ad1

2015/04/27

「ベルリンの壁」跡地で開かれた「日本桜祭り(Japanisches Kirschblütenfest)」に行ってきた!

先週の「ベルリンのGärten der Welt(世界の庭園)で桜を楽しんできた」で、今年の桜を見るのは最後だと思っていましたが、インターネットで、桜が植えられている「ベルリンの壁」跡地で桜祭りが開かれる、という情報を入手、行ってみることにしました。
場所は、ベルリン市と南西に隣接するテルトー市(Stadt Teltow)に以前あった「ベルリンの壁」の跡地です。


Sバーン25系統のLichterfelde Süd駅から徒歩で行きました。


◎何故ベルリンの壁跡地に桜の木が植えられたのか?


現地にあった説明書きによると、ベルリンの壁崩壊直後からテレビ朝日が呼びかけた募金が1億4000万円程度集まり、これを基に1996年に300本の桜の木が植えられ、2002年から桜祭りを始めたのだそう。


ドイツ語による日本桜通り(Japnische Kirschallee)の概要説明


◎桜祭りの様子


実際に行ってみると、八重桜の系統と思われる桜が見事に咲き誇っていました。
桜祭りでは現地合唱団の演奏、現地J-POPファンによる歌・ダンス披露等の催しが行われた他、沢山の出店が並んでいました。
出店の一つに日本料理を提供する店があり、五目寿司と桜餅を食べたのですが、久しぶりのうるち米の食感にとても感動しました!


桜祭りのポスター。今年で14回目。



コスプレ姿の現地の若者


ここにもコスプレ姿の若者が!


現地の漫画家のようです。


現地吹奏楽団によるオープニング演奏


日本語で「テレビ朝日さくら平和通り」と書かれています。


ピンク色に咲き誇った桜に人々が集まります。


日本舞踊の披露


五目寿司と桜もち!ひさびさのうるち米に感動!


J-POP好きグループが、J-POPに合わせてダンス!
しかし、何故かK-POPの曲も。。
「アジア桜祭り」でのステージならわかるが。。


夕方になると空が晴れてきて、桜と青空のコントラストが一層美しく!


ベルリンでも桜が楽しめるなんて、想像していませんでした!


ベルリン独日協会(Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin)会員による童謡の合唱


ところで、写真を撮るのに夢中になりすぎたせいか、途中取り出した折り畳み傘を、どこかに落としてしまったようです。
ひたすら歩いて探したのですが、見つからず。。
うーん痛い出費だ。。