ad1

2016/07/01

韓国・高麗大学校安岩キャンパス近くに最近出来たという「コインノレバン(코인노래방)」で熱唱してみた!

こんばんは、約2年ぶりにカラオケに行って、喉が痛いタケオです(苦笑)。
最近知り合った高麗大学校(고려대학교)安岩キャンパス(안암캠퍼스)の男子学生さんにノレバン(노래방、日本でいうカラオケ)に行こうと誘われ、約2年間全くカラオケに行っていなかった僕は、久しぶりに歌って気分を晴らしたいと、この誘いに乗ることに。
しかし、そうして連れて行ってもらったノレバンが、従来のものとは異なる方式のノレバンだったのです!


◎コインノレバン?


店の名前は「コイン歌練習場(코인 노래 연습장)」
男子学生によればここ最近出来たお店らしく、営業時間は24時間営業です。
通常ノレバンは日本のカラオケと同様時間制で料金を支払いますが、ここのノレバンは歌った分だけ料金を支払う方式
その料金はというと、2曲毎に500ウォン(約45円)!
僕はしょっちゅうカラオケに行く方ではないですが、1曲当たり5・6分かかると計算した場合を考えると、恐らく日本の一般的なカラオケと比較すると破格の安さ!



両替機で紙幣を500ウォン硬貨に替えることができます。


カラオケの機械に設置されているコイン投入口に500ウォン硬貨を投入した後に、歌いたい曲を入力して歌うことができます。
この感覚、ゲームセンターでゲーム機にコインを投入して遊ぶコインゲームの感覚に似ていると感じたので、この方式を一般的に言うとすると、「コインノレバン(코인 노래방)」と言った方がわかりやすいでしょうか。
部屋の広さは非常に狭く、4人でぎゅうぎゅうといった感じな反面、1人で歌いたいという時には気軽に利用できるという印象。
ただ、滞在中に従業員らしき人が全くいない点は、いくら監視カメラがあったとしても、防犯面を考えると少し不安要素アリといった感じ。


僕は韓国の歌4曲と日本の歌2曲を思う存分熱唱しましたが、同伴した男子学生は4曲しか歌わず、1時間のみの滞在で解散と相成りました。
軽い気晴らしには丁度良いかもしれませんが、日本で友達とカラオケに行っていた時は大体1時間半~2時間滞在していたことを考えると、かなり物足りない感じ。。。
恐らくは、今どきの韓国の学生を考えた時に、勉強やアルバイトで忙しく、十分に休む時間が中々取れない中、少人数や1人でノレバンで歌いたい、という学生が増えていることでできた方式なのだろうと想像できます。


B'z「ultra soul」を熱唱。
何故背景が韓国アイドルのミュージックビデオなのか。。。


◎まとめ


いかがでしたでしょうか。
2時間以上だと長すぎるけど、短い時間の間に気晴らしにノレバンを利用したいという時にコインノレバンが適していると思うので、もし近くに同様のコインノレバンがあったら是非利用してみては如何でしょうか!?