ad1

2016/08/31

高麗大学校が運営する言語交流カフェについて

こんばんは、高麗大学校語学堂卒業生のタケオです。
今回は高麗大学校の大学生・大学院生又は語学堂に通う学生が参加できる「言語交換カフェ(Language Exchange Cafe)」について書きたいと思います。


◎高麗大学校の語学堂が主催する言語交流カフェ


言語交流カフェは、高麗大学校の語学堂を運営する韓国語センターが運営しているものです。
高麗大学校近くの高大前交差点(고대앞사거리、コデアッサゴリ)付近にあるCafe Danielにて、原則毎週木曜日19:00~21:00に行われます。


基本的には、高麗大学校の現役大学生・大学院生と、語学堂の学生が参加できます。
雰囲気からして、他の語学堂に友達がいる場合は、その人の参加も大丈夫だと思います。
また授業期間を中心にして、韓国語センターのスタッフや、ボランティアで参加している高麗大学校の現役大学生・大学院生が来たりもします。


高大前交差点


毎週木曜日に言語交流カフェが開かれるCafe Daniel。
高大前交差点の直ぐ近くにあります。


◎言語交流カフェに参加してみて


僕は2016年度春学期からほぼ毎週参加していたのですが、参加してみての感想について書きたいと思います。


毎週参加しなければいけないというような制約はないので、参加者数は非常に多い日もあれば少ない日もありとまちまちではありますが、雰囲気としては堅苦しくない丁度良い程度だと思います。


学生の国籍としては、やはり中国と日本が多いのですが、割とそれ以外の地域からの学生もやって来るので、非常に良い国際交流の場の一つだと思います。
ちなみに、参加して来た中で出会ってきた東アジア地域以外の学生の国籍としては、アメリカ・フランス・イタリア・イギリス・トルコ・サウジアラビア・インド・ウズベキスタン・インドネシア・マレーシアがありました。


韓国人学生が来るのは時たまという感じではありますが、来る人は本当に他国籍学生との交流を目的としてやって来るので、友達になれば、言語交流カフェ以外の場でも継続して会えたりできます。
韓国人学生との交流については、1対1のトウミ(도우미)制度を利用する手もありますが、必ず毎週会わなければならないとか、語学堂の学期が終了する時に感想文を提出しなければならない、といった決まりがあるらしく、個人的にはそういったものがあるよりかは、まずは気軽な気持ちから交流をスタートできる言語交流カフェの場の方が好きです。


Cafe Danielの内部。
店が閉まる直前に撮ったので人は写っていませんが、非常に多くの学生が来るときもあります。


◎まとめ


高麗大学校語学堂が主催する言語交流カフェは、他の国から韓国語能力向上という同じ目的を持ってやって来た学生と繋がることができるだけでなく、トウミ制度と共に韓国人学生とも交流できる貴重な場だと思います。
これから高麗大学校に交換留学や短期留学をする方や、語学堂に通う計画をされている方は、是非利用してみては如何でしょうか!
尚、言語交流カフェの詳しい開催状況についてはFacebookページ「KU 한국어센터 홍보대사(KU韓国語センター広報大使)」にも載っていますので、興味のある方は登録してみて下さい!


言語交流カフェの告知ポスター。
Facebook
ページ「KU 한국어센터 홍보대사(KU韓国語センター広報大使)」にも開催状況が載りますので、興味のある方は登録してみて下さい。