ad1

2016/08/24

祝高麗大学校語学堂卒業! 2016年度夏学期卒業式の様子と6級成績について

こんばんは、タケオです。
高麗大学校語学堂6級、中間試験・卒業発表・期末試験と良い成績を収めることができ、晴れて卒業できることとなりました!
夏学期の最終日ということで卒業式が行われ、めでたく卒業証書を頂くことができました!
今回は卒業式の様子と、僕の6級授業の成績についてお届けしたいと思います。


◎卒業式


卒業式は修了式と共に行われますが、今学期は安岩キャンパス(안암캠퍼스)の中にある仁村紀念館(인촌기년관)にて、午後1時から行われました。
所要時間は約1時間20分でした。
卒業式及び修了式では、6級学生のうち、僕を含めて卒業の決まった学生計49名の卒業証書と1~5級の修了証書授与の他、2015年度冬学期2016年度春学期とほぼ同様に、サムルノリ(사물놀이、主に打楽器を使用した韓国現代舞踊)・テコンドー(태권도)・K-POP教室に参加していた学生の披露公演、代表学生の発表等が行われました。


卒業生の衣装としては、晴れの舞台ということで、韓服を着ている人が多かったです。
僕は絶対に着たいという程までのこだわりがなかったので着ませんでしたが、僕以外の日本人学生(全て女性)は全員韓服を借りて式に参加しました。


ここで気になったのは、3学期以上在籍しないと、6級を終えたとしても「卒業」ではなく「修了」扱いになるということです。
要するに、5級から始めて、順調に2学期内で6級に合格したとしても、卒業証書はもらえない、ということになります。
今学期の場合は2人該当しました。


理由としては、ある程度の期間以上連続で在籍することで語学力向上だけでなく韓国文化も理解でき、そうすることで初めて「卒業」という資格に相応しい、という考えからだそうです。
僕が今回韓国に来たのも、長期間での生活を経験しながら韓国語の能力を向上させたいと思ったからなので、わからなくはないです。
だからといって、5級から始まった理由は、それまで長い期間住んでいなくても学習の才能があったというだけでなく、これまで生活した経験があったために能力が高かった、というような人もいると思われるので、それでも「卒業」扱いされないとしたら少しかわいそうな気がします


第122回韓国語正規課程修了及び卒業式


卒業式の会場となった仁村紀念館


卒業式が始まり、僕ら卒業生が壇上に上がります。


僕も含めた卒業生一人一人が直に卒業証書を受け取りました!


高麗大学校語学堂卒業証書


◎6級授業の成績発表!


卒業式終了後、先生から成績表を渡されました。
成績は項目別に以下の通りでした。

読解:A(90~94点)
書き取り:B+(85~89点)
スピーキング:B+(85~89点)
聞き取り:A(90~94点)
総合平均:91点

別途1・2時間目先生から個別に以下の評価を頂きました。

韓国の多様な分野に対する関心が高く、多様なテーマの対話から豊富で流暢に自身の意見を表現しました。
しかし話をする時に文章の長さが非常に長くなり、話が合わなくなってしまう時がたまにあるため、注意が必要です。
学校活動にいつも積極的で、誠実に参加する姿が非常に良かったです。

今回僕は夏学期で最後ということで、奨学金の受け取りはありませんでしたが、6級で平均90点以上取るのは流石に厳しいかなと思っていたので、今回の成績は驚きでしたが有り難く思いました。
また、4級・5級に引き続き、皆勤賞も頂きました。


6級でも皆勤賞を頂きました!


◎まとめ


6級では、卒業発表をはじめとして今までよりも困難な課題が待ち受けていましたが、それを乗り越えると、今まで以上に学生間の仲が深くなり、韓国を離れるのが寂しくなるほどの、良い経験を積むことができたと思いっています。
今回の卒業に恥じないように、今回の経験がこれからの人生に活かせるように頑張っていきたいと思います!