ad1

2016/06/11

韓国・慶尚北道 ユネスコ世界遺産登録地巡りの旅 Part 7-新慶州駅からKTXに乗車し、ソウルに戻る

Part 1はこちら
Part 2はこちら
Part 3はこちら
Part 4はこちら
Part 5はこちら
Part 6はこちら


バスで東宮・月祉から新慶州駅へ向かう



月城地区(월성지구)一帯の観光を終え、寂しい気持ちを残しつついよいよソウルに戻ります。
東宮・月祉(동궁과 월지、トングングァウォルチ)近くの東宮と月祉・雁鴨池(동궁과월지.안압지)停留所から700番バスに乗車、途中慶州駅(경주역)や慶州高速バスターミナル(경주버스터미널)を通りながら、約30分かけてKTX専用駅の新慶州駅(신경주역)に到着しました。
新慶州駅は山や田畑に囲まれたところにあり、慶州市街地とは大分離れています。


東宮と月祉・雁鴨池停留所から700番バスに乗車。


700番バスは慶州の重要な地点を通るため、高速バス仕様のバスで運転されてます。


慶州駅の駅舎をパチリ!


途中、慶州女子中学校(경주여자중학교)という公立中学校の傍を通過したのですが、公立中学校にしては物凄く立派な建物!


物凄い山の中に入っていきました!


新慶州駅のバス停留所に到着!


新慶州駅


新慶州駅は、2010年11月1日京釜高速鉄道(경부고속철도)第2段階区間である東大邱(동대구)~釜山(부산)間新規路線の開通に合わせて開業した駅で、KTXのみが停車する駅です。
日本での東北新幹線白石蔵王駅や上越新幹線上毛高原駅のように、高速列車停車駅でも周りは山に囲まれた田舎の風景、という感じの駅です。


新慶州駅の駅舎



新慶州駅の建設中には多くの遺跡が発掘されたということで、駅周辺には発掘された遺跡がそのまま展示してあります。


京釜高速鉄道建設中に発掘されたという慶州徳泉里遺跡(경주 덕천리유적、キョンジュトッチョンニユジョッ)


何故か干支方位が描かれていました。


新慶州駅は最近開業した駅らしく、清潔感のある建物になっていて、コンビニ・レストラン・観光案内所も入居する等、広々とした造りになっています。


KORAILのマスコットであるキロ(키로)が利用客をお出迎え!


新慶州駅KTX切符売り場


新慶州駅に入居している観光案内所


新慶州駅の待合室は別室に設けられておらず、開放的な造り。


新慶州駅の中は広々!


新慶州駅にはファストフード店やレストランが入居。


KORAIL系列のStoryWayというコンビニで軽食を購入。


KTX162号幸信行に乗車



今回乗車したのは、ソウル駅より先の、KTX車両基地に隣接する幸信駅まで行くKTX162号。
車両は、仏アルストム社最終組立の初期車両でした。
KTX162号は定刻通り新慶州駅を出発、途中東大邱・大田を通過しながら順調に走行しました。


KTX162号の発車時間が近づいてきました。


エスカレーター又は階段でホームに上がります。


韓国の芸術家作らしい作品が飾られていました。


新慶州駅ホーム


KTX162号が定刻通り新慶州駅に到着!


KTX車内


大田駅に隣接するKORAIL本社屋をパチリ!


僕は7年半前にもソウルから全羅道の光州までKTXに乗車したのですが、その時と違って嬉しかったことは、無料でWI-FIが利用でき、僕が道中で撮った写真をiPad miniを使って整理できたことでした!
(だけど、確か7年半前はスマートフォンやタブレットなんて持ってなかったですね苦笑)


KTX車内でWI-FIが利用できました!


KTX162号ソウル駅に到着


KTX162号は遅れることなく、定刻通りにソウル駅に到着!
ソウル駅に入居する食堂タボッ(다복)でテンジャンチゲ(된장찌개)を食し、今回の旅行を締めくくりました!


KTX162号が定刻通りソウル駅に到着!


ソウル駅に降り立つKTX乗客


KORAILの職員の方々、お疲れ様です!


夜のソウル駅構内


ソウル駅に入居する食堂タボッで夕食!

タボッでテンジャンチゲを食べました。


夜のソウル駅


今回も最後までお付き合い頂き、有難うございました!
慶州へ旅行に行きたい方は、こちらの書籍もご参考に!↓