ad1

2016/03/11

中国・延辺朝鮮族自治州旅行 Part 5‐琿春からバスで延吉に戻り、韓国料理店でタッカルビ石焼ビビンバを食す

Part 1はこちら
Part 2はこちら
Part 3はこちら
Part 4はこちら


◎琿春バスターミナルから延吉へ


元々の計画では、琿春を回った後に隣町の図們に寄る計画でしたが、再び琿春バスターミナルに戻ったのは午後3時と、図們に行って延吉に戻るには少し遅めの時間になってしまったので、図們は翌日に回して、延吉に戻ることにしました。


帰りも高速鉄道に乗るのはつまらないので、バスで延吉に戻ります。
琿春バスターミナルからはウラジオストク等ロシアの都市にも行けるようなのですが、ビザを持っていないので勿論ムリでした(苦笑)
窓口できっぷを購入した時の値段は29元(約490円)だったのですが、乗車中に何故かバス会社の会社員と思われる人から5元札が戻ってきました!!
どうやら2016年2月15日から実は琿春~延吉のバス運賃が24元(約400円)になっていたようなのです。
何故それを窓口での購入価格に反映していないのかは全くの謎ですが(苦笑)、時間の正確さで勝っている高速鉄道との競争が激化しているのは間違いなさそうです。


窓口できっぷを買って、バス乗り場へ向かいます。


琿春から延吉に向かうバス

座席配置は2+2列。


窓口で買った時の値段は、29元(約490円)だったのですが。。。


2016年2月15日から実は24元(約400円)になったとのことで、5元が戻ってきました!


図們から琿春への在来線旅客列車はありませんが、貨物列車は運行されている模様。


無事に延吉バスターミナルに到着。


延吉バスターミナル


◎延吉市内にある韓国料理店で夕食


延吉バスターミナルから、昨日行った延辺大学近くの飲食店ビルまでバスに乗り、この日は韓国料理店のチェーン店と思われる金馬楽という店で食事をとることに。
メニューを見ると、海苔巻きのキムパプやスンドゥブ、部隊チゲに至るまで、韓国の道端にあるような食堂で気軽に食べられる料理を提供しているようです。


その中で僕が注文したのはタッカルビ(鶏肉香辛焼き)石焼ビビンバ。
価格は25元(約420円)。
しかし、石釜からジュージューという音が聞こえず、石焼ビビンバの楽しみの一つであるおこげを全く作ることができなかったことから、石釜を十分に熱していないことがうかがえたことが少し残念でした。
当たり前のことではありますが、韓国料理はやはり韓国で食べた方が断然美味しいですね!(苦笑)


延吉バスターミナル近くにあった市五中バス停から、延辺大学近くの飲食店ビルに向かいました。


バス車内から沈みゆく太陽を撮ることができました!


延辺大学近くの飲食店ビル


金馬楽という韓国料理の店。
ただ、金に当たるハングルが間違っている。。。


金馬楽の店内。
客層は20代の若者が殆どでした。


タッカルビ石焼ビビンバ


◎夕食後ちょこっと散策


夕食後、近辺の夜の様子を写してみました。


道端で売られていた豆腐の串焼き?


韓国のパンチェーン店をモチーフにしたと思われる店。
店の名前は「韓愛ケーキ」というようです。


韓国ピングレ社バナナ牛乳が15元(約250円)!!!
何という高価格。。。


延吉市に本拠を置く塾の広告。


Part 6へ続く