ad1

2016/04/08

ソウルの松坡ナル公園で満開の桜を楽しんできた!

こんばんは、春になると桜が恋しいタケオです!
ソウルでも桜を楽しめるスポットは数多くありますが、今回はその中の一つ、松坡区(송파구、ソンパグ)にある松坡ナル公園(송파나루공원、ソンパナルゴンウォン)に行ってみました!


◎松坡ナル公園


松坡ナル公園は、ソウル地下鉄2号線(서울지하철2호선)とソウル地下鉄8号線(서울지하철8호선)が乗り入れる蚕室駅(잠실역、チャムシルヨッ)から徒歩5分程のところにある湖水公園です。
公園内には、松坡大橋が開通したことで東西に同じ形をした東湖、西湖に分かれた石村湖(석촌호수、ソンパグ)があり、都会の中のオアシスというべき存在です。
徒歩圏内には、アトラクションスポットとして人気のロッテワールド(롯데월드)や、少しご紹介したロッテワールドモール(롯데월드몰)もあります。


◎松坡ナル公園の桜


松坡ナル公園には、石村湖の周りに桜の木が植えられており、春には桜の花を見ようと多くのソウル市民(特にカップル苦笑)や観光客が訪れます。
公園では石村湖桜祭り(석촌호수벚꽃축제、ソッチョンホスポッコッチュッチェ)というイベントが開催されていて、アーティストのステージ公演や、地元住民手作りのアクセサリー販売等が行われていました。
因みに、桜は韓国語でポッコッ(벚꽃)と言います。


僕が訪れた時の桜は、満開を少し過ぎて、散り始めていましたが、なんとかギリギリ楽しめたかな、という感じです。
ちりの影響で空が霞んでいて、もう少しくっきり澄んでいればもっと楽しめたでしょうか。


韓国では、会社帰りに花を見ながらお酒を楽しむ習慣はないようですが、カップルや家族連れがシートを敷いて花見を楽しむ習慣は、日本と同様のようです。


松坡ナル公園の桜。
石村湖の周りが散策道になっていて、満開の桜の木の下を歩くことができます。


現在建設中のロッテワールドタワーと桜。


ロッテワールドと桜。


多くの人が桜を見に詰めかけています。


ベンチに座ったり、シートを敷いて、金曜日の夕方のひと時を楽しむソウル市民。


西湖の西端で、ステージ披露が行われていました。


西湖の西端から。


公演や体験イベントを中心に構成されている石村湖桜祭り


桜だけでない、色とりどりの花たちが咲き誇ります。


桜の木の下で歌を披露するストリートミュージシャン


桜の花を、ズームして撮ってみました!


1930年代の松坡ナル公園周辺。
湖が現在と比較にならないほど大きかったことが窺えます。


松湖亭で休憩しながら桜を楽しむこともできます。


地元住民手作りと思われる小物の販売も行われていました。


東湖の東端でもステージ披露


東湖の東端から


周りよりピンク色が濃いめの桜。


◎おまけ:松坡ナル公園周辺にあるロッテワールドモール


ロッテワールドモールは、ショッピングモール・映画館・水族館、更には免税店も併設されている複合娯楽施設です。
ここには、ロッテワールドタワー(롯데월드타워)が2016年末の完成を目指して建設中で、完成すれば123階建て555mと世界4位の高さのタワーとなるそうです。


※参考リンク
ロッテワールドタワー&ロッテワールドモール公式ウェブサイト(日本語)


蚕室駅1番出口若しくは2番出口を出て直ぐのところにある、ロッテワールドモール


ロッテワールドモールショッピングモールの内装は、金色を基調とした豪華な印象。


ロッテワールドタワーを下から見上げると、やはり迫力があります。


◎まとめ


松坡ナル公園の徒歩圏内には、ロッテワールドやロッテワールドモールもあるので、午前中に松坡ナル公園を散策、昼から夕方にかけてはロッテワールドで遊び、夜はロッテワールドモールでショッピングや食事を楽しむ、なんてことをするのも良いですね。
特に春は満開の桜を楽しむことができますので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。