ad1

2018/10/23

モロッコ世界遺産巡りの旅 Part 14-カサブランカ中心部・メディナを散策、再びハッサン2世モスクへ!

モロッコで宿泊するのもこの日が最後。。。

昼間はメディナ(Medina)をはじめとしたカサブランカ(Casablanca)中心部を散策。

そして、カサブランカが大西洋沿岸の都市ということで、大西洋をちゃんと見られないかと再度ハッサン2世モスク(Mosquée Hassan II)周辺に行ってみると、そこではモロッコ最終日に相応しい素晴らしい景色が僕を待っていました!


DSCF6410





カサブランカ中心部を散策


ハッサン2世モスク内部に入れず、ちょっとブルーな気分にはなりましたが、気を取り直してカサブランカ観光再開。

多くの市民や観光客が訪れていた場所を歩き回りました。




DSCF6237
カサブランカの目抜き通り、ハッサン2世通り沿いにあった公園。
時々湧く噴水が涼しさをもたらします。




DSCF6235
噴水の湧く公園に隣接している施設。
後でGoogleマップで確認したら裁判所とのこと。




DSCF6238
カサブランカにある噴水の湧く公園は憩いの場なのか、多くの市民が訪れていました。
ついでにハトもいっぱい(笑)。




DSCF6278
国連広場(Place des Nations Unies)で一休み!




DSCF6280
国連広場を通るカサブランカの路面電車。
かなりのカーブですが、5連接が2つ繋がっているので迫力満点且つ一つの画像に収まりきらない(苦笑)。




DSCF6312
国連広場から路面電車の線路沿いに東方向に進むとモハメド5世通りになります。
この箇所はトランジットモール(自動車進入禁止の通り)になっているみたいです!





カサブランカでの昼食は?


国連広場で良さげなカフェを発見。


フランス語のメニューで「ミニ朝食(温かい飲み物+オレンジジュース+クロワッサン)」25ディルハムが あったので、それを頼んでみたかったのですが。。。



「今の時間帯はそのメニューはありません!」

そりゃそうだわな。。。


DSCF6293




オムレツもあったのですが、それだとあまりお腹膨れないと思い、このカフェは断念。

他のところを探したのですが、結局入った店はというと。




ケンタッキー・フライドチキン!


DSCF6295




モロッコ料理を期待していた方、申し訳ありません(汗)。

この時はとにかく食べること優先だったので、適当な店を見つけられなかったところ、世界的ファストフードチェーンに助けを求めたわけです(苦笑)。




DSCF6296
ケンタッキー・フライドチキンで食べた、クリスピースパイシチキン2本・フライドポテト・ミニパン・ドリンクセット。
正確な値段を忘れてしまいましたが、50~60ディルハム(約550~660円)近辺だったと思います。





カサブランカのメディナを散策


ファストフードチェーンで腹ごしらえを済ませたら、近くにあるメディナへ!

大都市にあるメディナということで、ラバト(Rabat)のメディナに雰囲気が似ていて、地元民あるいは周辺の住民の買い出しのための市場という印象を持ちました。



DSCF6341
カサブランカのメディナに入ります。




DSCF6347
カサブランカのメディナの南側入口付近は、通りの両側に服飾店・雑貨店が立ち並びます。




DSCF6352
スパイスてんこ盛りの店もあり。




DSCF6358
大玉メロンが並ぶお店もあり。




DSCF6359
カサブランカのメディナは通りが広かったり、空が十分に見えるエリアもあるので、僕にとってはマラケシュやフェズと比べて多少の安心感がありました(汗)。





赤の広場経由でロシア国立歴史博物館に入ろうとするも。。。


地元民で賑わうメディナを通過。

せっかく近くに大西洋の大海原があるので、ハッサン2世モスク近くで大西洋を見られるポイントはないかと歩いてみることにしました。


DSCF6377
カサブランカのメディナを北方向に抜けると、ハッサン2世モスクの塔が顔を出します。




DSCF6388
写真の真ん中にあるのが、映画「カサブランカ」で出て来たカフェと同じ名前のRick's Cafe。




DSCF6384
モロッコにいるとは思えぬ新装ビルの立ち並び。
商業地区として開発真っ最中のよう。





このビルの立ち並びを北側に抜けると。




おーっ、大西洋を一望だ!!


DSCF6396




そしてこの西側の位置には。




ハッサン2世モスク!
しかも夕陽がとても綺麗だ!


DSCF6410






丁度夕暮れの時間帯でしたが(といっても午後8時ですが苦笑)、モロッコ最終日に夕陽が織りなす幻想的な景色を観れて本当に良かったです!

これまでの道中であった幾つかの嫌な出来事は忘れ、まさに「終わり良ければ総て良し」でした(笑)!



DSCF6431
モロッコで最後に見る夕陽が沈んでいきました。。。




DSCF6449
鮮やかにライトアップされたハッサン2世!
流石多くの金額を費やして建設されたモスクです。




DSCF6446
ハッサン2世モスクには、夕方の礼拝を行うためイスラーム教徒が続々と入っていきました。




DSCF6451
日没のハッサン2世モスクに集まっていた子供たちが凧揚げをしていました。
タコ足配線を楽しむのは世界共通のようです。




DSCF6484
番外編。
ホテル近くにあったカルフールで夕食及びおやつを買って、ホテルに戻りました。




Part 15へ続く。






モロッコ旅行で参考にした書籍はコチラ!







前回Part 13をまだご覧になっていない方は下の画像をクリック!

モロッコ世界遺産巡りの旅 Part 13-国鉄長距離列車でフェズからカサブランカへ、ハッサン2世モスクに入ろうとしたけど。。。

2018年8月17日、モロッコ旅行もラストスパートに突入! モロッコ国鉄ONCF(Office National des Chemins de Fer)長距離列車でフェズ(Fez)からモロッコ最大の経済都市カサブランカ(Casablanca)に移動! カサブランカ最大級のモスクであるハッサン2世モスク(Mosquée Hassan II)の中に入ろうとしたのですが。。。 ...