ad1

2015/05/02

ベルリン滞在1ヶ月で体調を崩す

日本がゴールデンウィークに突入した一方、ドイツでは今日5月1日のメーデー休日から日曜日までの3連休に入っています。
しかし、連休初日の今日は、頭痛がしたり、幾分の脱水症状になる等体調を崩した影響で1日中寝込んでいました。


原因として思い当たるのは3つ。


1.  気温変動の大きさ

今の時期の首都圏であれば、最高気温15度を下回る日はないはずが、ベルリンは、すっきり晴れれば20度を超えても、少しでも曇れば平気で15度以下になります。
日本でいう三寒四温が長く続くことに、体がついていかなかったのかもしれません。


2.  食事

今住んでいる寮はキッチンが共同で、備え付けの冷蔵庫も容量が小さすぎるため、結局外食の回数が多くなってしまっているのですが、1回の食事当たりの全体量・肉・油の多さが胃に負担になったのかもしれません。


3.  水

硬水だとはわかっていても、ここまでの長期滞在となると胃に少しずつ負担が掛っていたのかもしれません。


但し、幸いなのは、果物・ジュース・お菓子は日本のものと違和感なく食べられること。
そこで今日は果物とジュースだけ食べました。
そのおかげで体調も回復したし、明日は晴れそうなので、外に出掛けようと思います!