ad1

2017/08/06

台湾・台北旅行 Part 7-永康街の思慕昔でマンゴーかき氷(芒果雪花冰)を味わう!

前回Part 6はこちら


台北地下鉄(台北捷運)淡水信義線東門駅近辺の永康街エリアにある度小月永康店と鼎泰豊信義店でそれぞれ担仔麺(擔仔麵)と小籠包の美味しさを堪能。

でも今度は小腹が空いてきた。

というわけで、今度は台湾の代表的スイーツ、マンゴーかき氷を味わうことに。














永康街エリアにあるマンゴーかき氷の有名店で見かけたものは?


台湾人の女の子2人がマンゴーかき氷の美味しい店として連れて行ってくれるのが、思慕昔という名前の店。

すみません、これも度小月・鼎泰豊と同じく非常に有名だということを後で知ったのですが、これも全く知りませんでした(汗)。

しかし、その思慕昔という店を見つけるも。

め、めっちゃ人いっぱいで入れんやん!!



















この店が思慕昔の本館らしいのですが、「CNN推薦」という宣伝文句が踊っていることもあってか、超人気店のようです。。。




台北の永康街エリアにある思慕昔本館は、マンゴーかき氷を味わおうと沢山の客が!



 永康街エリアの思慕昔二館でマンゴーかき氷をシェア


しかし、女の子2人が、「直ぐ近くにも思慕昔があるよ」ということでついていったのですが。

ホントだ、本館から1分程歩いただけなのに別の思慕昔が!



















この店は思慕昔二館なのだそうです。

本館と同じく人は多いもの、そんなに待たずに食べられそうということで行列に並びましたが、実際に僕ら3人は行列に並んでから15分位で「超級雪酪芒果雪花冰」という商品を注文することが出来ました。

「超級雪酪芒果雪花冰」は日本語で言うと「スーパーシャーベットマンゴーかき氷」と言えば良いのでしょうか。



台北・永康街エリアにある思慕昔二館の店内。
名物のマンゴーかき氷を味わう観光客でいっぱい!

そしてついに念願のマンゴーかき氷を味わう時がやって来ました!

おーっ、マンゴーのアイスとたっぷりのカットマンゴーに、きめ細やかそうなかき氷がどっさり!




















価格は210台湾ドル(780円)と、何と鼎泰豊の小籠包10個より少し高め。。。

とは言え、注文した商品が元々複数人数でシェアできる位の量ということで、僕ら3人で仲良く分け合い!(笑)

この点は韓国でのかき氷のパッピンス(팥빙수)や、同じく韓国で最近大流行スイーツのソルビン(설빙)と同じですね!

そして口に入れた瞬間。

うーん、すっきり爽やかで滑らか、蒸し暑い日にピッタリのスイーツだ!



















しかし、かき氷は単純に水から作られているようなので、クリーミーさと甘さの点では韓国のソルビンよりは劣ってしまうかな、という印象でした。

でもこれ位のかき氷の細やかさとマンゴーの甘さは、満足するに十分の味と爽快さでした!

台湾にいらした際は是非思慕昔のマンゴーかき氷を堪能してみては!?



思慕昔公式サイト(日本語)



http://www.smoothiehouse.com/index_j.php



思慕昔二館の周辺地図




Part 8へ続く。


台湾スイーツに関しては、下記の書籍もご参考に!