ad1

2018/03/15

ロシア・モスクワ旅行 Part 11-全ロシア博覧センターVDNHでスケートを楽しむモスクワ市民の様子を見てきた!

前回Part 10はこちら


クレムリン (Кремль, Kremlin) と赤の広場 (Красная площадь, Red Square) というモスクワ随一の観光名所を楽しんだ後は、モスクワ市民の新年の様子を観察。

冬の楽しみと言えばスケートだろうということで、冬場野外スケート場が開かれているという全ロシア博覧センター (ВДНХVDNH) に行って来ました。


IMG_3316





モスクワ地下鉄でVDNH駅へ


多くのモスクワ市民や観光客で賑わう赤の広場を後にした僕は、キタイ=ゴロド駅 (Китай-город, Kitay-gorod) からモスクワ地下鉄6号線に乗車。

乗車してから15分、全ロシア博覧センターの名を冠したVDNH駅で下車しました。



IMG_3245
モスクワ地下鉄キタイ=ゴロド駅入口




IMG_3247
キタイ=ゴロド駅内にある銅像。
今でも正体は不明。。。




IMG_3249
キタイ=ゴロド駅からモスクワ地下鉄6号線に乗車!




IMG_3251
モスクワ地下鉄6号線VDNH駅で下車。





IMG_3256
モスクワ地下鉄の駅は深いことで知られていますが、VDNH駅は僕が利用した駅の中でも、特に出口までのエスカレーターが長かったです。。。




IMG_3258
モスクワ地下鉄VDNH駅





VDNH駅周辺は宇宙開発に携わった人物の銅像の宝庫!


VDNH駅を出て全ロシア博覧センターに直行する勢いだったのですが。

VDNH駅を出ていきなり目に飛び込んで来たのが。




ロケット弾が空に向かって突き出ている記念碑?


IMG_3263




この記念碑の周辺に、他にも宇宙開発関連と思しき人物の銅像が沢山あったので、全ロシア博覧センターに行く前に見て回りました



IMG_3259
写真一番手前がユーリイ・アレクセーエヴィチ・ガガーリン (Юрий Алексеевич Гагарин, Yuri Alekseyevich Gagarin) の胸像だということだけは何とか解読出来ました(苦笑)。
僕の想像以上に、ロシアが宇宙開発を誇りとしているのが窺えます。




IMG_3266
奥にオスタンキノ・テレビ塔 (Останкинская телебашня, Ostankino Tower) が見える位置に凛々しくそびえ立つ銅像の正体は、セルゲイ・パブロビッチ・コロリョフ (Сергей Павлович Королев, Sergei Pavlovich Korolev) という人物。
スプートニク1号 (Спутник-1, Sputnik 1) や、ガガーリンが搭乗した宇宙船の開発を主導した人らしいです。





IMG_3267
ロシア宇宙開発4人衆?




IMG_3267
これまた立派な胸像ですが、どれが名前に当たるのかさっぱり。。。


※参考リンク

ギズモード・ジャパン2011年4月14日付「人類が初めて宇宙へ出て50年 世界から愛された男ユーリイ・ガガーリン」






ロシアのバーガーキングで遅めの昼食!


VDNH駅出口周辺の銅像達を見回っていよいよ全ロシア博覧センターに行こうかと思いましたが、その前に重要なことに気づきました。





午後4時を過ぎているのにまだお昼を食べていなかった。。。
流石に何か口に運びたくなって来た(笑)。




周りにレストラン等ないか探し回っていると。




おーっ、僕の好きなファストフードチェーンの一つバーガーキング発見!


IMG_3302







看板のキリル文字は読むのに苦労しますが、ロゴ中の「バーガーキング」が英語なのがありがたい(苦笑)!

この2018年元日もかなり歩き回ったので、赤基調の看板を見たら、またも肉系をがっつり食べたくなりました。

ということでバーガーキングの看板メニューであるワッパー (Whopper) を注文することに。

列に並ぶこと数分、中央アジア系のアルバイトと思われる店員に英語で対応してみることに!



店員:ご注文どうぞ。(多分)
僕 :Whopperのセット下さい!
店員:えっ、何ですか?
僕 :Whopperです!
店員:あ~、「ウォッペル」ですね。




。。。めっちゃ巻き舌でした(苦笑)




ともあれ注文に成功したのですが。




あれっ、ポテトも頼んだはずなのに。。。
何だか消化不良(苦笑)。


IMG_3306




ポテトを逃した代わりに、500mlの炭酸飲料でお腹を満たすしか道はありませんでした(汗)。



IMG_3307
全ロシア博覧センター近くにあったバーガーキングの店内。
政治的には「敵国」のチェーン店ですが、多くのお客さんで賑わっていました。





全ロシア博覧センターに入ってみた!


バーガーキングで遅めのお昼休憩を取ったあと、いよいよ本当に全ロシア博覧センターへ

その入口へ向かうと。




巨大な凱旋門が入口に!


IMG_3309




とは言え、パリ (Paris) の凱旋門とも、ベルリン (Berlin) のブランデンブルク門 (Brandenburger Tor) とも似つかぬ門ですね。。。

この巨大な凱旋門をくぐり抜けて、奥に進んでみると。




レーニン (Ленин, Lenin) の銅像!


IMG_3320




空を見上げて堂々な姿。

旧ソビエト連邦の基礎を築き上げた人物故、流石に凛々しく造られていました!





全ロシア博覧センターの中にスケート場!


非常に広い敷地を誇る全ロシア博覧センター。

その中間辺りまで進んでいくと。




巨大なスケート場出現!
しかし寒いのにスケート場に人が沢山!


IMG_3327




当日は0度を下回る氷点下の寒さに感じましたが、それでもモスクワ市民は思い思いにスケートを楽しんでいました。

ロシアは、先日の平昌オリンピックでも女子個人で金・銀メダルを獲得する等「フィギュアスケート大国」として知られていますが、一般のモスクワ市民もスケートが大好きなようです。


IMG_3358
全ロシア博覧センター野外スケート場のスケート靴貸し出し場には長蛇の列が出来ていました。




IMG_3332
全ロシア博覧センター野外スケート場でスケートを楽しむ家族




IMG_3337
幻想的な光の中でスケーティング!





IMG_3343
スケートしっぱなしだと流石に疲れるから、偶には小休止。





全ロシア博覧センターは目を見張る建造物の宝庫!


野外スケート場が設置されていた全ロシア博覧センターは、元々1939年に農産品博覧会の会場としてオープン。

年を追うごとに、旧ソビエト連邦構成国の名を冠した建物の建設やロシアの誇る産業品の展示も始まって現在の姿に至ったとのこと。

このようなことから、全ロシア博覧センター内には、入口の凱旋門の外にも様々な建造物・産業品でいっぱいでした。



IMG_3357/td>
写真奥から順に、労働組合館(旧ジョージア館)・公衆衛生館(旧アルメニア館)・アゼルバイジャン館、コーカサス地方3ヶ国の名の付いたパビリオンが並んでいます。




IMG_3361
現在は独立国であるベラルーシの名前が付いた、「ベラルーシ共和国館」




IMG_3370
全ロシア博覧センターで展示されていた、Yak-42 (Як-42) という旅客機。
現在の日本では見られない、エンジンが3つ付いている3発機。




IMG_3379
全ロシア博覧センターで展示されていた、ボストーク  (Восток, Vostok) というロケットらしいです。
下にあるスライダー用の光が、偶然にもロシアの誇るロケットのカッコ良さを引き出しています。





全ロシア博覧センター公式ウェブサイト(英語)


http://vdnh.ru/en/




全ロシア博覧センター周辺地図








Part 12へ続く。







モスクワ旅行については、下記の書籍もご参考に!