ad1

2016/03/27

韓国で最も名の知られている芸術大学・弘益大学校周辺を散策してみた!

こんばんは、芸術とは残念ながら縁の遠いタケオです。。。
今回は、ソウルの若者を中心におしゃれスポットとして知られている弘益大学校(홍익대학교)、通称弘大(홍대)の周辺を散策してみました。


弘大周辺の観光案内図


◎弘益大学校とその周辺


弘益大学校ソウルキャンパスには8つの大学(日本の大学での学部に相当)がありますが、韓国中で知られているのは何と言っても美術大学です。


先ずは弘益大学校の中に入ってみました。
ただ、日曜日なため人影は殆どなく、僕以外には、中国人の観光客と思しき若者の女の子たちのみでした。
一つだけ少しギョッとする芸術作品があったのは面白かったです(苦笑)


南門の周辺を散策してみると、ところどころ壁に絵が描かれていたり、個性的な飲食店や洋服店が点在しているのが目を引きました。
弘益大学校ソウルキャンパスに8つの大学(日本の大学での学部に相当)がある中、韓国中で知られているのは何と言っても美術大学なのですが、その影響が大学周辺に随所にみられました。



自宅近くのバス停からバスに乗り、弘益大学校バス停で下車。




弘益大学校正門


休日をサッカーやバスケで楽しむ若者


内臓?


弘益大学校南門を抜けると、学生寮が立ち並びます。


学生寮から更に先に進めば、中・高級アパートが立ち並びます。



個人経営のお洒落な飲食店や洋服店が軒を連ねています。


住宅街の壁にも、所々絵が描かれています。


◎弘通通り


弘通通り(홍통거리)は、ソウルの各地で見られるような、個人経営雑貨店・軽食店や、チェーンの韓国料理屋が多く立ち並ぶところです。
韓国らしい良い意味でのごちゃまぜ(他に良い表現があれば良いのですが(苦笑))を楽しむことができます。


弘通通り


雑貨店・軽食店が立ち並びます。


◎弘益子ども公園でのフリーマーケット


次に訪れたのが、弘益子ども公園(홍익어린이공원)。
ここでは雑貨を中心としたフリーマーケットが開催されていました。
規模は大きくなく、どことなく和やかな雰囲気が漂っていました。


弘益子ども公園で開かれていたフリーマーケット。「弘大前希望市場」とあります。


コーヒーを片手に売る人や、商品を吟味する買い物客。


◎壁画通り・ピカソ通り


最後に訪れたのが、壁画通り(벽화거리)・ピカソ通り(피카소거리)。
ここでは、弘益大学校の在学生若しくは卒業生の作品と思しき壁画が所々に描かれており、芸術大学の町らしさを醸し出しています。
ただ残念だったのは、観光案内図で表記されている通りでゴミが散乱していることでした。


壁画通り・ピカソ通りに描かれていた壁画その1


壁画通り・ピカソ通りに描かれていた壁画その2


「ここはゴミ出し場ではありません」とあるにもかかわらず。。。


◎まとめ


いかがでしたでしょうか。
観光案内図があるにもかかわらず、住民と自治体である麻浦区(마포구、マポグ)の街作りに対する意識が一体となっていないところが見え隠れした(ゴミの問題はもっと根本的ではあると思いますが)のは些か残念な点ではありますが、延世大学校(연세대학교)のある新村(신촌、シンチョン)ほど人が多いわけではなく、ゆっくりと食事やショッピングを楽しむには良いエリアだと思います。
個人的には、弘益大学校周辺のおしゃれなレストランで食事をし、弘通通り周辺で軽食やショッピングを楽しむ、といったコースがおススメです。


最寄駅である弘大入口駅(홍대입구역)には、ソウル地下鉄2号線(서울지하철2호선)と空港鉄道(공항철도)が通っており、アクセスも便利なので、皆さんもぜひ訪れてみて下さい!