ad1

2015/04/26

ベルリン路面電車の旅 Part 3‐ケーペニック(Köpernick)地区で春の訪れを感じる

こんばんは、路面電車をこよなく愛するタケオです!
ベルリン路面電車の旅第3弾として、ベルリン市民の保養地として知られるのケーペニック(Köpenick)地区を中心に乗りつくしてきました!
ケーペニック(Köpernick)地区を訪れると、偶然にも「ケーペニック ワインの春(Köpenicker winzerfrühling)」なるイベントが開催されていて、非常に多くのベルリン市民で賑わっていました。
僕はアルコールは全く駄目なのですが、人々がワインを楽しく嗜んでいる姿を見るだけでも、ベルリンならではの春を感じ取れた気がしました!


63系統の終点Haeckelstr.停留所



Haeckelstr.停留所傍の図書館(Bibliothek)に描かれている絵の出来栄えが凄い!


Krankenhaus Köpenick/Südseite停留所に向かう路面電車



Krankenhaus Köpenick/Südseite停留所に停車中のGT6N形


Krankenhaus Köpenick/Südseite停留所の北隣には、市民公園(Volkspark)が広がります。


Rathaus Köpenick(ケーペニック区役所)停留所に停車中の路面電車。
右に見える建物は、トレプトー・ケーペニック区役所(Bezirksamt Treptow-
Köpenick)。



◎ケーペニック宮殿(Schloss Köpenick)


1677年~1690年に掛けて、ホーエンツォレルン家のために、Rutger van LangerveltとJohann Arnold Neringの2人の建築家によって建設されたバロック式宮殿です。
今はベルリン工芸美術館(Kunstgewerbemuseum Berlin)の一部となっています。


「第11回 ケーペニック ワインの春(Köpenicker winzerfrühling)」のポスター

ケーペニック宮殿(Schloss Köpenick


ワイン祭りを楽しもうと、沢山の人が訪れていました。


ケーペニック宮殿の向かいにある宮殿広場(Schloßplatz 


宮殿広場を通り抜ける路面電車


ケーペニック宮殿近辺を流れる川の傍でも人がいっぱい!


ケーペニック宮殿(ベルリン工芸美術館)

◎行き方
ベルリン路面電車27・60・61・62・67・68系統Schloßplatz Köpenick停留所から徒歩3分程。

◎開館時間
○4月~9月
火曜日~日曜日(祝日含む):11時~18時
月曜日              :休館
○10月~3月
火曜日~日曜日(祝日含む):11時~17時
月曜日              :休館
○12月24日・31日
休館
○1月1日
12時~17時

◎入場料
6ユーロ

※最新情報は下記リンクの公式サイト(英語版)等をご確認下さい。
http://www.smb.museum/en/museums-and-institutions/schloss-koepenick/home.html




最後に、ドイツ語や英語ではありますが、ケーペニック地区を巡るのに参考になりそうな本を紹介します↓