ad1

2015/12/25

2015年クリスマスのソウル中心部の様子を覗いてみた!

クリスマスの夜をソウルで過ごしているタケオです!
今日はクリスマス、そこでクリスマスを過ごすソウルの人たちの様子を見ようと、ソウル中心部に繰り出しました!


◎韓国では、クリスマスが祝日!


韓国を何回も訪れているにもかかわらず、恥ずかしくも最近知ったのですが、韓国ではクリスマスが祝日なのだそうです。
(韓国にキリスト教が広まったのは第二次世界大戦後と、韓国におけるキリスト教の歴史は、ヨーロッパ諸国やアメリカ合衆国・カナダと比べると非常に浅いにもかかわらず)なぜクリスマスは祝日なのか、と韓国の友達に尋ねてみても、返ってくるのは「クリスマスは、宗教行事という枠を越えて、韓国でとても大切な日の一つとされているから」という答えばかり。
そういう理由ならば、日本でもクリスマスが祝日となってもおかしくはないと思うので、やはり僕は、韓国にキリスト教信者が3割と、国家に影響力を与えることができるほどの信者数だということが非常に影響しているのではないか、と思わざるを得ないのですが。


と思っていた中で、ネットで調べてみると、2015年5月20日付財経日報「釈迦誕生日とクリスマスは何故祝日なのか?法定休日制定を取り巻く宗教間の葛藤」の中で、1949年熱心なキリスト教信者であった当時李承晩大統領が祝日とするようにしたのだそうです。
李承晩大統領はやはりかなりの権力者であった、ということが言えると思います。



◎ソウル中心部のクリスマスの様子


今年2015年はクリスマスが金曜日に当たるため、幸運にも3連休という人が多いです!
高麗大学校語学堂の授業も休みでしたので、僕も3連休!
そこで、クリスマスのソウル中心部の様子を覗こうと、ソウル広場(서울광장、ソウルクァンジャン)、清渓広場(청계광장、チョンゲクァンジャン)、清渓川(청계천、チョンゲチョン)、光化門広場(광화문광장、クァンファムンクァンジャン)、明洞(명동、ミョンドン)を歩いてきました。


ソウル広場にクリスマスツリーが飾られていました!


ソウル広場のスケートリンク

清渓広場にもクリスマスツリー!


沢山の人で溢れかえる清渓川


通路整理お疲れ様です。。


清渓川にある飾りをバックに写真を撮る人など。


清渓広場の近くに屋台も出店。


おでん(오뎅)はまだいいにしろ、クリスマスにポンテギ(번데기、蚕の蛹)はどうかと。。


豚の串焼きならオッケー!


ソウル広場近くで串焼きを焼くお兄さん


クリスマスの夜の光化門広場


光化門広場では、歳月号(세월호)沈没事故の遺族団体が活動しています。


明洞は、通りの幅が狭いため、思うように身動きが取れませんでした。


明洞の飾りつけも豪華でした。


タッカンジョン(닭강정、揚げた鶏肉に蜂蜜・松の実をかけた料理)を食べたことがなかったので、注文!


タッカンジョンと韓国餅が入って、5,000ウォン(約510円)。
辛めの味付けで、量もそれなりに多くて満足!


◎まとめ


3連休の初日ということもあり、カップルや家族連れで大賑わいで、韓国語でいう人山人海(인산인해沢山の人出)という表現がぴったりの状況でした!
明洞にある化粧品店や衣服店ではセールも行われていましたよ!
来年以降韓国のクリスマスの雰囲気を感じに訪れてみるのはいかがでしょうか。