ad1

2016/01/01

ソウルで2015年~2016年カウントダウンの様子を探りに、普信閣・曹渓寺へ行ってきた!

2016年の幕が上がりました!
本年も宜しくお願いします。


韓国では太陽暦の正月(신정、シンジョン)より、太陰暦の旧正月(구정、クジョン)の方を盛大に祝うのですが、だからといって1年の最初の日が盛り上がらないというわけではないということで、眠い目をこすりつつ(苦笑)、ソウルでのカウントダウンの様子を探ってきました!


◎普信閣


ソウル特別市(서울특별시)鍾路区(종로구、ジョンノグ)にある普信閣(부신각、プシンガッ)では、毎年市主催でカウントダウンイベントが行われるということで、イベントの様子を見に行ってきました!


※イベントの詳細については下記リンクをご覧ください。
2016年を迎える普信閣の除夜の鐘
韓国の「除夜の鐘はなぜ33回?」/「漢数詞」を覚えよう!|達人に訊け!|中日新聞プラス


普信閣に近づくにつれ、警察車両がたくさん。。


イベント会場の普信閣に着きました!
勿論韓国人が多かったですが、観光客も少なからずいました。


2016年を迎えた瞬間!


写真では見えにくいですが、普信閣の中にある鐘が突かれました!


朴元淳(박원순、パク・ウォンスン)ソウル市長の挨拶


別にハートマークは作らなくても。。


鐘突きの他にもイベントが行われましたが、鐘突きが終わると結構人がいなくなりました。。


ソウル特別市主催のイベントとは別個に、学生と見られる団体がサムルノリ(사물놀이、朝鮮伝統農楽をベースにした音楽)を披露していました。
個人的にはこっちの方が断然良かったです!


◎曹渓寺


韓国禅宗の総本山である曹渓寺(조계사、チョゲサ)でも行事がある様子だったので、立ち寄ってみました。


※曹渓寺についての詳しい説明は、下記リンクをご覧ください。
曹渓寺|韓国観光公社公式サイト
曹渓寺|韓国旅行「コネスト」


曹渓寺入口。
何故寺院にクリスマスツリーがと思うのですが、やはりこれもクリスマスが韓国にとって非常に重要であることを意味しているのでしょうか。


無料でお茶が振る舞われていました。


お茶を用意して下さった皆さん、有難うございます。


ここでもサムルノリ


曹渓寺大雄殿


大雄殿の中には大仏が三体鎮座しているそうで、お祈りする人の姿も見えました。


曹渓寺の梵鐘


曹渓寺の梵鐘は列に並んで自由に突くことができます。
僕も突きましたよ!


ろうで「希望2016」の文字が形作られていました。


◎年越しを迎える普信閣・曹渓寺を訪れてみて


いかがでしたでしょうか。
行く前は普信閣でのカウントダウンイベントを期待していたのですが、あまりにも人がいっぱいなのと、イベントに重点が置かれ過ぎていて、あまり韓国らしくなく感じてしまったので、個人的には、昔ながらの仏教の年越しの雰囲気を感じ取れる曹渓寺がおススメです!
皆さんもぜひ年越しをソウルで過ごしてみては?


◎注意して置きたいこと


カウントダウンイベントに合わせて、ソウルの地下鉄・バスが通常より1時間程延長の、元日午前1時~2時当たりまで運行されますが、今回の経験からして、地下鉄を利用することをおススメします。


僕は少しでも料金を安く済ませようと、バスで行って、バスで帰ろうと試みたのですが。
行く際には、普信閣付近の道路が規制されていたために近くの停留所まで行けず、別の停留所で降りるように運転手から案内があり、降りたところから10分程度も歩きました。。
帰る際には、乗ろうとしていた場所がやはり規制されていたために使えず、一体どこから乗れるのかを探したものの結局は見つからず、そうしている内にバスのみならず地下鉄も乗り逃してしまい、タクシーで帰る羽目に。。


ということで、観光で来て、宿泊地へ戻る際には、地下鉄をご利用下さい。