ad1

2015/12/08

高麗大学校語学堂のオリエンテーション&レベル分けテストに参加した!

こんばんは、韓国のお笑い番組を見ながらブログを書いているタケオです!
今日は高麗大学校語学堂のオリエンテーションに参加し、その後のレベル分けテストを受けてきましたので、その様子をお伝えします。
今後高麗大学校語学堂への留学を考えている方に参考になればと思います。


◎オリエンテーション


高麗大学校語学堂のオリエンテーションは、安岩キャンパス(안암캠퍼스・アナムキャンパス)の中にある仁村紀念館(인촌기년관)にて、午前10時から行われました。
韓国語・中国語・日本語・英語の順で説明があります。
館内では圧倒的に中国人らしき人が多かったです!
所要時間は約40分でした。


仁村紀念館にて、オリエンテーションが行われました。


オリエンテーションは、開会式(개회식)・来賓紹介(내빈소개)・祝辞(축사)・オリエンテーション(오리엔테이션)・閉会式(폐회식)の順で行われました。
「来賓紹介」とか「祝辞」がいかにも東アジア圏で行われる「式」らしいですね(苦笑)


オリエンテーション参加者全員にバッグ等が配られます。
このバッグの形はいかにも大学のバッグという感じ(笑)


オリエンテーション前の仁村紀念館内の様子。


韓国語・中国語・日本語・英語の順で行われる説明

◎レベル分けテスト


オリエンテーションの後にレベル分けテストを受けました。
テストの内容は、自己紹介書を必ず韓国語で記述することと、語学堂の先生の内の一人との面接です。
韓国語が全くの初めて、という方は、自己紹介書は何も書かずに、高麗大学生のボランティアの人との相談という形になるかと思います。(すみません、詳しいことは語学堂担当者にお尋ね下さい。)
オリエンテーションが終わってから30分程で自己紹介書を書き上げ、面接会場へ向かいます。
面接は、自己紹介書で書いた内容を中心に問われる形で、5~10分程度で終了します。
僕はそれなりにレベル高く自己紹介書を書き、かつ先生と話したと思いましたが、面接の中で先生は「今のあなたのレベルは4級から始めた方が良いと思う」と仰いました。


オリエンテーションが終わってから30分程で書き上げた自己紹介書


正式の結果発表では、面接で言及された通り、4級からのスタートとなりました。
今のところは長くても2学期分の予定だったので、欲を言えば5級から始めたかったところなのですが。。
教科書を見たところ、語彙に関しては、大体は問題ないものの、(特にことわざと熟語で)見ればわかるけど、自分からは直ぐに思い出せない表現がいくつかある感じです。
あと、記述の練習では、「あるアンケート調査からどのようなことが言えるか」といった、韓国の大学での勉強に繋がるようなものがあって、確かに韓国語ではやったことはないですが、ベルリンの語学学校ではドイツ語でやってきたことなので、それを韓国語に置き換えられるかどうか、が問題になるかと思います。
まずは明日から本格的に4級の授業を受けてみて、ですね。