで、旅行において移動だけで疲労度が濃くなってしまうのはもったいないです。


12月9日以降のSRT及びKTXの時刻表を見ると、KTXの開業以降長距離高速鉄道輸送の全てを担ってきたKTXから、一部(25%程?)をSRTに移管したような形になっているので、日本からソウルを経由して鉄道で地方都市に行くのには多少不便になってしまった感があります。


但し、SRTの新設目的は、江南区を中心としたソウル特別市漢江以南地域住民を対象にした利便向上なので、海外観光客が割を被ってしまうのは致し方ない面があるかもしれません。


今後SRTとKTXが競争することで、運行本数や料金体系に変化が生じる可能性もあるので、これからのSRTとKTXの行方を注視したいと思います。


韓国での鉄道旅については、こちらの書籍もご参考に!

2016/11/30

韓国最新政治事情‐韓国検察「崔順実ゲート」関連事件における朴槿恵被疑者としての立件開始から、朴槿恵大統領職早期委譲示唆表明に至るまでの経緯を整理!

こんばんは、韓国政治の混乱を憂うタケオです。
前回の韓国最新政治事情において、韓国の朴槿恵(박근혜、パク・クネ)大統領が「崔順実ゲート(최순실 게이트)」関連疑惑でこれまでにない危機に陥っているとお伝えしましたが、2016年11月29日に朴大統領は、「大統領職任期短縮を含めた進退問題を国会の決定に委ねる」と述べ、大統領職早期委譲を示唆しました。
今回は11月20日の韓国検察朴大統領容疑者としての立件を目的の捜査開始表明から11月29日までの経緯を整理してみたいと思います。


目次
1. 韓国検察、朴槿恵大統領被疑者としての立件を視野に捜査開始
2. 朴槿恵大統領 検察の捜査容認撤回
3. 韓国野党 弾劾訴追案作成準備に入る
4. 「非朴系」議員40人程 弾劾訴追案に賛成?
5. 朴槿恵大統領退陣要求大規模集会に150万人?
6. 「親朴系」議員から「名誉ある退陣」提起
7. 朴槿恵大統領 対国民談話で「進退問題を国会に一任」
8. 終わりに‐韓国政治制度の現状に対する議論も必要


韓国検察、朴槿恵大統領被疑者としての立件を視野に捜査開始



韓国検察は11月20日、「(崔順実氏・安鐘範(안종범、アン・ジョンボム)元青瓦台政策調整主席秘書官他との)共謀関係が認められる部分に関して正式に被疑者として立件した。これからは被疑者とみなしての捜査を進める」と発表しました。


一方で検察は「憲法84条に規定されている韓国現職大統領の刑事不訴追特権により、現職大統領を逮捕・起訴することはできない」と判断し、「被疑者としての立件」となりました。


※参考リンク
ソウル新聞2016年11月20日配信「検察「朴槿恵大統領被疑者立件 賄賂容疑も追加で捜査」(검찰 “박근혜 대통령 피의자 입건…뇌물 혐의 추가로 수사”)」
韓国経済新聞2016年11月20日配信「検察「朴大統領 崔順実等と相当部分共謀 起訴は不可」(檢 "朴대통령, 최순실 등과 상당부분 공모…기소는 불가")」



朴槿恵大統領 検察の捜査容認撤回



検察の朴槿恵大統領被疑者としての立件発表を受け、朴大統領の弁護人ユ・ヨンハ(유영하)氏は、「財団法人ミル(재단법인미르)とKスポーツ財団(K스포츠재단)は「文化育成」と「韓流拡散」という政策目標のための事業であり、崔順実氏の横領は大統領とは無関係」とし、「共謀者とされたことは認められない」とし、朴大統領は、11月4日の「対国民談話」で表明していた検察の自身への捜査容認を撤回し、検察の捜査を拒否しました。


参考リンク
SBS2016年11月20日配信「朴大統領 検察捜査拒否 特別検察には積極的に協力(박 대통령, 검찰 수사 거부…"특검 적극 협조")」



韓国野党 弾劾訴追案作成準備に入る



韓国検察の発表と朴槿恵大統領の検察捜査拒否を見て、野党の共に民主党(더불어민주당)・国民の党(국민의당)・正義党(정의당)の院内代表(日本の国会対策委員長に相当)が11月24日に合同会議を行い、朴大統領に対する弾劾訴追案の作成準備に入ることで合意しました。


早ければ12月2日、遅くとも定期国会(日本での通常国会に相当)最終日の12月9日には採決される、というスケジュールとなりました。


※参考リンク
KBS2016年11月24日配信「野党3党 「弾劾訴追案定期国会内に提出・採決」(야3당 “탄핵소추안 마련 정기국회 내 제출 처리”)」


「非朴系」議員40人程 弾劾訴追案に賛成?



野党が共同で朴槿恵大統領に対する弾劾訴追案作成の準備に入った同日、与党セヌリ党(새누리당、セヌリダン)の中で、金武星(김무성、キム・ムソン)前代表を中心とする朴大統領と距離を置く「非朴系(비박계)」議員の大部分が、弾劾訴追案に賛成する方向だと韓国マスコミが報じました。
一部「非朴系」議員からは、賛成する議員の数が40人に上るだろう、との見方も出ました。


弾劾訴追案の発議には国会議員数3分の2以上の賛成、つまり200人以上の議員が賛成に回らなければならず、野党3党と無所属議員が現在172議席である中で、与党からは少なくとも28人の賛成が必要になります。
そうした中で、弾劾訴追案に賛成する議員が40人ともなれば、28人を大幅に上回る与党議員が造反する形になります。


※参考リンク
京郷新聞2016年11月24日配信「【弾劾案発議秒読み】野党3党 40人余りに上った「セヌリ賛成派」と共同発議推進([탄핵안 발의 ‘초읽기’]야 3당, 40여명으로 늘어난 ‘새누리 찬성파’와 공동발의 추진)」


朴槿恵大統領退陣要求大規模集会に150万人?



「崔順実ゲート」の余波が収まらない中、11月19日・11月26日にはそれぞれ4・5回目の朴槿恵大統領退陣要求大規模集会がソウル特別市(서울특별시)光化門広場一帯(광화문광장)で行われ、特に11月26日行われた集会では、主催者側発表で150万人(警察側発表は27万人)が集まり、「朴槿恵は退陣しろ(박근혜는 퇴진하라)」のシュプレヒコールをあげました。


11月26日での集会では、警察が青瓦台(청와대、日本の首相官邸に相当)から200mまでの人の立ち入りを許可したため、朴大統領にもシュプレヒコールが耳に入らざるを得ない状況でした。


※参考リンク
朝鮮日報2016年11月26日配信「歴代最大規模の集会 衝突なく終わる 主催側150万人 警察側27万人([5차 촛불집회]역대 최대규모 촛불집회 충돌없이 마무리…주최측 "150만명" 경찰 "27만명")」



「親朴系」議員から「名誉ある退陣」提起



セヌリ党「非朴系」議員から弾劾訴追案賛成の意思が出て、与党内の分裂が深まろうとする中の11月28日、朴槿恵大統領に近い「親朴系(친박계)」ベテラン議員から、朴大統領に残りの任期まで務めるより自ら退く「名誉ある退陣」を要求する声が上がりました。


提起した議員の一人は韓国マスコミのインタビューで次のように述べています。


탄핵으로 갈 수밖에 없는 상황인데, 탄핵이 되면 새누리당도 어려워지고 사회가 혼란스러워진다.
헌법재판소 결정이 어떻게 날지 모르지만, 대통령이 직무정지 상태로 계속 가는 건 명예스럽지 못하다, 탄핵으로 가지 않기 위한 방법은 대통령이 스스로 일찍 물러나는 수밖에 없다
弾劾が避けられないだが、弾劾になればセヌリ党も厳しくなり、社会が益々混乱する。
憲法裁判所の決定がどのように下されるかわからないが、大統領が職務停止状態に陥ることは名誉あることではなく、弾劾にならない方法は大統領が自ら早く退く他ない。



※参考リンク
ハンギョレ新聞2016年11月28日配信「親朴重鎮たち 「このままでは弾劾 朴大統領は名誉ある退陣を」(친박 중진들 “이대론 탄핵…박대통령 명예퇴진해야” )」


朴槿恵大統領 対国民談話で「進退問題を国会に一任」



「親朴系」議員の一部から「名誉ある退陣」が飛び出した翌日の11月29日、朴槿恵大統領は対国民談話を開き、「大統領職の任期短縮を含めた進退問題を、国会の決定に一任する。与野党が議論し、国政の空白を最小限にするような、安定した政権移譲の方法が提示されれば、その日程と憲法で定められた日程に従い、大統領職から退く」と述べました。


しかし、自ら退陣を表明するとか、弾劾訴追案の結果を厳粛に受け止めるとか等の明言はなく、与野党間やセヌリ党内の分裂様相を見て少しでも自身への被害を最小限に食い止められるよう、自ら拙速しての判断を避けたのではないか、と僕は見ています。


※参考リンク
JTBC2016年11月29日配信「【3回目対国民談話映像】朴大統領「任期短縮等の進退問題 国会に一任」([3차 대국민담화 풀영상] 박 대통령 "임기 단축 등 퇴진 문제 국회에 맡길 것")」


終わりに‐韓国政治制度の現状に対する議論も必要



朴槿恵大統領は11月4日の対国民談話で検察の捜査に協力するとしながら後に拒否、そして今回の「進退問題国会に一任」表明。
与党セヌリ党は、「非朴系」議員が弾劾訴追案へ賛成に回ると示唆したかと思えば、「親朴系」議員からは「名誉ある退陣」の提起。
野党は、11月12日の朴大統領退陣要求大規模集会に党代表などが参加していながら、状況を鑑みてではあるものの弾劾訴追への道を選ぶなど、「崔順実ゲート」疑惑拡大から広がった朴大統領進退問題の行く末は、既にある意味政治ゲームの様相を呈しているように見えます。


その一方で、僕は、今回朴大統領をこのような行為に走らせた原因が何なのか、今後どういう風に政治制度があるべきなのか、等の議論がなされなければ、また今回と同じような事態が起こり得る、と考えているのですが、そういった議論が深まっているような様子がなく、とても残念に思います。


朴大統領の早期退陣となるのか、弾劾訴追案の行方は、そして韓国の政治体制についての議論が深まるのか、注目です。


現代韓国や朴槿恵氏については、こちらの書籍もご参考に!

2016/11/29

世界新聞(株)寄稿第4弾は、ハンガリーとスロバキアのドナウ川国境にかかるマリア・ヴァレーリア橋(Maria Valeria Bridge)!

おはようございます、海外旅行好きのタケオです!


世界新聞(株)への4回目寄稿記事が掲載!



世界新聞(株)への記事寄稿・掲載について、2016年11月27日に第4弾が掲載されました!


記事内容は、ハンガリーとスロバキアのドナウ川国境にかかるマリア・ヴァレーリア橋(Maria Valeria Bridge)の紹介です!
鉄道でスロバキアのŠtúrovoへ、マリア・ヴァレリア橋を渡ってハンガリーのエステルゴムへハンガリーの旅(ブダペスト・エステルゴム) Part7‐エステルゴム大聖堂を訪ねる、バス・地下鉄を乗り継いでブダペストに戻るを再編集し、寄稿したものです。


下記リンクから是非ご覧ください!


ヨーロッパの国境なんてこんなもん。マリアヴァレリア橋を渡って国境越えしてみた!


マリア・ヴァレーリア橋のハンガリー側入口


マリア・ヴァレーリア橋で、EU旗とスロバキア国旗を見ながら、国境越え!


マリア・ヴァレーリア橋で、スロバキア共和国(Slovenská Republika)とハンガリー(Magyarország)の国境に立ちました!


マリア・ヴァレーリア橋で、EU旗とハンガリー側国旗を見ながら、ハンガリーに別れの挨拶!


マリア・ヴァレーリア橋から望むドナウ川とエステルゴム大聖堂の景色は素晴らしいの一言!

※世界新聞運営者の書籍はコチラ!



引き続き、本ブログと世界新聞での記事を楽しみにして下さい!


ハンガリー・スロバキア旅行に関することは、コチラの書籍もどうぞ!