ad1

2015/12/16

韓国で人気急上昇中のスイーツチェーン「ソルビン(설빙、雪氷)」で、新メニューのイチゴたっぷり雪氷(한딸기설빙)を食べてみた!

こんばんは、冬なのに思ったほど寒くなく、ソウルでの冬を快適に過ごせているタケオです!
昼に高麗大学校語学堂4級で同じクラスの内6人と一緒に豚の三枚肉(삼겹살、サムギョプサル)を食べた後、韓国で人気急上昇のスイーツである雪氷(설빙、ソルビン)を食べよう、ということになりました。


◎雪氷とは?


韓国で親しまれているスイーツの一つに小豆氷水(팥빙수、パッピンス)がありますが、小豆氷水の中の氷が、日本のかき氷と同じように水を凍らせるのに対し、牛乳を凍らせて作られるのが雪氷です。
2011年、チョン・ソニ(정선희)さんがその雪氷にきなこ餅をトッピングしたきな粉餅雪氷(인절미설빙)を開発し、当時釜山広域市(부산광역시)で経営していた「餅カフェシル(떡 카페 시루)」でサイドメニューとして出したところ大ヒット!
2013年、チョン・ソニさんはソルビン(株)を設立、釜山広域市に雪氷をメインとしたカフェ「ソルビン」を新たにオープン。
1年後の2014年には韓国全土で490余りの加盟店が出来るほどの急成長を遂げ、雪氷は数年で一気に韓国の人気スイーツとなったようです。


参考リンク
「ソルビン」公式ホームページ(英語)
2013年5月8日付釜山日報 頑張れ我が釜山のブランド‐ソルビン(雪氷)カフェ(韓国語)
2014年10月31日付韓国経済新聞 コリアンデザートカフェ「ソルビン」チョン・ソニ代表「きな粉餅トーストを目当てにやって来る中高生にやりがい感じた」(韓国語)
ソルビン/雪氷(仁寺店)|グルメ・レストラン‐ソウルナビ


◎「ソルビン」ソウル高大店で新メニューソルビンを食べてみた!


今回は、高麗大学校近くにあるソウル高大店(서울고대점)に行ってきましたよ。


ソルビンソウル高大店の外観。
入口は階段を上がって2階にあります。


ソルビンソウル高大店


今回注文したのは、新メニューのイチゴたっぷり雪氷(한딸기설빙)!
雪氷に、カットいちごといちごシロップを2層ほど重ねた商品です。




僕は、日本のかき氷は単なる冷え過ぎた水を飲んでる感じしかしなくて好みじゃないのですが、雪氷を口に入れた瞬間、牛乳氷のきめ細やかさと濃厚な味が口いっぱいに広がって、非常に美味しかったです!
付いてくる練乳といちごシロップをかけると、更に美味でしたよ!
人気急上昇の理由がわかる気がしました。
価格は12,000ウォン(約1,230円)と一見高めですが、量としては4人~6人分なので、1人で割ればお得で美味しいスイーツと言えます。


「ソルビン」では、雪氷の他にも、代表メニューの一つであるきな粉餅トースト(인절미토스트)や、スムージー・レモネード・コーヒーの各種ドリンクも販売されているので、みなさんも韓国にお越しの際は是非「ソルビン」で人気急上昇中の韓国スイーツを試してみて下さい!


イチゴたっぷり雪氷


食べ進めると、カットいちごといちごシロップが!!

※「ソルビン」内のWI-FIについて
「ソルビン」店内ではWI-FIが繋がり、早い速度で利用できましたが、カフェのように長時間寛げるような広さや雰囲気ではないので、長時間WI-FIを利用したい方は、近くにあるカフェをおススメします。