ad1

2018/03/30

海外ホテルレビュー ‐ モスクワのホテルブダペスト (Hotel Budapest)

海外旅行好きのタケオです。

2017年12月30日~2018年1月2日まで、紆余曲折がありながらも耐え抜きながら観光したモスクワ(苦笑)。

今回はモスクワで宿泊したホテル、ホテルブダペスト (Hotel Budapestレビューしたいと思います。

ちなみに、名前にハンガリーの首都が付いていますが、ハンガリーとは何の関係もないようです(汗)。























モスクワ地下鉄の駅から徒歩10分程のホテルブダペスト


ホテルブダペストは、モスクワ地下鉄7号線クズネツキー・モスト駅 (Кузнецкий мост, Kuznetsky Most) 、2号線劇場駅 (Teatral'naya, Театральная) からそれぞれ徒歩約10分のところにあります。

アエロフロート (Аэрофлот, Aeroflot) 便の発着するシェレメチェヴォ国際空港 (Международный аэропорт Шереметьево, Sheremetyevo International Airport) からだと、空港連絡鉄道のアエロエクスプレス (Аэроэкспресс, Aeroexpress) で終点のベラルースキー駅 (Белорусский вокзал, Belorussky Railway Terminal) からモスクワ地下鉄2号線に乗り換えて劇場駅へ。

日本航空便の発着するモスクワ・ドモジェドボ空港 (Московский аэропорт Домодедово) からだと、同じくアエロエクスプレスで終点のパヴェレツキー駅 (Павелецкий вокзал, Paveletsky Railway Terminal) からモスクワ地下鉄2号線に乗り換えて同じく劇場駅へ向かうのが便利です。

僕はアエロフロート便に搭乗したので、シェレメチェヴォ国際空港からアエロエクスプレス・モスクワ地下鉄2号線を使い、劇場駅からホテルブダペストに辿り着きました。

シェレメチェヴォ国際空港から劇場駅までの行き方はロシア・モスクワ旅行 Part 2で書いていますので、そちらを参考にして下さい。



モスクワ地下鉄2号線劇場駅出口




ボリショイ劇場 (Большой театр, Bolshoi Theatre) と百貨店ツム (ЦУМ, TsUM) の間にある道を北方向に進みます。





ボリショイ劇場と百貨店ツムの北端まで来たら右に曲がり、百貨店ツムの北東端まで来ると写真の交差点まで辿り着きます。
この交差点を、アルファ銀行 (Альфа-Банк, Alfa Bank) を右に見て写真の奥の方向に進みます。




途中で通るロシア連邦国旗の掲げられた建物が目印になります。
ロシア連邦中央銀行 (Центральный банк Российской Федерации, Central Bank of The Russian Federation) の建物らしいです。




写真に映っている地図案内板がある三叉路で、写真の左方向に曲がると。




左手に見える5階建ての建物全体がホテルブダペストになります!




ホテルブダペスト入口に着きました!



ブダペストホテル入口右横に、旧ソ連の礎を築いた指導者レーニン (Ленин, Lenin) のレリーフが飾られていました。
公式ウェブサイトによれば、レーニンはこの建物(当時はホテルではなかったらしいです)を2回訪れているらしいのです。
嫌な見方をしてしまえば「たった2回の訪問」なのですが、それでも宣伝する辺り、レーニンという人物がロシアで如何に偉大なのかを感じさせます。


僕が実際に歩いた、モスクワ地下鉄2号線劇場駅からホテルブダペストまでの道のり






観光名所に近いけど落ち着いた雰囲気が特徴のホテルブダペスト


ホテルブダペストは、フロントと部屋を含めて、全体的に照明が茶色で統一されているので、ボリショイ劇場 (Большой театр, Bolshoi Theatre) や赤の広場 (Красная площадь, Red Square) 等の観光名所に近いホテルにもかかわらず、とても落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

僕が宿泊した部屋タイプはクラシック (Classic) の1人用でしたが、1人部屋としては余りあるスペースが確保されているので、ゆったりと寛ぐことが出来ました。



ホテルブダペストのフロント





ホテルブダペストの1人用クラシックルーム。
ベッドはダブルベッドですが、それでも荷物を置ける十分な広さが保たれています。




ホテルブダペストクラシックルームのシャワールーム。
写真には映っていませんが、右の方にはトイレが付いています。
浴槽はありますが期待するほど深くはないです。




ホテルブダペストクラシックルームのシャワールームに、アメニティーセットとペットボトルのミネラルウォーターが用意されていました。






Wi-Fiの速度はそこそこのホテルブダペスト


ホテルブダペストのクラシックルームでは、暗号化はされていませんがWi-Fiを利用することが出来ました。

しかし速度はそこそこといった感じだったので、ネットサーフィンする位の程度に留めた方が良いかと思います。

(Wi-Fi接続時の画面を撮っておくのを忘れてしまったので、説明のみでご勘弁下さい。。。)






朝食バイキングは典型的な欧米スタイルのホテルブダペスト


ホテルブダペストの朝食バイキングは、一般的な欧米スタイルの内容。

メニューは毎日ほぼ変わらないので、内容を求める方には少々物足りないかも知れません。

しかし、慣れない地においてしっかりと朝食が取れる点は評価出来るポイントだと思います。



ホテルブダペストの朝食会場。
確か2階か3階でしたが、運よく宿泊部屋と同じ階だったので助かりました。




スクランブルエッグや、ボイルされたソーセージ、ハムが用意されています。




フルーツ類は、バナナやオレンジは生でしたが、それ以外は缶詰で賄われていた感じです。




食パンやクロワッサン等のパン類はトースターで好みの加減で焼くことが出来ます。





ドリンク類は、フルーツジュースと、写真にあるコーヒーやティーバッグのお茶類が用意されています。




ホテルブダペスト朝食会場の内部。
朝食バイキングの内容は一般的ですが、このように広々として落ち着いた雰囲気でゆっくりと朝食を楽しめるのは良いですね!




ホテルブダペスト朝食バイキングの盛り付け例。
スクランブルエッグにミートボールのトマト煮等。





まとめ:ホテルブダペストは観光名所に近いながらお値段がとても手頃なホテル!


ホテルブダペストのクラシックルームでの宿泊の印象をまとめてみました


1. 落ち着いた雰囲気でゆったり過ごせる
2. 観光名所へのアクセス良好
3. Wi-Fiは暗号化されていないが十分に利用可能


そしてここで付け加えたいのが。




観光名所に近い・朝食付き・Wi-Fi利用可能なのに、値段がとてもお手頃!




僕が2017年8月下旬にホテルズドットコム経由で予約した際にセール価格だったというのはあるかも知れませんが、一般的に日本の地方にあるビジネスホテルに泊まるのと同じような価格でリーズナブルに泊まることが出来たのは驚きでした。

皆さんも、観光名所へのアクセスが良好でもリーズナブルに泊まれるブダペストホテルで、充実したモスクワ旅行を楽しんでみては如何でしょうか!





ブダペストホテル公式ウェブサイト(英語)


http://www.hotel-budapest.ru/en/
(日本語版はありません)




モスクワのホテル選びには、こちらの書籍もご参考に!